コーエーテクモゲームスより2016年2月25日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『金色のコルダ4』。ここでは、如月響也を演じる福山潤さんへのインタビューの模様をお届けする。

●アフレコを終えて「マラソンを走り終えた気持」

 コーエーテクモゲームスより2016年2月25日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『金色のコルダ4』。同作は、2010年に発売された『金色のコルダ3』の“その後”の物語を描くシリーズ最新作だ。舞台は夏から秋冬に移り、この季節ならではの文化祭、クリスマス、大晦日などのイベントが展開し、新たな恋模様を楽しむことができる内容となっている。

 ここでは、『金色のコルダ4』の出演者たちによる、本作への想いや、ご自身の片想いのエピソードなどをお届けする。ここでは、如月響也役の福山潤さんにお話を伺った。

――アフレコを終えてのご感想をお願いします。
福山 マラソンを走り終えた気持ですね。おそらく全キャラクターの中でいちばんセリフが多かったと思うのですが、急がず焦らずやりつつ、いままでの経験も活かしたうえでの響也にできたと思っています。

――いいペース配分でできたのですね?
福山 そうですね。最初から最後までいいペースでいきましたね。

――前作に比べてたいへんだった点はありますか?
福山 前作というと、『金色のコルダ Featuring 天音学園』になるかと思うのですが、『金色のコルダ Featuring 天音学園』では、『金色のコルダ3』の始めのころに比べると、物語の設定上の時間も実際に経過していて、響也もキャラクター的に成長して……ということで、僕も自分の中での“響也”というものの幅が広がって、演じていてすごく楽しかったんです。本作では、さらに響也の人間性もできてきて、ちゃんと地に足に地のついた感じで成長した部分とかも演じる機会があったのですが、いままで響也を演じてきた延長線上の経験が活きたなという感じはしています。

――本作では、新要素として、季節が“夏”から“秋冬”へと進んだり、という新要素が加わりました。その中で、ご自身が演じられている響也に新たな発見などは見られましたか?
福山 (前作での舞台設定は)夏だったので、響也の半袖のシャツに水色の頭髪というのは、たいへん季節感がありましたね。おそらく水色の頭髪は、これからのコートバージョンの印象でだいぶ変わるのかなとは思います。もちろん学校内の制服はいままでどおりの部分も多少はあったりすると思うのですが。それこそクラシックのコンサートだと冬のほうがしっくりくるものがあったりするので、そのへんの季節感というものはむしろ、夏のときよりもしっくりくるなあという印象があります。もちろん、『金色のコルダ1』、『2』でも冬というのはあったので、そういったところのなじみがある季節なんだなというのを感じます。
 キャラクターで言うならば、冬ということもあってか、主人公たちとコミュニケーションを取る上での距離感の部分がよりスムーズに近づいていける。寒いからこそ近づいていけるような部分がシナリオ上にもふんだんにあって、そういったところが夏との大きな違いかと思いますね。

――“彼からの片想い”、“主人公からの片想い”などの“片想い”システムに関してはいかがですか?
福山 主人公から片想いされているぶんにはたいへん気分がよいのですが、主人公がほかのキャラクターを向いていて、こっちが主人公に向いている状態は、若干物悲しいものがありますね、演じていると。ほかのキャラクターといちゃいちゃしているのを見てしまったときとか……。仮に天宮とかだとまだ救いがあるのですが、響也がやっていると、「おまえどうしようもなくなったな」という感じがしてしまうので(笑)。そこのところが、いいシステムでもあり、残酷なシステムでもありますね。

――本作では新キャラクターとして先生も増えまして、絡むシームもあるのですが、第一印象はいかがでしたか?
福山 そうですねえ。先生というと、トータル的にきびしい方が多かったりした中で、すごく響也のコンプレックスを刺激する先生が来たなと。できて、かっこよくて、という部分も含めて。彼(響也)は自分のいろいろなところにコンプレックスを抱えているので、そういった意味では教えてくれるだけではなくて、半ばもしかして、恋のライバルになるのかも……みたいなところが、ゲームとして進めていくといい感じのエッセンスになっていくのではないかなと感じました。

――実際にその先生がいたら、仲よくなれそうですか?
福山 そうですね……仲よくはなれないでしょうね(笑)。かっこいい先生とは仲よくなりづらいですよね。おもしろい先生とは仲よくなれるかもしれないですが。

――“片想い”システムにひっかけまして、福山さんご自身の片想いのついてのエピソードをお聞かせください。
福山 本当に、涙なくしては語れません(笑)。たいだい片想いの段階で、フラれることはほぼ確定なんですよね。こっぴどくフラれたことが何度もあります。学生のころなんか。女性といい感じになるのは、何となくタイミングのあったときですから。逆に初めから自分が好意を持っていて、恋が実ったというのはないですね。長いスパンでずっと片想いをしていて、実ったことはないですね。4回くらい告白して、4回ともフラれるというのはありましたけど。

――チャレンジャーですね。
福山 隙あらばですから(笑)。

――本作は、いままで『金色コルダ』シリーズを遊んだことがない方でも楽しめるということを伺っています。本作で初めて『金色コルダ』シリーズをプレイしてみたいと考えている方へ、とくに見てほしいポイントなどがありましたら教えてください。
福山 『金色のコルダ』は、いわゆる“乙女ゲー”の先駆者である“ネオ・ロマンス”の中でも、ひときわ異彩を放つシリーズだと思っています。『金色のコルダ4』は最新作なので、たくさん登場するキャラクターがみんなだんだん成熟してきて、いろいろな角度でキャラクターが立っています。『3』である程度ストーリーが行き切った部分はあるので、「『3』を遊ばないとわからないのかな?」と心配される方もいるかと思うのですが、そういったところは気にしなくてもプレイできるような出発になっています。

――『4』からでも入りやすいんですね。
福山 題材はクラシック音楽なのですが、彼らが戦うと、半ば超能力バトルみたいになったりするんです(笑)。「それがありかもしれないな」というキャラクターの濃いやつらがいっぱいいるので……。ふつうクラシックをやっている人に、顔に十字の傷があって、詰め襟の学ランを肩から羽織っているやつはいないと思うんです。あとは、冥加玲士という男がいるのですが、じつは設定としては、ベンチプレスで100kgを挙げられるくらいのパワーを持っています。そういったところも加味して見ていただくと、相当おもしろく感じると思います。

――クラシックというと、少し固く感じる方もいるかもしれないのですが、そんな雰囲気もなく、敷居も低く?
福山 そうですね。キャラモノとしてプレイしていただいても遜色がないような部分もあって、それでも音楽性がしっかりしているんです。入り口は広く、実際に入ってみるとドラマもしっかりとしていて……という、敷居は高くない設定になっています。

――トータルで見て、みんな魅力的なキャラクターになっていると?
福山 そうですね。あと、ツッコミどころもいっぱいあるので、そこもわざと作っていらっしゃるんです。

――本作の季節が秋冬へと変わったということで、もし響也と出かけるとしたらどちらに行きたいですか?
福山 やつ、自転車が好きだというので、自転車でサイクリングに行きたいです。それこそ、横浜とか、鎌倉のほうに行ってみたいですね。いまの時期は、ペダルを漕いてアツくなっても外は涼しいので、ちょうどいいでしょうから。

――福山さんもサイクリングがお好きで?
福山 そうなんです。最近乗れてないのですが、自転車は大好きです。

――ちなみにどんな話をサイクリング中は交わす感じですか?
福山 だいたい愚痴でしょうね(笑)。やつもいろいろと溜まっているでしょうから、愚痴に付き合いながらお互いの愚痴を言い合うということになりそうです。

――福山さんは愚痴を聞くタイプですか?
福山 だいたいいろいろな人の愚痴は聞きますね。僕も愚痴は言うほうだと思うのですが、最近は愚痴は言わないですね。愚痴がなくなってきましたね。

――それだけ充実してきた?
福山 というよりは、「なんであんなことにこだわっていたのかな?」という。たぶん年齢なんですかね(笑)。

――そんなことないような……。
福山 そういう感じです(笑)。自分の環境に愚痴はないですよね。そういうもんだろうと。ダメだったら自分が変わっていってがんばればいいだけの話だしなあと。それを含めた上で、人の愚痴とかは聞いた上で、自分の意見を言ったりします。そういうことで考えると、響也とはうまくいくかもしれません。

――最後に、ファンの方々へ向けて、一言メッセージをお願いします。
福山 『3』が発売されて、そのあとに『Featuring』シリーズもでて、けっこういいペースでリリースが続いてきたのですが、ナンバリングとして『4』という形で、シリーズがさらに大きく広がりました。いろいろな時間と作品によってキャラクターも、それぞれがそれぞれでいい深みを増して、たいへんバランスのいいストーリーとバランスの構成になっていると思います。夏でおなじみの彼らが冬場に来るとどんな雰囲気になるのかも含めて、見どころはたくさんあります。従来からのファンの方も、これから入ってみようかなと思っていらっしゃる方もお楽しみいただけると思いますので、よろしくお願いします。

■『金色のコルダ4』キャストインタビュー
宮野真守さんに聞く、天宮静が持つ魅力の変化とは?
増田ゆきさん演じる七海宗介は前作とは一転して“そっけない”態度に!?
森田成一さんに聞く、片想いをする火積司郎の印象とは?
水橋かおりさん水嶋悠人に対する新たな発見は「ハルは少し大人になったかな……」
石川英郎さんに聞く、土岐蓬生の変化とは?
伊藤健太郎さんに聞く、八木沢雪広が持つ魅力の変化
日野聡さんに聞く、新たな関係が築かれる冥加玲士に注目してほしい
如月律役の小西克幸さんに聞く 「律はどういう風に恋愛していくのかな?」と悩んだ