●強者に聞け!

 こんにちは。格闘ゲーム大好き編集者の豊泉三兄弟(次男)です。先日『ウルトラストリートファイターIV』の企業対抗戦に参加してからというもの、また格闘ゲーム熱が再燃しています。今回は、蔵土縁 紗夢が参戦するなど、ゲームセンターでいまもっとも盛り上がっている格闘ゲームのひとつ、『GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-』の記事をお届けします。今回はライターのH.Hが、“守りの匠”FABさんを取材してきました!

【過去記事】
※格闘ゲーム通信Vol.1
※格闘ゲーム通信Vol.2
※格闘ゲーム通信Vol.3
※格闘ゲーム通信Vol.4
※格闘ゲーム通信Vol.5
※格闘ゲーム通信Vol.6
※格闘ゲーム通信Vol.7


●『GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-』とは?

 『GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-』(以下、『GGXrdR』)はアークシステムワークス開発の2D対戦型格闘ゲーム。2D格闘ながらグラフィックには3Dが用いられており、バトル面はあらゆる行動のスキを無くす事ができる“ロマンキャンセル”を用いた自由度の高いゲーム性が人気を博している。『GGXrd』シリーズの2作目となる『GGXrdR』はジャック・オーとジョニーの参戦とバトルシステムの一部改変が施され、2015年8月25日にアーケードにて稼動開始。そして、2015年9月24日より、待望の蔵土縁 紗夢が参戦。また、オフィシャルサイトではプレイアブル化キャラ選抜総選挙全国大会が発表され、いまもっとも注目されている格闘ゲームのひとつ。

FAB(えふえーびー)

FAB
メインキャラ: ポチョムキン
ホームゲーセン:高田馬場ゲーセンミカド
ゲーセンへ通う頻度:週6日
得意キャラ:ソル、カイ
苦手キャラ:シン、ミリア
注目プレイヤー: かりんちゅ、シャロン、まちゃぼー
『GGXrd』のコツ:防御システムを理解すること

 『ギルティ』界の重鎮FAB。古くからのポチョムキン使いであり、相手の攻めを耐えてから反撃を叩き込むバトルスタイルが得意な“守りの匠”。最近は彼のファンクラブ“押田撲滅委員会”の活動が盛んになり、本人はやや扱いに困っている。
 ホームゲーセンは高田馬場ミカドであり、同店で火曜、木曜、土曜に開催されている定期大会には欠かさず通う。普段から高いプレイ頻度が目立つが、大型大会前であっても自分の中で動きができている場合は、休む時は休むスタイルでやり込んでいる。『GGXrdR』では新キャラを扱う、かりんちゅさん(ジョニー)とシャロンさん(ジャック・オー)に加え、まちゃぼーさんに注目。まちゃぼーさんに関してはどのキャラをメインに選ぶかが気になる点であり、彼が対戦シーンに存在する事でよりギルティ界の盛り上がりが期待できると考えている。

■主な大会戦績
闘劇10 GGXXAC部門 準優勝
GGXXAC 世界最強決定戦 2日目 3on3 3位
公式全国大会 ARC REVOLUTION CUP GGXXACPR部門 ベスト4
公式全国大会 ARC REVOLUTION CUP 2014 GGXrd部門 ベスト8
FFM Rumble #8(ドイツ) GGXrd部門 優勝
GODSGARDEN#10 GGXrd部門 5位

FABさんが得意とする相手は、地上戦を展開しやすいソルとカイ。この組み合わせでは、リーチの長い立ちHSでプレッシャーを与えて相手のジャンプを誘い、迎撃する戦法が有効。地上戦をメインにすることでポチョムキンのコンボチャンスが増えるため、勝ちにつながりやすいとのこと。
FABさんが苦手とするのはシンとミリア。ポチョムキンよりリーチの長い攻撃を持つシンや、機動力とガードを揺さぶる攻撃に長けたミリアに対しては、我慢していてもチャンスが訪れない。そのため、相手の行動を何とか咎めていく必要がせまられる部分に苦労しているようだ。

●FABさんインタビュー

――新キャラの参戦やシステムの改変が施された『GGXrdR』ですが、プレイしてみての感想はいかがでしょうか?

FABさん(以下、FAB) ブリッツシールドと横派生のダストアタックがガラっと変わり、バトルの演出面が全体的に強化されていて新作感が強いですね。キャラクター性能は基本的に前バージョンと変わらないのでキャラを動かす点で違和感はないのですが、ミカドには新キャラのジャック・オーやジョニーを使うプレイヤーが多く、その中で新システムを戦法に組み込むと新バージョンをプレイしている感が強くておもしろいです。最近は公式全国大会“あーくれぼ”や“闘神激突”などのイベントラッシュの影響で対戦人口が増え、さらに『GGXrdR』では段位が上がりやすくなったこともあって、ゲームセンターでの対戦がかなり盛り上がっていますよ。

――新システムの目玉となっているブリッツシールドですが、対戦への影響はどうでしょうか?

FAB ブリッツシールドは最大タメ版のヒット時のリターンがものすごく高く、タメ状態では全身当身になるのでガチ勢の間でも使用頻度が増えています(※)。これはユーザー調査なのですが、どうやら30フレーム以上タメを継続すると全身当身になるようです。いまはまだどのプレイヤーも“タメブリッツ”に慣れていないので、“ブリッツを見てから攻撃する”という従来の対策行動をとってしまい、タメ状態へ攻撃して弾かれてしまう場面が多く見られます。ですから、ブリッツシールドを使用する側も、とりあえずタメてみていることが多いという段階ですね。ブリッツは空振りのスキが“カウンターやられ”判定となるためリスクが大きく、いまいち使われていなかったのですが、タメブリッツによって読み合いが大きく変わってきていますよ。

※ブリッツシールドの性能については後述の動画を参照

――実用的に狙える例としてはどういったポイントが挙げられますか?

FAB 基本的には、ソルのバンディットブリンガーやベッドマンのデジャヴ(タスクC)など、大振りな技に対して見てから狙っていきます。ほかには自分がダウンから起き上がる際に重ねられるジャンプ攻撃など、特定のタイミングでの対空目的で利用価値がありますね。

――今後狙っていきたい場面はどのようなところでしょうか?

FAB 『GGXrdR』では飛び道具を黄色ロマキャンしてからのダッシュ攻撃に対して、タメブリッツの有効性が考えられます。いままでは攻める側の飛び道具が相手に当たる直前にリーチのある攻撃を出していれば、ブリッツに弾かれる心配がなかったのですが、タメブリッツは当身時間を延長できるのでもっと相手を見なければいけない必要が出てきています。従来のタイミングで攻撃を出してしまうと弾かれてしまいますからね。加えて、自分はやっているのですが、ラムレザルのジャンプP連打を空中ガードした時など、直前ガードから割り込みでブリッツシールドを使用する戦法も今後は増えていくと思います。

――ありがとうございました。ところで、現在オフィシャルで予定されているプレイアブル化キャラ選抜総選挙は誰に投票する予定ですか?

FAB かなり悩んだのですが、いまのところはブリジットかレイヴンに票を入れようと思っています。過去作でブリジットをメインにしていた“もっちー”や“るぅ”は、現在ブリジットが居ないながら『GGXrd』をプレイしていてとても強く、もしブリジットに戻ったらどうなるのか楽しみですからね。レイヴンは、昔から作中で名前が出ていて気になっていたんです。今回はストーリーに絡んでいて、フォルムがトリッキーぽいと思ったので格ゲーキャラとして動くのを見てみたい気持ちがあります。もし当選したらサブとして使ってみたいですね。

――セガ・インタラクティブが主催する全国大会“APM D-1 FIGHTING FESTIVAL”が発表されました。今回も参戦しますか?

FAB もちろん決勝大会出場を目指しますよ! “GGシリーズ全国大会出場最多選手”として、今回も逃せません(笑)。予選から決勝大会まで期間が短く、スケジュール次第ではいろいろな人にチャンスが出るような気がしているので多くの人の活躍に期待しています。

――最後に読者へのメッセージをお願いします!

FAB ここ最近の『ギルティギア』はイベントが多く、アーケードでは新作が稼動して流れが来ています。新作は家庭用で練習できる範囲の変化であり、対戦が起きやすい段位システムになっているのでいまが新しく入りやすいタイミングだと思います。総選挙もあることですし、興味を持った人はぜひプレイしてみてほしいですね。自分自身については、インターネット配信やイベント参加で表に出ることが多く、『ギルティギア』の盛り上げに貢献する機会に恵まれたのがうれしかったです。今後はもちろんプレイヤーとしてのやり込みがメインですが、チャンスがあればまた表に出ていこうと思っているので応援していただけるとうれしいです!

動画:H.H

■FABさんの考える『GGXrdR』キャラランク

S+ ザトー ミリア
S エルフェルト ファウスト アクセル ソル
A カイ チップ シン ジョニー
B ジャック・オー レオ イノ メイ ベッドマン
C ヴェノム スレイヤー ラムレザル
D ポチョムキン

 Sランク以上のキャラは足りない部分がなく強いが、その中でもザトーとミリアは頭ひとつ抜けていると評価。ソル以外はタメブリッツにあまり困らない点も『GGXrdR』での強みだとしている。Aランクは強いものの、防御力、起き攻め、機動力など、何か一手が足りないキャラ群。ジャック・オーは設置系キャラにしては本体性能が悪くない点が強み。設置のスキに何とかしたいキャラに戦えるが、本体と設置物を同時に叩けるか、本体にまとわり付くタイプのキャラは苦手なようでBランクに配置。ポチョムキンは唯一のDランク。体力の多さと相手を画面端に追いつめた際の火力は恵まれているが、中央でのコンボが弱いため、全体としての火力はほかのキャラのほうが高い場合が多い。機動力を補えるほどの要素もなく、キャラ性能的に見ると劣っているとしている。なお、全体的に見ると対戦バランスは壊滅的ではなく、何とかなる範囲でキャラの強弱はついている、とのことだ。