『スターオーシャン5』石川界人さん、遠藤綾さん、小倉唯さん、中村悠一さんにインタビュー! 見どころは、選択次第でフィデルの性格が変わるところ?

『スターオーシャン5 Integrity and Faithlessness』に出演している、声優の石川界人さん、遠藤綾さん、小倉唯さん、中村悠一さんにインタビュー。各キャラクターを演じた感想や、印象に残っているシーンなどについてうかがった。

●ステージイベント直後のキャストの皆さんにお話を聞きました

 スクウェア・エニックスとトライエースがタッグを組んで贈るプレイステーション4/プレイステーション3用RPG『スターオーシャン5 Integrity and Faithlessness(インテグリティ アンド フェイスレスネス)』(2016年2月25日発売予定。以下、『SO5』)。東京ゲームショウ2015で行われた本作のステージイベントに出演した、声優の石川界人さん、遠藤綾さん、小倉唯さん、中村悠一さんにインタビュー! 各キャラクターを演じた感想や、印象に残っているシーンなどについてうかがった。
[関連記事]『スターオーシャン5』豪華声優5人が出演したステージで、新キャラ・ヴィクトル(声:中村悠一さん)とフィオーレ(声:遠藤綾さん)の情報が公開!
[関連記事]『スターオーシャン5』バトルシステムの一部が判明!


KO5_5861.JPG

左から
ヴィクトル役:中村悠一さん
フィオーレ役:遠藤 綾さん
リリア役:小倉 唯さん
フィデル役:石川界人さん

a.JPG b.JPG
c.JPG d.JPG

――『スターオーシャン5 Integrity and Faithlessness』(以下、『SO5』)のキャストとしてイベントに出演されるのは初めてだったかと思いますが、まずはイベントを終えた、いまのお気持ちを教えてください。

石川 長い時間をかけて録ってきたものだったので、こうして皆さんの前でお披露目することができとてもうれしいです!! そして、僕は実機プレイも体験させていただけて、実際に動いているところを見られて感動しました。発売前だというのに、これだけたくさんの方が知ってくれているということを実感できたのも、本当にうれしかったですね。

遠藤 フィオーレはセリフの量も多かったですし、いろいろなキャラクターと関わるセリフが多かったので、どういう映像になるのかな? と楽しみに思っていました。今回、PVを見せていただいて、奥行きのある美しい映像だなと感動したので、早く皆さんにプレイしていただきたいなと思いました。

小倉 いろいろなブースがあったにも関わらず、本当に大勢の人が来てくださって。それだけ皆さんに愛されている作品なんだなと感じて、その作品に出演させていただけることがうれしかったです。ロングバージョンの映像の中で、自分たちのキャラクターが繊細に動いている姿を見て、私も「きれいな映像だなぁ~」と見惚れてしまったので、早く皆さんに遊んでいただきたいです。

中村 僕は、(『SO5』に)出演するということが発表されていない状態で、でもこのステージに登壇するということは発表されていて(笑)。「ステージで、どういう形でお話しできるだろう?」と思っていたんですが、無事に終えることができましたし、来てくださった皆さんが、作品のことを楽しみにしてくださっていることが伝わってきました。発売までの一発目のイベントとして、僕たちもいい刺激をいただけたステージになりました。

――皆さんは、『SO5』の収録は、すべて終えられたのですか?

中村 たぶん終わったと思います。

石川 そのつもりです!

――では、キャラクターの第一印象と、収録をすべて終えたいま、「ああ、このキャラクター、こんなところが印象深かったな」と思うところを教えていただけますか?

石川 フィデルは、髪の色やキャラクターのイメージカラーを見たときは、「けっこう冷徹な感じなのかな?」と思ったのですが、台本を読んでみたら、ぜんぜんそんなことはなくて。人当たりもいいですし、リリアに話しかけるときは、ちゃんと子どもに接するようにやさしく話しかけたりと、本当に“いい人オーラ”が出ているような人なんです。演じ始めた時点で、第一印象から、ガラッと印象が変わりました。物語が進むにつれて、いろいろなことが起こる中で、フィデルは“大人になる”というよりは、“視野が広がっていく”という感覚で変化していくキャラクターなのかな、と。ゲームの主人公としては、年齢や精神年齢が高めのキャラクターなんですよね。なので、先ほど言った通り、“視野が広がる”という変化をつけられたらいいな、と思いながら演じさせていただきました。

遠藤 フィオーレを最初に見たときは、まだイラストがラフの状態だったので、子どもなのかと思ったんです。ちょっと不思議な子なのかな、と。それから台本を見てみたら、「あ、大人なんだ」と。フィデルに対してはお姉さん的な立ち位置で接するキャラクターですが、言葉づかいはお姉さんお姉さんしていないというか、思っていたよりもガサツというか……適当?(笑) すごく厳しいというわけでもなくて。年齢のことは気にしているみたいなんですが(笑)、演じてみて、おもしろいキャラクターでした。

小倉 リリアは最初に見たときから、このビジュアルで決まっていて、髪が銀色で、目にもちょっと色が入っていて、「すごく純粋な少女なんだろうな」と思いました。どこまで言っていいのかわからないのですが、リリアは過去にいろいろありまして……最初はみんなとなかなか距離が掴めなくて、言葉を発したりもできないんですけど、物語が進んでいくと、だんだん距離が近づいていって。年齢が低いのがリリアだけなので、みんながやさしくしてくれるんですよ(笑)。私もそれがすごくうれしくて。お姉ちゃんお兄ちゃんがいっぱいいて、リリアも心を開いていって、最後には、最初のリリアからは想像もできないような、ちょっと遊んでいるようなことを言ったりするんです。「ああ、リリアがこんなことをみんなに言えるようになったんだ」と、私自身、演じていてうれしくなりましたね。

中村 ヴィクトルは、主人公のお父さんを師匠としているキャラクターです。主人公が進んでいく手助けをする役割で、パーティーの中では大人寄りなので、みんなより冷静でなければならないんですけど、アツいところもあって。楽しく演じられた役でしたね。ただ、説明のセリフがちょっと多かったのと、パーティーメンバーにブルネリという人がいて、“ブルネリ殿”って言うのが難しくてですね。僕の技術不足で、演じるのが難しい面もあったんですけど(笑)、その点以外は、本当に楽しく演じられたなと思っています。

――ヴィクトルは、人を呼ぶときは“殿”をつけるキャラクターなんですね?

中村 年下にはまったく言わないんです。

遠藤 えっ、じゃあフィオーレは年上……?

中村 そうなんじゃないですか?(笑)

同席していた小林プロデューサー フィオーレはヴィクトルにとって、隣国の人なんです。ヴィクトルはフィオーレを貴賓として扱っているので、“殿”をつけているんですよね。年上ではないです(笑)。

――画面写真から想像するに、ヴィクトルとフィオーレは比較的早めに仲間になるんじゃないかと思うのですが、ヴィクトルやフィオーレが加入した後のパーティーの雰囲気は、どのような感じになるのでしょうか。

中村 ヴィクトルは(他人との関係が)わかりやすいですよ。フィデルに関しては、彼のお父さんから自分が得たものを、今度は自分がフィデルに渡さなきゃ、受けた恩を返すんだ、っていう気持ちがあったり。ブルネリ殿とは……ボケとツッコミみたいなやり取りが多かったですね(笑)。ほかのキャラクターは子どもなので、振り回されてました、ヴィクトルが。それはおもしろかったですね。苦労人だ、と言われているシナリオがあった気がします(笑)。

――(笑)。フィオーレは逆に、ほかの人を振り回したり?

遠藤 そうですね。フィデルには、ちょっと茶々を入れたり。

石川 翻弄されることが多かったですね、フィオーレには。

遠藤 そういうことを言い合える仲のよさがあると思いますよ。ミキとリリアに対しては、フィオーレがお姉さんなので、世話好きっぽい感じで接していましたね。

――リリアは、打ち解けてきてからは、子どもらしくみんなと接するのでしょうか。

小倉 そうですね、先ほど言った通り、最初はなかなか心が開けないんですけど、最後のほうは、子どもらしい一面を出せています。みんなにかわいがっていただけて、かわいかったです。ある人のことを「おじさん」って呼んだり……。言われた方はショックを受けてましたけど(笑)。

――フィデルはそんな個性豊かなキャラクターたちに、導かれたり、振り回されているわけですね。

石川 基本的に、イベント中、主人公はあまりしゃべらないですからね(笑)。プレイヤーの分身として受動的なので。『SO』のいいところって、それぞれのキャラクターと、個別のイベントがあるところだと思うんですが、イベントの途中で出てくる選択肢で、主人公の方向性をプレイヤーの皆さんが見い出せるようになっています。いい人になるのか、最低なヤツになるのか、無口な人になるのかは、皆さんの手に委ねたいと思います。でも、このパーティーの中の雰囲気は、とてもいいと思いますよ。これだけ個性の強い人が多いのに、固まっていられるんですから。

遠藤 そういえば、フィデルに「どういうタイプが好きなの?」って聞いた記憶があります。

石川 僕もそのイベントがすごく印象に残っているんですが、まだ詳しくは言えないですね(笑)。

中村 そのやり取りの中で、めっちゃ憤慨してたよ、ヴィクトル。

――えっ、憤慨?

中村 フィデルが「無視する」っていう選択肢があるんですよ。ほかの選択肢を選んだ場合、ヴィクトルは「なるほど」と言ったり、ちょっと皮肉な選択肢を選んでも、まじめに「なるほど、そういう考えなのか」って返したりするんだけど(笑)、無視だけは許せないみたいで。「お前はそういうやつだったのか!」と怒っちゃって、立ち去るっていうシチュエーションがありましたね。

石川 質問の回答も音声収録したんですけど、「ヒャッホーイ!」というテンションのものもあれば、「僕はこう思うよ!」と真摯に向き合うものもあり、「無視する」もありますから。主人公は性格が変わりやすいです! その回答に続くお芝居も、もちろん変わってくるので、楽しんでいただけるんじゃないかと思います。

――製品版で、いろいろなイベントを見られるのが楽しみです。それでは最後に、ゲームの発売を楽しみにしているファンに、ひと言お願いします。

中村 すごく久々にシリーズ新作が出るということで、発売を楽しみにしているトライエースさんのファンの方、シリーズファンの方は大勢いらっしゃると思います。まだ完成したものは見ていませんから、どんなものになるかは僕たちもわかっていませんが、きっと素敵なものになると感じています。皆さんが新しいPVを見ているとき、僕たちも同じ気持ちで見ていますので。「おーっ、こうなったんだ、へーっ!」って(笑)。発売まであと5ヵ月、少しずつ新しい情報が出ていくなかで、いっしょに楽しみに待ちたいですし、ゲームが発売されたら遊びたいと思います。よろしくお願いします。

小倉 収録は別々だったのですが、今回、イベントに出演して、キャストの皆さんとお話しできて、「このキャラクターたちで、こういうストーリーが進んでいくんだな」と実感できました。ファンの皆さんにも、発売がより楽しみだと感じていただけたと思います。リリアについては、皆さんが想像しているよりも、もっと驚いてもらえるような展開が待っているので、期待していてください。

遠藤 『SO』シリーズに参加することができて光栄ですし、キャラクターも本当に個性豊かで、PVを見て「動いたらどうなるのかな?」とさらに想像が膨らみました。このウチワの大きさに意気込みが感じられますし(※)! 2月25日発売ということで、私もいろいろな情報を心待ちにしたいと思います。
※TGS2015では、『SO5』を試遊した人に、ビッグサイズのウチワがプレゼントされた。

石川 東京ゲームショウ2015のイベントに出演させていただいて、実機プレイも体験させていただいて、グラフィックの精密さですとか、動きのカッコよさですとか、感動するところがたくさんありました。何より、僕らが声を吹き込んだキャラクターが動いていることがうれしかったですし、これを皆さんに遊んでいただけるんだと思うと楽しみです。2月25日発売ですので、発売までの待ち時間を、ワクワクしながら楽しんでいただければと思います。どうぞ『SO5』をよろしくお願いします!