『ソフィーのアトリエ』&『よるのないくに』コーナーに岸田メル氏、四々九氏、NOCO氏、ゆーげん氏の描き下ろし色紙が!【TGS2015】

TGS2015 コーエーテクモゲームスブースの『ソフィーのアトリエ』と『よるのないくに』のコーナーに飾られていた色紙を紹介。

●直筆のレアな色紙です

 2015年9月17日(木)から9月20日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催された東京ゲームショウ2015(17日・18日はビジネスデー)。コーエーテクモゲームスブースのPS4/PS3/PS Vita用ソフト『ソフィーのアトリエ ~不思議な本の錬金術士~』(2015年11月19日発売予定)とPS4/PS3/PS Vita用ソフト『よるのないくに』(2015年10月1日発売予定)のコーナーには、豪華イラストレーターの直筆色紙が飾られていた。

 会場に行きたかったけど行けなかった! というファンのために、色紙の画像をここに掲載しよう。色紙を提供していたのは、『ロロナのアトリエ』を始めとする“アーランド”シリーズのキャラクターデザインを担当した岸田メル氏、『よるのないくに』キャラクターデザイン担当の四々九氏、『ソフィーのアトリエ』キャラクターデザイン担当のNOCO氏とゆーげん氏。


DSC_0048.JPG

▲間近で見ると、色や線の濃淡が見えて、とても素敵だったのだが、写真ではお伝えできず申し訳ない。

DSC_0055.JPG DSC_0049.JPG

▲プレミアムボックスの特典も展示されていた。

 また、このコーナーでは『ソフィーのアトリエ』を始めからプレイすることができ、ソフィーとプラフタの出会いのシーンや、ソフィーとモニカの会話シーンを見ることができた。ただ、試遊時間は10分と決められているため、ボイスをじっくり聞いていたら、あっという間に終わってしまった……。

 もう少し先のシーンが見たい! と思い、もう一度プレイさせてもらった記者は、今度はボイスを飛ばして(製品版では聞くので許してください)ガンガン進む進む。オスカーの超美人なお母さんとの会話を経て、街の外にいたオスカーと合流し、バトルを体験するところまでは進めることができた。個人的には、オスカーの服の模様が、3Dモデルでもしっかりと再現されていることに感動(もちろんソフィーとモニカの3Dモデルもかわいかったです)。早く製品版でじっくり眺めたいなー、と思わされる試遊体験だった。