『三国志ツクール』のプリセット画像は数千枚!? 鈴木亮浩プロデューサーインタビュー【TGS2015】

2015年9月17日(木)から9月20日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2015(17日・18日はビジネスデー)。コーエーテクモゲームスブースにて、『三國志13』と『三国志ツクール』について鈴木亮浩氏にインタビュー。

●コーエーテクモゲームスブースは『三國志』コンテンツが目白押し

 2015年9月17日(木)から9月20日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2015(17日・18日はビジネスデー)。コーエーテクモゲームスブースにて、『三國志13』と『三国志ツクール』について鈴木亮浩氏にインタビューを行った。
※関連記事
『三国志ツクール』が電撃発表! 武将やマップ、戦利品を自由に編集できる【TGS2015


01.JPG

▲鈴木亮浩プロデューサー。

●『三国志ツクール』にコーエーテクモタイトルのグラフィックが入る?

──9月17日のステージイベントで、『三国志ツクール』が発表されましたね。改めて、『三国志ツクール』のコンセプトを教えていただけますか?

鈴木 その名の通り、歴史シミュレーションを自由に作れる、というのがコンセプトですね。

──ゲームは『三國志II』がベースになっていますが、『三國志II』を選んだ理由は?

鈴木 歴史シミュレーションゲームは、内部的には複雑なので、システムがシンプルなほうが作りやすいだろうと考えたからですね。ただ、初代の『三國志』は以降のシリーズとはゲーム性がちょっと違うので、であれば、いまのシステムの基礎を作った『三國志II』がふさわしいかなと。

──ステージイベントでは、実際に鈴木さんを武将として登場させていましたね。あのときの鈴木さんの能力は、趙雲のものと同じだそうですが、なぜ趙雲の能力にしたのですか?


02.jpg
03.jpg

鈴木 最初はパラメーターを考えたりもしたのですが、私の写真を使ったら、妙にリアルになってしまって。シブサワ・コウ(コーエーテクモゲームス代表取締役会長、襟川陽一氏のペンネーム。『三國志』シリーズの生みの親)に能力を考えてもらおうかとも思ったのですが、数値によってはショックを受けるじゃないですか(苦笑)。

──確かに(笑)。

鈴木 それで、趙雲の能力にしようということになったんです。

──今回は鈴木さんの画像を使われていましたが、ゲーム内に最初から入っている画像もあるのでしょうか?

鈴木 それも用意します。まだ考えているところですが、『三國志』シリーズの武将の顔は全部入れたいと思っています。数千枚レベルになるかもしれません。

──数千枚! それはすごい数ですね。

鈴木 初期の作品はドット絵なので、それをどうするか悩んでいるのですが、今年の8月に発売された『三國志2』でも昔の画像を入れているので、できればあんな形にしたいと思っています。

──ステージイベントでは、『デッド オア アライブ』シリーズや『アトリエ』シリーズのキャラクターの画像も使われていましたが、コーエーテクモゲームスのほかのタイトルの画像が入る可能性も?

鈴木 そうですね。そこももちろん検討中です。

──楽しみです。『三國志ツクール』はPC(Windows)用ソフトとのことですが、発売時期は?

鈴木 『三國志13』の発売よりも少し前かな、と思っています。続報をぜひお待ちください。


●『三國志13』諸葛亮人形へのこだわり

──本作は『三國志』シリーズ30週年記念作品ということで、かなり気合を入れられていると思います。その中で、鈴木さんがもっともこだわられている部分を教えてください。

鈴木 武将の個性をどうやって出すか、というところですね。今回、武将どうしの相関図を入れたのもその一貫で、それぞれの個性や人間関係が見た目でわかるようになったほうが、個性を感じやすいと思ったんです。また、戦闘や内政で、自分の配下が提案してくるという仕様もあります。提案の内容も、武将の個性が出ますよ。

──相関図や絆というところでご質問です。本作は全武将でのプレイが可能ということですが、自分が関羽で始めた場合、劉備や張飛以外と義兄弟になることはできるのでしょうか?

鈴木 はい、シナリオによってはできます。絆はシナリオ開始時点から結ばれている場合と、そうではなない場合がありますので。

──となると、プレイの自由度がかなり高そうですね。そういえば、『三國志13』の『GAMECITY限定セット』には、テレビ番組の『人形劇 三國志』で有名な、川本喜八郎氏モデルの諸葛亮人形(1/3サイズ)がついてきますが、その人形が、コーエーテクモゲームスブースに飾られていますね。出来栄えをご覧になって、いかがですか?


04.JPG

鈴木 とてもすばらしいですね! 私は『人形劇 三國志』が大好きでしたから、あれを見たら、森本レオさんの声が聞こえてくるようでした(編注:『人形劇 三國志』の諸葛亮の声を森本レオが担当した)。素材から、とてもこだわって作られていまして、このクオリティーの素材でなければいけないとか、しっかりとした基準があるんです。

──こだわりが詰まった、ファン垂涎の品と。コーエーテクモゲームスブースではそれ以外にも、『三國志』シリーズ歴代のビジュアルが飾ってあったり、諸葛亮になりきって写真が取れる場所があったりと、いろいろな展開をしていますね。


05.JPG 06.JPG

鈴木 シリーズ30週年ですから、内容を充実させました。ほかにも、『三國志II』をリレー形式で統一していく企画も実施していますので、『三國志』がお好きな方は、ぜひ立ち寄っていただけるとうれしいです。


07.JPG 08.JPG

▲『三國志II』リレー統一企画のスペースには、世界に1枚しかない同作のメインビジュアルが飾られている。