そんな攻略法あったの!? 驚くべきプレイも披露された『メタルギア ソリッド V ファントムペイン』ステージイベントリポート【TGS2015】

2015年9月17日~20日の4日間、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2015。9月17日にKONAMIブースで行われた『メタルギア ソリッド V ファントムペイン』ステージイベントの模様をお届けする。

●あの名物軍曹が帰ってきた!

 千葉・幕張メッセにて、2015年9月17日~20日の4日間、開催されている東京ゲームショウ2015。同イベント初日となる17日、KONAMIブースにて、『メタルギア ソリッド V ファントムペイン』(以下、『ファントムペイン』)のステージイベントが開催された。
 オープニングでは、司会・進行役を務める秋乃けいさんが登場。そして『メタルギア オンライン(以下、『MGO』)』のイベントなどでおなじみの千太郎軍曹が登壇した。過去、『MGO』のイベントを盛り上げた軍曹の登場に、会場からは暖かい拍手が送られた。


01.JPG 02.JPG

▲司会・進行役の秋乃けいさん。

▲『MGO』のイベントから約3年経ったにも関わらず、いまだに階級が軍曹のままと嘆く芸人の千太郎氏。

 『ファントムペイン』のステージでは、9月2日に発売されたばかりの『メタルギア』シリーズ最新作『ファントムペイン』の魅力に迫るべく、実際にプレイしながらの解説が行われた。


03.JPG

▲『ファントムペイン』は、“自由潜入”をコンセプトに開発されたタイトル。

04-1.JPG 04-2.JPG

▲それぞれ特徴の異なるバディや、豊富に用意されたアイテムを駆使し、さまざまなアプローチでミッションを攻略できるのが『ファントムペイン』の特徴。攻略法はひとつではないのだ。

 プレイを担当するのは、レッツ一等兵氏。氏が裏方でプレイをしながら、要所で千太郎軍曹による解説が入るという形でステージが進行。ここからは、写真をメインに、解説プレイの進行を追っていく。


04-3.JPG

▲プライベートでも『ファントムペイン』にドップリハマっているという千太郎軍曹が、テンポよくプレイを解説。

05.JPG

▲まずはSIDE OPS(小規模なミッション)の“戦車部隊を蹴散らせ 12”での解説プレイがスタート。

06.JPG

▲準備画面で装備を選択。持ち込む武器は、“マスターガンスミス”のスキルを持つスタッフを仲間にすれば、サプレッサーやアンダーバレルを取り付けるなどのカスタマイズが行えるようになる。

07.JPG

▲続いてミッションに同行させるバディを選択。画面は、スナイパーウルフの格好をしたクワイエット。

08.JPG

▲ヘリから降下したら、“FURICORN”という移動速度が上がる装備をしたD-Horseに騎乗してミッション開始位置へと移動。

09.JPG

▲ミッション開始位置へと移動した後は、バディをD-Dogに切り替え。このように、ミッション中はいつでもバディを切り替えられるようになっている。

10.JPG

▲上空に敵のヘリが徘徊しているので、これを大口径のスナイパーライフルで遠距離から狙撃。薬品の“ACCELERAMIN”を飲めばスローモーションになるリフレックス・モードが強制的に発動できるので、ヘリのように動き回る敵を狙撃するときに便利!

11.JPG

▲ミッション目標となる対象を遠くからマーキング。こうしておけば遮蔽物、距離に関係なく敵の姿が表示されるようになる。

12.JPG

▲D-Dogに指示を出せば、目の前にいる敵を無力化してくれる。D-Dogの装備を開発すれば、敵を一瞬で瀕死状態にできるようになるのだ。

13.JPG

▲対象者を排除する前に、近くにある監視所の敵をスタンアームで一掃。スタンアームの開発を進めれば、最大までチャージして電撃を放つと周囲50メートルにいる敵を一瞬で気絶させられるようになる。

14.JPG

▲通りかかった車は、車輛を拘束する地雷で一瞬にして無力化。

15.JPG

▲無力化した兵士をフルトン回収装置で回収しながら、バディをD-Dogからクワイエットへと切り替え。ちなみに複数のバディは同行させられないので、バディを切り替えた直後にそれまで同行していたバディがフルトンで基地へと戻っていく。

16.JPG

▲クワイエットに指示を出し、プレイヤーが投げたグレネードを弾かせて敵を無力化するプレイを披露。これは、クワイエットの親密度を上げることで可能となる。

17.JPG

▲支援ヘリにロケットアームを要請。バディと同様、ミッション中はいつでも武器や弾薬の補給を要請可能だ。補給したロケットアームは、発射後に手動で操作できる義手で、敵に当てれば気絶させられるというもの。

18.JPG

▲そしてバディをD-Walkerに切り替え、いよいよ敵戦車との戦闘に。

19.JPG

▲あらかじめ仕掛けておいたC4を爆発させ、敵戦車の注意がそちらにいったところで接近し、装甲の薄い後方からミサイルを撃ち込む。

20.JPG

▲続けざまにスカルズのブレードで敵戦車にダメージを与えていく。そして動きが鈍ったところでフルトン回収。

21.JPG

▲目的を達成し、ヘリを呼び出して空中司令室に帰還。

 バディや装備を巧みに切り替えながらミッションの目標を達成するという華麗なプレイが見られたが、千太郎軍曹は出撃したときの装備だけで戦ったり、ヘリに支援を要請して砲撃して敵を一掃することもできるとコメント。このようにいろいろなアプローチでミッションを攻略するのが『ファントムペイン』の魅力だと語った。
 続いて、SIDE OPSの“彷徨える傀儡 06”をプレイ。こちらはゾンビのように動く強力な敵兵を排除するという難関ミッションだ。


22.JPG

▲ミッション前のキャラクター選択画面で、開発スタッフによる千太郎軍曹を似せて作られたキャラクターが披露された。このように、アバターを細部までいじれるようになっている。

23.JPG

▲秋乃さんいわく「すごく似ているけど、実物よりもゲーム内のキャラクターのほうがカッコイイ」という厳しいツッコミも。

24.JPG

▲こちらは秋乃さんを再現したキャラクター。ちなみに女性兵士のアバターは、『MGO』でも使えるとのこと。

25.JPG 26.JPG

▲ゲーム中に登場するキャラクターの中には、モデルから作られているものも。写真はクワイエットのモデルとなった女優のステファニー・ヨーステン氏と、氏から作られた3Dモデル。比較してもどっちが本物かわからない!?

27.JPG

▲ミッション出撃前にはスネークの服装も紹介。ちなみに写真のように、全身をゴールドにするとゲーム中でなにかが起きるらしいが……!?

28.JPG

▲いよいよミッションスタート。最初はハンドガンで傀儡兵の排除を試みるものの、なかなか倒せず、敵に囲まれるというピンチな状況に。

29.JPG

▲スモークグレネードとデコイを使ってなんとか脱出。そして、アフガニスタンの音楽を外部スピーカーから流すと……。

30.JPG

▲なんと敵が睡眠状態に! アフガニスタン兵にアフガニスタン音楽を聞かせると、このように攻撃せずとも無力化できるという。

 事前にこの方法を聞いて、感銘を受けたという千太郎軍曹。効果は絶大だが、音楽を再生するごとにテープが擦り切れていき、しまいにはテープが切れてなくなるという。その場合は再度テープを入手できるようになるとのことだが、乱用するのは危険なので、ここぞというときに使いたいテクニックと千太郎軍曹が語った。

 ステージの最後には、FOBミッションについての解説が行われた。そして『MGO』実装となる10月6日に、FOBの大型アップデートが行われることが発表。現状、時間帯によっては接続が不安定になっているが、その問題もこのアップデートによって解消されるという。より快適にFOBミッションが遊べるようになること間違いないので、首を長くして10月6日を待ちたいところ!


31.JPG

▲大型アップデートでは、さまざまなイベントも用意しているという。詳細は後日、公式ホームページなどで告知予定とのこと。

32.JPG 33.JPG

▲さらに、ダウンロードコンテンツとして『MGS3』に登場したタキシードやスニーキングスーツ、ザ・ボスの衣装が配信されることが発表された。こちらも要注目!