艶やかな『FFXIV』のコスチュームが続々登場! キャプチャー画像じゃない超コスプレコンテストまとめ【ニコニコ超会議2015】

2015年4月25日、26日の2日間、千葉・幕張メッセで開催されたニコニコ超会議2015。『ファイナルファンタジーXIV』のステージでは、恒例となったコスプレコンテストが開催され、ファンの注目を集めた。

●コスプレイヤーの皆さんも『蒼天のイシュガルド』を意識

 2015年4月25日、26日の2日間、千葉・幕張メッセで開催されたニコニコ超会議2015。その『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)ステージで、コスプレコンテストが行われた。審査員は、メインシナリオライターの前廣和豊氏、サウンドディレクターの祖堅正慶氏、そしてローカライズ部 シニアトランスレーターのマイケル・クリストファー・コージ・フォックス氏の3人。

 ステージには14人の艶やかなコスプレイヤーたちがつぎつぎに登場し、繊細かつ複雑なデザインを再現した自作の『FFXIV』コスチュームの数々を披露。キャラクターになりきってアピールする姿に、惜しみない拍手が贈られた。それでは当日の模様をざっくりとふり返りってみよう。

エントリーNo.1 スプリガン【優秀賞】

まるでぬいぐるみのようにもっふもふ。スックと立ち上がってスタスタと歩く姿が予期せず露呈し、会場の笑いを誘った。「設定的には石の形が間違っているけど、技術的にもアイデア的にもすばらしい」(マイケル氏)と評され、優秀賞を受賞。

エントリーNo.2 占星術師【最優秀賞】

コスチュームはもちろん、小道具の出来がすばらしいため一目を置かれた。審査結果は見事に最優秀賞。「短期間で新ジョブの細かいディテールまでしっかり起こしてくれた。満場一致でした(前廣氏)」。ちなみにこの方は、2014年12月に開催された『FFXIV』ファンフェスティバルでも、吟遊詩人として参加していた方。

▲エントリーNo.3 双剣士
双剣士は双剣士でも、ギルドマスターのジャックだ。

▲エントリーNo.4 アシエン
審査員や観客へのアピールがバッチリ! ミンフィリア(エントリーNo.12)登場後に、彼女の背後で不敵な笑みを浮かべるなど、遊び心たっぷりだった。

▲エントリーNo.5 ガイウス
甲冑のクオリティの高いことと言ったら! 剣に吉田直樹プロデューサー兼ディレクターのサインがされているのがご愛嬌。

▲エントリーNo.6 ルガディン♀
ボンキュッボンのナイスバディ。ポーズを変えるたびに、審査員席から「うぇーい!」と声援が(笑)。

エントリーNo.7 デモンズ装備の黒魔道士【優秀賞】

闇の世界の戦利品、デモンズ・キャスターシリーズとリリスロッドを装備。密かに『蒼天のイシュガルド』で登場する新種族アウラであることもポイントが高い。「“ジャラ”の個数が多かったので」(祖堅氏)と評され、優秀賞を受賞。

▲この方は、2014年のニコニコ超会議ではスターダストロッドを持ってコスプレをしており、ゲームと同じく1年かけてリリスロッドに成長したとのこと。手に持ったボードには「成功率は1.4%です 失敗すると「古の武器・ネクサス」を失います 本当によろしいですか」と書かれていた。

▲エントリーNo.8 機工士
『蒼天のイシュガルド』でお目見えする新ジョブ、機工士も早々と登場。

▲重量感のある銃やタレット(写真では見切れていてスミマセン)も完全再現。

▲エントリーNo.9 ユウギリ
ドマからきた覆面の女性。やはりと言うかなんと言うか、素顔は明かさなかった。

▲エントリーNo.10 デモンズ装備の忍者
デモンズ・スカウトシリーズで身を固めたイケメンミコッテ。

▲エントリーNo.11 アルフィノ
胸元の飾りの色とヘアクセサリから、アルフィノと断定。

▲エントリーNo.13 ララフェル
歩きかたからポージングまで、ララフェルを意識していたぞ。

▲エントリーNo.12 ミンフィリア【優秀賞】
「ディテールがすばらしい」(前廣氏)との評価で、優秀賞を受賞した。

▲アピールタイムで、がっくりと膝をついて“あのシーン”を再現。すかさずノッていくアシエン(笑)。「メインストーリーで、キャラクターみんながいろいろあって、辛くなって応募しました」とのこと。

▲エントリーNo.14 バニーちゃん
みんな大好き、ゴールドソーサーのバニーちゃん。赤い網タイツがセクシー。

▲祖堅氏とマイケル氏は「脚しか見ない」などと言っていたが、はたして?

▲ちなみに、ステージ冒頭で祖堅氏に「もうこの人でいいじゃん」と言わしめた、前年度に参加していたためコンテスト不参加のミコッテさんがこちら。コスプレで来場すると最前列の優待エリアからステージを観られるのだ。

▲審査結果を待つあいだ、「暑いですか?」と聞いてまわる司会進行役の室内俊夫氏。スプリガンも「アチー!」とひと言。

▲階上から「暑いー!」と叫んだのは、機工士姿のミコッテで来場者を迎えていた吉田P。そう言えばこの方もコスプレだった……。

 最後はみんなで記念写真。

▲「本当に皆さんクオリティーが高いコスプレをしてくださって、そのなかでも優秀賞と最優秀賞の方はすばらしいコスプレをしてくださいました。今後ともコスプレを楽しんでいただければと思います」と前廣氏がコンテストを締めくくった。すべての『FFXIV』コスプレイヤーさんの努力と技術に、もう一度拍手を贈りたい。 

※2015年4月29日16時30分 “シルクスの塔”を“闇の世界”に修正しました。