『金色のコルダ3 AnotherSky feat.天音学園』キャストインタビュー 冥加玲士役の日野聡さんに聞く 記憶○○で冥加部長が修羅場? な展開

コーエーテクモゲームスより2014年9月25日発売予定のPSP用ソフト『金色のコルダ3 AnotherSky feat.天音学園』。今回は、本作に登場するキャラクター冥加玲士を演じる日野聡さんにインタビューを行なった。

●現代の武士、冥加玲士の意外な一面

 コーエーテクモゲームスより2014年9月25日発売予定のPSP用ソフト『金色のコルダ3 AnotherSky feat.天音学園』。本作は、PSP/プレイステーション2用ソフト『金色のコルダ3』と同じ年の夏を舞台に、「主人公がもしほかの学校に転入していたら」というifのストーリーを描く最新作。2014年1月23日発売の『金色のコルダ3 AnotherSky feat.神南』、2014年3月27日発売の『金色のコルダ3 AnotherSky feat.至誠館』につぐ、『金色のコルダ3 AnotherSky』シリーズ3作目となる。声優陣には『金色のコルダ3』と同様の豪華な顔ぶれが揃っている。

 今回は、そんな『金色のコルダ3 AnotherSky feat.天音学園』に登場する冥加玲士を演じる日野聡さんにインタビューを行なった。

――初めに、アフレコを終えての感想をお願いします。

日野聡さん(以下、日野) 今回は、主人公のかなでちゃんが天音学園にやって来るということで、いままでは描かれてこなかった、天音学園の生徒のふだんの生活などが見えてくる部分があって、とても楽しい収録でした。

――日野さんが演じられた冥加玲士の魅力を教えてください。

日野 冥加は、自分の本心を吐露できないところがあるので、一見すると怖いイメージが強いと思うんです。ただ、今回の収録をして、個人的に感じたのは、かなでちゃんみたいにマイペースにどんどん話しかけていくと、「やかましい」とは言いつつも、意外と丁寧に受け答えしてくれるんですよ。そういう風に接していくと、天然な部分なども垣間見えたりするので、じっくり付き合っていくことで、徐々に、冥加のよさが分かってくるのではないかと思います。噛めば噛むほど味が出るすスルメみたいなキャラなのかな(笑)。

――言葉遣いがかなり特徴的ですよね?

日野 そうですね(笑)。武士のような言葉をチョイスしたり、人を動物にたとえたり、と、やりたい放題といった感じです。また、動物にたとえるときのチョイスが、“駄犬”や“山猿”など、独特でおもしろいんですよ(笑)。ほかの出演者の方々からも、「冥加部長はインパクトが強すぎる」と言われることが多くて、自分でも「だよね」って納得しちゃうほど、濃いキャラクターをしていると思います。

――日野さんと冥加玲士の共通点はなにかありますか?

日野 ないです(笑)。かなり独特かつ、濃くて強力なキャラクターですから、似ている部分は思いつかないですね。ほかの出演者の方からも、似ていると言われたことはないです。

――そんな冥加玲士と友だちになれると思いますか?

日野 僕自身が、冥加の“こいつの実力を認めよう”というラインに達していたら、仲よくなれるかもしれません。冥加の評価が“駄犬”レベルだった場合、いくら僕のほうが積極的に絡もうとしても、「やかましい」や「帰れ」と、言われて相手にもしてくれなさそうです(笑)。ただ、冥加は音楽を探求していくという強い心を持っているので、たとえ彼が認めるレベルに達していなくても、なにか強い志を持っているなら、気に留めてくれるんじゃないかな、と思っています。

――過去に『金色のコルダ3』で冥加玲士を演じられたときと、今回演じたときで、キャラクターに新たな発見などみられましたか?

日野 前回のゲーム以上に、冥加のチョイスする言葉が武士になっているイメージが強いです(笑)。“さもしい”や“そも”とか、現代じゃ聞かない用語を、ぽんぽん発していくんですよ。あと、音楽だけではなく、コーヒーの銘柄や食事などの生活面でも、こだわりの強さが見えてくると思います。シナリオを進めていっていただくと、意外や意外、冥加の仲間思いなところや、かわいい一面などが出てくるので、ぜひ楽しみにしていただければな、と思います。

――本作は、主人公がもし別の学校に転入していたらというifストーリーですが、日野さんがもし引っ越せるとしたらどこへ引っ越したいですか?

日野 至誠館がおもしろそうですね。天音がかなりきびしいので、至誠館の部活ノリが楽しそうに見えてしまうんです(笑)。メンバーどうしの横のつながりが強そうで好きですね。

――もし、至誠館で部活に入るとしたら、どの部活に入ってみたいですか?

日野 ずっと剣道の道場に通っていたので、剣道部に入っていたかもしれません。もしくは、火積に会いたくて吹奏楽部に入っていたと思います。

――本作では、お弁当を作るランチドルチェというシステムがありますが、お弁当で好きなメニューはありますか?

日野 いま好きなのは、東京駅から新幹線で移動するときに食べる、利休の牛タン弁当です。かなりおいしいですね。学生のときは、定番ですがから揚げとかが好きでした。

――お弁当についての思い出などはありますか?

日野 小学生のときは給食でしたし、高校では購買でパンを買ったり学食でうどんを食べたりが多かったので、じつは学生時代にお弁当を食べる機会はそんなになかったんです。ただ、幼稚園のときにはよくお弁当を作ってもらっていて、ウルトラマンの絵柄がはいった弁当箱が、大のお気に入りでした。

――学生時代に好きな人が転校してしまったら、日野さんならどうしますか?

日野 小学校とか中学校のときなら、連絡先の交換もしていないと思うので、「あ~あ、転校しちゃった」で終わってしまうと思います。その後、しばらくはテンションが低い状態が続いちゃうでしょうね。

――逆に、転校してきた女の子を気になってしまった経験はありますか?

日野 男子連中はみんな気になっていましたよ。女の子が転校してくると、「かわいいのかな? かわいいのかな?」と、変に盛り上がっていました(笑)。それで、じっさいにかわいい子だったりすると、しばらくはクラスのアイドル的な感じでわいわいしていましたね。

――もし、冥加玲士を主人公としたifストーリーがあるとしたら、どの学校に入れて誰と絡ませてみたいですか?

日野 もう現代ではやりきった感があるので、いっそ現代ではなく武士の時代に行ったほうが冥加は活きると思うんですよね(笑)。吉田松陰のところに行って学ぶ姿を見てみたいです。その後、現代に戻ってきたら、ますます武士っぽい葉遣いがパワーアップしたりして、おもしろそう(笑)。

――今回の冥加玲士の恋愛面についてひと言で表すとどうなりますか?

日野 うーん、難しいですが、“剛柔一体”ですかね。外は、鋭い目つきだったり威圧的なオーラで堅いけれど、中は意外とかわいいところもあってデレも見せてくれる、という。この組み合わせによって、冥加の魅力が倍増していると思います。

――今作での印象に残っているシーンはどこですか?

日野 冥加は、コーヒーの銘柄にもこだわりを持っていて、コーヒーについて語るシーンがあるんですが、そのときの「コロンビアだ」というセリフは、収録していてクスっときてしまいました(笑)。

――最後に、ファンと読者の方にメッセージをお願いします。

日野 天音編ということで、いままで見えてこなかった天音学園のメンバーの日常生活の姿などが、描かれています。冥加は冥加で、記憶が……となったりと、かなりハードな展開が待っていて、彼のかわいらしいレアな一面も見えてくると思います。なかなか、濃いメンバーが揃っている学校ですが、遊んでいただけると天音のよさをより深く堪能してもらえると思いますので、ぜひ楽しみにしていてください。

[『金色のコルダ3 AnotherSky feat.天音学園』キャストインタビュー関連記事]
※七海宗介役の増田ゆきさんに聞く 彼の魅力は“きれいな泣き顔”
※氷渡貴史役の三浦祥朗さんに聞く 今回は“新しい氷渡と出会った”
※支倉仁亜(ニア)役の佐藤朱さんに聞く デートで発見♪新たなニアの一面
※天宮静役の宮野真守さんに聞く 天宮静が恋を知って広がる世界
※如月響也役の福山潤さんに聞く 響也はまさに塩ラーメンのような存在
※トーノ役の前野智昭さんに聞く キャラクターとの共通点は“○○好き”
※トーノ役の前野智昭さんに聞く キャラクターとの共通点は“○○好き”
※ソラ役のKENNさんに聞く 心を開いたソラはじつは素直な少年?



キャラクターデザイン/呉由姫
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.