2013年5月30日に発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『這いよれ! ニャル子さん 名状しがたいゲームのようなもの』。同作のキャストインタビューを連日更新。【第5弾】

●第5弾はルーヒー・ジストーン役の國府田マリ子さん

■國府田マリ子

 2013年5月30日に発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『這いよれ! ニャル子さん 名状しがたいゲームのようなもの』。同作のキャストインタビューをファミ通.comにて連日更新していく。今回はルーヒー・ジストーン役の國府田マリ子さん。

――『這いよれ! ニャル子さん』がゲームになると聞いたときの印象をお聞かせください。
國府田マリ子(以下、國府田) 万太先生はいつも「先生どれだけ知識があるんだろう」っていうくらい、ものすごい量のパロディーネタがあって、私たちにはぜんぜんわからないので、アニメーションのアフレコ現場で「これはこういう作品があって、この台詞があります」というもとネタ一覧みたいなものがあるんです。それを見て私たちが「そうなんだ!」「見てもわからない!」っていうのがあるんです(笑)。ゲームではどうなるのかなぁってわくわくしました。私、余市さんと真尋さんの声がたまらなく好きで、ゲームだと何回も聞けるなって思ってうれしかったです。あと付録でキャラクターの着声とか入っていたらいいなぁとか思って、勝手にいろいろ夢が広がりました。

――ゲームの収録を終えた感想をお願いします。
國府田 楽しかったです。でも、(ゲーム収録はひとりずつだったから)ホントにみんな仲よしなので、「寂しいなぁ、会いたいなぁ」って言いながら収録していました(笑)。ふだんもひとりで収録すると「みんな何してるのかなぁ」とか思いながらしょんぼりしています(笑)。なので、早くみんなの台詞が入ってるゲームをプレイしたいです。

――ゲームのストーリーはアニメ1期の内容がベースになっていますが、改めて1期を振り返ってみた感想はいかがでしたか?
國府田 不思議なくらいよく覚えてました。昨日のように覚えていて、ゲームの収録はときには画面がないので、アニメを想像しながら演じました。

――ご自身が演じたキャラクターで好きなシーンがあれば、教えてください。
國府田 たこ焼きについてものすごく真剣なところが大好きです(笑)。あと、ルーヒーは家族が出てきていなくて、みんなにものすごく精神的に支えられているキャラクターなので、今回のゲームではアニメーションよりもほかのキャラクターたちに寄り添って生きることができてうれしかったです。「ルーヒー、寂しくなくてよかったね」って。

――ルーヒーと言えばたこ焼きですよね。
國府田 はい! アフレコのたびにたこ焼きが食べたくなっちゃうんです。果たしてゲームでは、真尋はルーヒーのたこ焼きを食べてくれるのでしょうか……!?

――最後に、ファンの皆様へのメッセージをお願いします。
國府田 『這いよれ! ニャル子さん』を本当に大切にしていただいてありがとうございます。作品の不思議なところだったり、キャラクターたちがやさしいところだったり、めちゃめちゃゴーイングマイウェイなところだったり、そんな魅力がゲームでも楽しめると思いますので、ぜひプレイしてみてください。そしてアニメの『ニャル子さんW』もよろしくね!

■這いよれ! ニャル子さん 名状しがたいゲームのようなもの
機種:プレイステーション Vita
発売日:2013年5月30日発売予定
価格:【通常版】6090円[税込]/【限定版】8190円[税込]

■キャストサイン色紙セットを抽選で1名様にプレゼント!

 今回、インタビューに答えていただいたキャスト陣のサイン色紙をセットにして、抽選で1名様にプレゼント! サイン色紙セットが欲しいという人は、下記応募フォームに必要事項を記入して、送信ボタンをクリックしてください。締切は、2013年6月5日(水)23:59まで。当選の発表は、商品の発送をもって代えさせていただきます。商品の発送は、6月中旬を予定しています。

※プレゼントへの応募はこちらから