[海外ゲームニュース]『ニード・フォー・スピード ライバルズ』が発表。日本語ページもオープン

エレクトロニック・アーツは、海外で『ニード・フォー・スピード ライバルズ』を発表した。

●Frostbite3エンジンを採用したレースゲームシリーズ最新作!

 エレクトロニック・アーツが、海外でレースゲームシリーズ最新作『ニード・フォー・スピード ライバルズ』を発表した。

 シリーズ公式サイトには日本語ページもオープンしている。興味深いのが、「シングルプレイとマルチプレイの境界をなくす新機能」とされている“All-Drive”。いわく、フレンドがプレイしているところにロビーや待ち時間なしにシームレスに加わることができるという。
 ゲームエンジンには『バトルフィールド4』のFrostbite3エンジンを採用。次世代ゲーム機にも対応したハイエンドグラフィックで熱いレーサー対警察のカーチェイスが楽しめそうだ。

 プラットフォームは、プレイステーション3、Xbox 360、PCのほか、Xbox Oneとプレイステーション4にも対応予定。また公式サイトによると予約特典は“アルティメット警察パック”で、Nissan GT-R Black Editionや、おそらくカスタマイズ用の“レベル2の警察ガジェットテクノロジー”、“限定警察用カラー”などが収録予定とされている。