クロスレビュー

平均

8.3
主人公の牧村弘樹となり、ヒロインの早瀬愛美などとともに、忌火起草という野草にまつわる奇妙な事件を追っていこう。選択肢によってストーリーが変化するぞ。
発売日
2007年10月25日
価格
7600円 [税抜]
対応機種
PS3 他の機種を見る
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
セガ
詳細を見る

忌火起草(PS3)のレビュー・評価・感想情報

戦闘員まるこ
ファミ通公式 PS3
8

音声とテキストが絶妙なタイミング。テキストを読みつつ、何気ない会話や重要なセリフを聞いていく感覚が新鮮。聞き逃しても、バックログで確認できる工夫もあり、フォローも万全。『弟切草』を思い起こすようなところもあり、思わずニヤリとすることもある。ボリュームも十分あって○。

週刊ファミ通985号より

レオナ海老原
ファミ通公式 PS3
9

セリフを聞きながら状況の描写を読み進めるのはこれまでにない感覚で、サウンドノベルの表現の可能性を感じさせる。フローチャート機能は現時点でのルート上にしか戻れないので、全クリアーの歯ごたえはかなりあって◎。1プレイの時間も短く、何度もプレイしやすいのがいいですね。

週刊ファミ通985号より

河田スガシ
ファミ通公式 PS3
8

描写を文章で、セリフを音声でという二元中継が新鮮。ビジュアルや演出も見事。すべての面が高いレベルでまとまっている点は評価。問題は、怖さの表現。フラグ立ての条件がきびしく何度もプレイし直す内容だけに、シナリオが楽しめるかどうかが、モチベーションを保つ分かれ目だ。

週刊ファミ通985号より

サンフランシス小山
ファミ通公式 PS3
8

文章による情景や心理の描写と、音声による会話のシンクロ演出は見事。停滞気味だったジャンルを再び進化させた。プレイを重ねるごとにゲーム性が高くなるチャートシステムも秀逸。映像も限りなく美しい。ただ、画質や演出の向上が想像力を削ぐきらいと、シナリオの好みはあるかも。

週刊ファミ通985号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.3
主人公の牧村弘樹となり、ヒロインの早瀬愛美などとともに、忌火起草という野草にまつわる奇妙な事件を追っていこう。選択肢によってストーリーが変化するぞ。
発売日
2007年10月25日
価格
7600円 [税抜]
対応機種
PS3 他の機種を見る
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
セガ
詳細を見る
  1. 1
    ネコ型配膳ロボ“ベラボット”の公式ファンブックが4/15発売。付録のペーパークラフトであのロボを再現。サイズは割と大きい
  2. 2
    【今週発売のおすすめタイトル】『ビックリマン』スマホ向けRPGが4/19リリース。『デイヴ・ザ・ダイバー』PS4/PS5版や『UFOロボ グレンダイザー』なども登場【4/15~4/21】
  3. 3
    ゲームボーイライトが発売された日。GB最後のモノクロ画面モデルはバックライト付き。電池が長持ちするのがうれしかった【今日は何の日?】
  4. 4
    加隈亜衣、阿座上洋平が出演の短編ADV『つばめの世代』制作クラウドファンディングが5月1日より開始。アンドロイドの少女と人間による笑いと感動の物語
  5. 5
    『ソフィーのアトリエ』着替えを見られて涙目で怒るソフィーのフィギュアが登場。エビテン限定特典は描き下ろしイラスト使用のアクリルコースタースタンド