クロスレビュー

平均

8.8
紙のようにペラペラなマリオが、ピーチ姫やクッパたちと異次元の世界を大冒険。2D空間と3D空間を行き来しながら、ステージの仕掛けを解いていくのだ。
発売日
2007年04月19日
価格
5523円 [税抜]
対応機種
Wii
ジャンル
アクションアドベンチャー
メーカー
任天堂
詳細を見る

スーパーペーパーマリオ(Wii)のレビュー・評価・感想情報

カミカゼ長田
ファミ通公式 Wii
9

基本は『スーパーマリオ』のようなタイプのゲームだが、任意に3D画面に切り替えられる。この2Dと3Dマップを切り替えて進んでいくのが目からウロコ的におもしろい。これを考えた人は天才! 画面にWiiリモコンを向けて隠し扉などを発見する要素もアクセントが効いていて○。

週刊ファミ通958号より

吉池マリア
ファミ通公式 Wii
9

世界観が個性的でいい感じです。2Dと3Dのマップを、自由に切り替えて仕掛けを解く手法もお見事。ほかのシステムと相俟って、自分でいろんなものを発見した喜びを随所で感じることができます。1ステージの長さや難度など、ゲーム全体のバランスがよく、じっくり長くプレイできる。

週刊ファミ通958号より

山本ペンキ
ファミ通公式 Wii
9

2Dと3Dを切り替えて、アクションを進めるというシステムが、かなり秀逸。さらにWiiリモコンの特性も使いつつ、キャラごとのアクションを駆使して仕掛けをクリアーしていく……これが楽しい! 町の人なども何気に個性的で、ゲームの世界観をより引き立たせていますよ。

週刊ファミ通958号より

河田スガシ
ファミ通公式 Wii
8

2Dと3Dを組み合わせたパズル要素、適度な難度のアクション、楽しげな世界観など、全体の構成とバランスがすばらしい。目新しさはあまりないけど、『マリオ』という高級食材にWiiというスパイスを加えて調理。技術力ではなく、培ってきたアイデアと工夫が現れている内容だ。

週刊ファミ通958号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.8
紙のようにペラペラなマリオが、ピーチ姫やクッパたちと異次元の世界を大冒険。2D空間と3D空間を行き来しながら、ステージの仕掛けを解いていくのだ。
発売日
2007年04月19日
価格
5523円 [税抜]
対応機種
Wii
ジャンル
アクションアドベンチャー
メーカー
任天堂
詳細を見る

スーパーペーパーマリオに関連

すべて見る
  1. 1
    『ゼノブレイド DE』が発売された日。Wiiを代表するRPGが“決定版”としてSwitchで復活。より磨きのかかった絶景フィールドやキャラモデリングに感嘆の声【今日は何の日?】
  2. 2
    『スカーレットネクサス』制作秘話。スタッフから言われた「カッコ悪い」で大きく作品を見つめ直す。コンセプト共有と焦点を絞る重要さ【CEDEC+KYUSHU 2022】
  3. 3
    新型PS5比較まとめ。値段やサイズ、重さ、入出力端子の違い、ディスクドライブの取り外し方などを前モデルの写真と合わせてお届け