クロスレビュー

平均

6.8

ユーザー

スコア

;">
-
さまざまなモジュールを組み合わせてカスタマイズした巨大ロボットでレースに挑み、誰よりも速くゴールを目指す。展開や分離、回転などのギミックを盛り込むことが可能。
発売日
2021年12月02日
価格
1800円 [税抜]
対応機種
PS4
ジャンル
レーシングアクション
メーカー
Playism
詳細を見る

Break ArtsII(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
7

ロボットに乗り、ライバルと攻撃しあいながらレースを行うのが独特でありつつ、前進や攻撃が半自動的に行われ、簡単操作で遊べるのが○。カスタマイズで自分だけのマシンを作れるのが醍醐味で、パーツを付けられる場所など、自由度の高さはなかなか。性能度外視で見た目にこだわって作るのも楽しい。レース中のライバルの姿がアイコンで表示されるのは、わかりにくさと味気なさを感じてしまう。

週刊ファミ通1722号より

戸塚伎一
ファミ通公式 PS4
6

ジョイントパーツを基点にロボ(スリム系素体)の造形をデコる楽しさは、使用パーツが限られた序盤でも十分に味わえます。それ以外の要素……各パーツの集合体としてのマシン性能や、レース中に起こっていること全般が把握しにくく、“なぜか勝利(大敗)”を延々とくり返すことに。オーバーライド(一定時間リミッター解除)状態の疾走感が秀逸なだけに、通常操作時のままならなさが余計に印象に残ります。

週刊ファミ通1722号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
7

作った機体の動きをレースでテストできる、ロボットのカスタマイズツールととらえるとしっくりきます。どうイジっても見た目よく仕上がる、自分だけのメカデザインに熱中。イチから作れる自由度の高さと、改造オーケーのプリセットモデルが用意された敷居の低さ、両方あってありがたい。レースは敵機が記号的に表現されるため実感が湧きにくいですが、光と色の洪水の中を猛スピードで疾走するのは刺激的。

週刊ファミ通1722号より

卵を守る雨宮
ファミ通公式 PS4
7

ロボットでレースメインというスタイルが新鮮。サイバー的なコース、スピード感溢れるレース、ナレーションと、雰囲気抜群。ライバルを攻撃でジャマするスタイルも、ロボットだからこその熱さがある。自機のカスタマイズは、性能とともに自分だけの見た目をトコトン追求できるエディット寄りな作りがすてき。だからこそ、いっしょに走るライバル機の視認性がより高ければ、対戦もさらに盛り上がれたかな。

週刊ファミ通1722号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

6.8

ユーザー

スコア

;">
-
さまざまなモジュールを組み合わせてカスタマイズした巨大ロボットでレースに挑み、誰よりも速くゴールを目指す。展開や分離、回転などのギミックを盛り込むことが可能。
発売日
2021年12月02日
価格
1800円 [税抜]
対応機種
PS4
ジャンル
レーシングアクション
メーカー
Playism
詳細を見る

Break ArtsIIに関連

すべて見る
  1. 1
    『ゴールデンカムイ』杉元・白石が350ml缶に、鶴見・土方・尾形が500ml缶にデザインされたサッポロ クラシック“ゴールデンカムイ缶”が7月20日に発売
  2. 2
    アニメ『スパイファミリー』の印象的な4つのシーンを立体化したプチラマシリーズが登場。ロイド・アーニャ・ヨル・ダミアンがラインアップ
  3. 3
    『ハンター×ハンター』冨樫義博氏がTwitterを開設。 “冨樫先生”、“連載再開”、“あと4話”などがトレンド入り
  4. 4
    【フッ】『スパイファミリー』アーニャの可動フィギュアが登場。余裕の笑みや驚き顔など劇中さながらの顔芸も楽しめる!
  5. 5
    【ドラクエの日 記念特別企画】「DQ」シリーズの思い出を振り返る超私的コラム:『ドラゴンクエストIII』&『IV』編
特設・企画