クロスレビュー

平均

9.0
おすそわけプレイ、ローカル通信、オンラインプレイに対応した『スーパーマリオ 3Dワールド』のほか、クッパJr.と協力してクッパを倒す新モード『フューリーワールド』を収録。
発売日
2021年02月12日
価格
5980円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
アクション
メーカー
任天堂
詳細を見る

スーパーマリオ 3Dワールド+フューリーワールド(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 Switch
10

『3Dワールド』はオンラインプレイ対応になったのはうれしい進化。協力・競争・じゃまし合いなど、幅の広いマルチプレイを手軽に楽しめるのが魅力。また『フューリーワールド』は、オープンワールドを探索する楽しさが詰め込まれており、一定時間ごとに出現するフューリークッパによって、ビジュアルをはじめ、アクション性や一部のギミックが変化するなど遊びの質がガラリと切り換わるのがおもしろい。

週刊ファミ通1679号より

ウワーマン
ファミ通公式 Switch
9

懐かしの名作にボリューム満点の新モードが追加されていて、すさまじいお得感。みんなでワイワイ、ひとりでじっくり、お好きなように遊べるのが何とも贅沢です。『フューリーワールド』の区切りのない広大な世界での冒険はワクワクしっぱなし。巨大クッパの登場で世界が一変する様子も見応えがありますね。『3Dワールド』がオンラインに対応するなど、新しい要素が追加されている点もありがたい。

週刊ファミ通1679号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
9

『3Dワールド』は、協力しつつ競争もしつつな、にぎやかなマルチプレイが楽しく、オンラインプレイにも対応したのはうれしいね。『フューリーワールド』は、島々を自由に探索するのはワクワクする体験。巨大なクッパが現れる緊張感や、マリオも巨大化して戦うメリハリのある構成もグッド。クッパJr.がじつに頼もしく、ふたりプレイであちこちを探したり、考えを出し合って冒険するのもおもしろい。

週刊ファミ通1679号より

梅園ウララ
ファミ通公式 Switch
8

『3Dワールド』は言わずもがな、追加された『フューリーワールド』も充実の内容。島々はネコ尽くしで和む一方、定期的に現れる巨大クッパがいいスパイスに。クッパを利用するギミックがあるのも脱帽です。対決も怪獣映画のようで痛快。相棒のクッパJr.は、AIの設定を高めると超優秀になって驚き。協力プレイではマリオとは異なる操作感が味わえるし、戦闘や探索で活躍できるのが楽しいですね。

週刊ファミ通1679号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

モグモグ
Switch 2022-06-02 11:05:30投稿
5

良かった点
3Dワールドはギミックが豊富で色々なステージが楽しめるのは良い

悪かった点
3Dワールドは追加ステージがなくグリーンスターを集めないと進めなくなるのは面倒で、
フューリーワールドは箱庭でひたすらシャインを集める内容で、
ステージらしいものがあまりないのはつまらないと感じた。
また、時間で巨大なクッパが毎回襲ってくるのは邪魔だと思った。

総評
フューリーワールドより3Dワールドのステージを追加して欲しかったと思った。

クロスレビュー

平均

9.0
おすそわけプレイ、ローカル通信、オンラインプレイに対応した『スーパーマリオ 3Dワールド』のほか、クッパJr.と協力してクッパを倒す新モード『フューリーワールド』を収録。
発売日
2021年02月12日
価格
5980円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
アクション
メーカー
任天堂
詳細を見る

スーパーマリオ 3Dワールド+フューリーワールドに関連

すべて見る

スーパーマリオ 3Dワールド+フューリーワールドに関連

すべて見る
  1. 1
    ホラー好きライターがオススメするホラーゲーム5選。夏の暑さは恐怖感で乗り越えよう!
  2. 2
    新型PS5比較まとめ。値段やサイズ、重さ、入出力端子の違い、ディスクドライブの取り外し方などを前モデルの写真と合わせてお届け
  3. 3
    【NIKKE】人気投票1位はモダニア! 2位は紅蓮、3位はアリス、4位はラプンツェル、5位はアニスという結果に【ニケ】
  4. 4
    【ポケモンSV】ふしぎなおくりもの一覧。配布シリアルコード、あいことばまとめ【スカーレット・バイオレット】
  5. 5
    【モンハン新作】『モンスターハンターワイルズ』が2025年に発売決定。PS5、Xbox Series X|S、PCで展開【The Game Awards 2023】