クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
パズルゲームの『ぷよぷよ™』と『テトリス®』を一度に楽しめるシリーズの最新作は、一発逆転が可能な“スキルバトル”ルールを収録。最大4人でのオンラインバトルが可能。
詳細を見る

ぷよぷよテトリス2(PS5)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS5
9

新ルールの“スキルバトル”はHPとMPの概念があり、キャラのレベルを上げることができたりなど、RPG的な雰囲気。いい意味で“落ちゲー”らしからぬプレイ感覚に。相手のHPやMPを確認しながら、どのタイミングでどのスキルを発動させるかが重要で、まさにRPGバトルのような駆け引きが楽しめる。シリーズ同様、チュートリアルは親切で、各種UIも使いやすい。ストレスなく遊べる心地よい手触り感はさすが。

週刊ファミ通1670号より

ウワーマン
ファミ通公式 PS5
8

ふたつの人気パズルを融合させる発想も、ゲームとして成り立たせた手腕もすごい。何よりごった煮のお祭り感がいいですよね。リーグ戦のルールが増え、同一ゲームどうしで強さを競えるのはやはり燃えます。HPとMPのあるスキルバトルは少々戸惑いましたが、スキルを使いこなせると楽しい。ストーリーと連動する育成要素がややもどかしくもあるものの、やり甲斐はアリ。各種ランキングも○。

週刊ファミ通1670号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS5
9

新ルールの“スキルバトル”は、各キャラのスキルや、HPやMPの概念があるのが新鮮。プレイスタイルに合わせるほか、スキルのシナジーを考えてチームを編成するなど、戦略にプレイヤーの個性を出せる仕組みがおもしろい。アドベンチャーモードでの育成や収集要素もやり甲斐に。インターネットモードに『ぷよぷよ』や『テトリス』に限定したリーグが追加されたのもナイスで、楽しみになりそう。

週刊ファミ通1670号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS5
8

衝撃だった前作から大きな変化はあまり感じられないけれど、パズルの2大作品がコラボしたお祭り感と安心感がありますね。新ルールで使えるスキルは、形勢を一気に逆転できる切り札的な存在。使いどころを意識しつつ、連鎖やテトリスを狙って積み上げるのはこれまで以上に判断力と集中力が試されます。チームの組み合わせを試したり、アイテムカードで強化したりとやり込み要素があるのもいい。

週刊ファミ通1670号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
パズルゲームの『ぷよぷよ™』と『テトリス®』を一度に楽しめるシリーズの最新作は、一発逆転が可能な“スキルバトル”ルールを収録。最大4人でのオンラインバトルが可能。
詳細を見る

ぷよぷよテトリス2に関連

すべて見る

ぷよぷよテトリス2に関連

すべて見る
  1. 1
    映画『スーパーマリオ』日本語版の声優は? マリオは宮野真守、クッパは三宅健太。吹替版のトレーラーも公開
  2. 2
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  3. 3
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  4. 4
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  5. 5
    映画『スーパーマリオ』第2弾トレーラー公開でドンキーコングの登場が決定。ピーチ姫やマリオカート、たぬきマリオの姿も
特設・企画