クロスレビュー

平均

8.0
退魔士であり剣術の使い手である主人公の斬月、エクソシストのドミニクなど、固有の能力を持つキャラクターを使い分け、悪魔の城に挑む、2D横スクロールアクション。
発売日
2020年07月10日
価格
1345円 [税抜]
ジャンル
アクション
メーカー
インティ・クリエイツ
詳細を見る

Bloodstained: Curse of the Moon2(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 Switch
8

パッと見はレトロスタイルのアクションだが、ギミックや戦略性など、プレイ感覚はいま風で遊びやすい。特性の異なる仲間を集めることで戦術が増えていき、その幅の広がりが戦況を有利に運んだり行動範囲を拡大したりと、アクションの心地よさややり込み甲斐につながっている。ルート分岐や隠し部屋など、ステージを探索する醍醐味も◎。細部まで描き込まれたドット絵も美しく、見た目にも楽しい。

週刊ファミ通1651号より

ウワーマン
ファミ通公式 Switch
8

8ビット風としての再現度はすばらしく、美しいビジュアル。7人もの仲間が出てきますが、それぞれ個性的で、チェンジする意味がちゃんとあっておもしろい。切り換え時に時間が止まるのも親切ですね。ふたりでの共闘も可能で、相棒の上に乗れば、移動を任せて攻撃に専念したり、通常だと行けない高所にも上れたりと、遊びの幅が広がるのがよかった。周回要素が用意されているのもうれしいです。

週刊ファミ通1651号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

能力の異なる仲間を切り換えられるシステム以外にも、全体的な雰囲気などが『悪魔城伝説』に似ていて、同作が好きな人は心弾むはず。8bitテイストのグラフィックや音楽もいい味わい。新キャラは、前作のキャラとは違った特徴を持っていて、使い分けを考えながらステージを進むのが楽しい。さらに、協力プレイが可能になったのがナイスで、キャラを組み合わせることでできる攻略法があるところも○。

週刊ファミ通1651号より

梅園ウララ
ファミ通公式 Switch
8

キャラの特徴や役割がはっきりしていて、切り換えながらのプレイがおもしろい。ステージ構成が凝っており、一見行けそうにない場所にどうたどり着くか、試すのも楽しい。グラフィックやフォントなどがレトロに徹している一方で、チェックポイントが適度な間隔で置かれていたり、協力プレイでは片方に操作を任せることもできたりとフォローもある。2周目以降は物語やステージ内容が異なるのもいい。

週刊ファミ通1651号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0
退魔士であり剣術の使い手である主人公の斬月、エクソシストのドミニクなど、固有の能力を持つキャラクターを使い分け、悪魔の城に挑む、2D横スクロールアクション。
発売日
2020年07月10日
価格
1345円 [税抜]
ジャンル
アクション
メーカー
インティ・クリエイツ
詳細を見る

Bloodstained: Curse of the Moon2に関連

すべて見る

Bloodstained: Curse of the Moon2に関連

すべて見る
  1. 1
    ネコ型配膳ロボ“ベラボット”の公式ファンブックが4/15発売。付録のペーパークラフトであのロボを再現。サイズは割と大きい
  2. 2
    【今週発売のおすすめタイトル】『ビックリマン』スマホ向けRPGが4/19リリース。『デイヴ・ザ・ダイバー』PS4/PS5版や『UFOロボ グレンダイザー』なども登場【4/15~4/21】
  3. 3
    ゲームボーイライトが発売された日。GB最後のモノクロ画面モデルはバックライト付き。電池が長持ちするのがうれしかった【今日は何の日?】
  4. 4
    加隈亜衣、阿座上洋平が出演の短編ADV『つばめの世代』制作クラウドファンディングが5月1日より開始。アンドロイドの少女と人間による笑いと感動の物語
  5. 5
    『ソフィーのアトリエ』着替えを見られて涙目で怒るソフィーのフィギュアが登場。エビテン限定特典は描き下ろしイラスト使用のアクリルコースタースタンド