クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
個性的な能力を持つ6人の冒険者が、装備品でデッキを構築し、自動生成のタンジョンに挑む。ターンごとに出目が異なるサイコロを利用して、モンスターを倒していく。
発売日
2020年12月16日
価格
1381円 [税抜]
ジャンル
RPG
メーカー
Terry Cavanagh (Distractionware)
詳細を見る

Dicey Dungeons(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
9

テーブルトークRPGとカードゲームを組み合わせたようなバトルがおもしろい。サイコロの出目などによるランダム性はありつつも、戦闘でできる行動を決める“装備”のセットは自分で選ぶので、運要素ばかりではない戦略性や駆け引きを味わえるのがグッド。キャラごとのスキルによってルール自体が変わるかのごとく、プレイの趣が変わったり、ひとつの工ピソードがほどよい短さで気軽に遊べるのも〇。

週刊ファミ通1676号より

戸塚伎一
ファミ通公式 Switch
8

獲得スキルと、行動のリソースとなるダイスの目のランダム性をいかに制御し連戦を勝ち抜くかにアツくなれます。選択キャラごとに基本戦術がガラリと異なるのが新鮮です。引き運次第では序盤でも簡単にジリ貧状態になる攻略の幅の狭さ、エピソード(ステージ)の難度がプレイヤー側の行動の制約ありきで調整されている点を挑み甲斐と感じるか単にストレスと感じるかでハマり具合が変わるでしよう。

週刊ファミ通1676号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
8

遊びかたがパッと見で飲み込めるのに加え、覚えることが少ないため、初回からいきなり本来の楽しさを満喫できちゃう。サイコロの出目が装備の作用に影響を与えるなど、運だけでなく戦術性をもたらしているのはナイスアイデア。予想以上のボリュームでお買い得なうえ、主人公も敵もキャラごとに特性が異なるので、新鮮味も持続します。カードゲームライクな作りだけれど、中毒性はそこまでない感触。

週刊ファミ通1676号より

卵を守る雨宮
ファミ通公式 Switch
7

“カードバトル×サイコロ”の組み合わせが、まさに掛け算のように、デッキを作りながら挑むバトルに多彩な戦術をもたらす。操作キャラごとの異なる能力で、戦いかたが変化するのもいいね。ステージはわかりやすい反面、敵や演出含めて派手さはなくシンプルな作り。各ステージに設定されたルールが制限系中心なため、カジュアルな見た目でありながら、“運”だけでは勝てない確かな手応えがあります。

週刊ファミ通1676号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
個性的な能力を持つ6人の冒険者が、装備品でデッキを構築し、自動生成のタンジョンに挑む。ターンごとに出目が異なるサイコロを利用して、モンスターを倒していく。
発売日
2020年12月16日
価格
1381円 [税抜]
ジャンル
RPG
メーカー
Terry Cavanagh (Distractionware)
詳細を見る

Dicey Dungeonsに関連

すべて見る
  1. 1
    『ウマ娘』ついに登場のオルフェーヴルを池添謙一騎手が語る。「(三冠では)能力を引き出せれば負ける相手はいないと思っていた」
  2. 2
    『FF7 リバース』を77時間遊んだプレイレビュー。そこで感じた7つのポイントを動画とともにお届け。デートイベントでは思わず身を乗り出す展開も
  3. 3
    『ヘブバン』初となる茅森月歌のユニゾンスタイル実装、スキル演出に月歌と和泉ユキのふたりが登場。2/22生放送まとめ【ヘブンバーンズレッド】
  4. 4
    『真・女神転生V Vengeance』アトラスの開発者に最速インタビュー。前作のシナリオはそのままに、“もうひとつの可能性”を形にした追加メインシナリオの意図などを訊いた【先出し週刊ファミ通】
  5. 5
    【ソフト&ハード週間販売数】『マリオvs.ドンキーコング』が首位を獲得! Switch『英雄伝説 黎の軌跡』、PS5『スカル アンド ボーンズ』もトップ10入り【2/12~2/18】