クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
プレイヤーはイタズラ好きなガチョウ。村人に忍び寄ったり、鳴き声を上げるといったさまざまなイタズラを仕掛けて、“To Do”に書かれたミッションをクリアーしよう。
詳細を見る

Untitled Goose Game 〜いたずらガチョウがやって来た!〜(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

とにかくガチョウが愛くるしく、イタズラする姿も憎めない。落ち着いた色合いの、イラスト調のグラフィックもステキ。たわいのないイタズラをするのが目的だが、のどかな空気感が心地よく、不思議と楽しい気持ちに。ガァガァと鳴くためのボタンがあり、つい意味もなく押してはガチョウになりきって遊びたくなる。もっとボリュームがあれば……という欲も出てくるけど、幸せな時間が過ごせます。

週刊ファミ通1623号より

戸塚伎一
ファミ通公式 PS4
7

“何を考えているかわからないガチョウ”のフリをし、粛々とミッションを遂行していく、という大前提がすでにおもしろくて、意味もなく人間を威嚇しまくりたくなります(笑)。各ミッションは、操作のスピード感重視だったり、ときにはお題に対する発想の転換や飛躍が要求されたりと、思いのほか本格的。攻略においては、物理演算が引き起こす、ちょっと怪しげな挙動をも楽しめる心の余裕が必要です。

週刊ファミ通1623号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
9

楽しげな世界とその住民を観察しつつ、いたずらによって介入する、ユニークな体験を満喫。パズルのなかには意地悪なものもありますが、プレイヤー側はからかう立場ゆえ、試されている感じを受けずに気分よく遊べます。クリアーに必要なくても、ただ人を困らせるのが楽しく、さらに思いがけず隠し要素を発見することも。リアルさを損ねずにうまくデフォルメされたガチョウのフォルムがラブリー。

週刊ファミ通1623号より

卵を守る雨宮
ファミ通公式 PS4
9

ガチョウの動きや鳴き声、それに翻弄される人々のコミカルなリアクションがとにかくかわいくて、イタズラするのがやめられない、止まらない。“イタズラ=謎解き”の構造と、住民のガチョウへの対応を含めたやさしい世界観が、解けたときの独特の気持ちよさを醸し出している。謎解きも、パズル的なヒラメキが求められるものもあって歯応え十分。セリフを排除した演出で、ガチョウ気分を満喫できます。

週刊ファミ通1623号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
プレイヤーはイタズラ好きなガチョウ。村人に忍び寄ったり、鳴き声を上げるといったさまざまなイタズラを仕掛けて、“To Do”に書かれたミッションをクリアーしよう。
詳細を見る

Untitled Goose Game 〜いたずらガチョウがやって来た!〜に関連

すべて見る

Untitled Goose Game 〜いたずらガチョウがやって来た!〜に関連

すべて見る
  1. 1
    『龍が如く3』15周年。新たに沖縄が舞台として追加。極道である桐生の堅気としての姿も描かれるようになったシリーズ転機の作品【今日は何の日?】
  2. 2
    『FF7 リバース』中村倫也による初プレイ体験動画が公開。3月1日よりテレビCM版も放映スタート
  3. 3
    『アイマス ミリオンライブ!』10thライブAct-4 2日目リポート。ミリオンスターズ39人がついにひとつのステージに集結。コミカライズ発の楽曲などの初パフォーマンスも!
  4. 4
    危険地帯ドライビングサバイバル『Pacific Drive』PS5/PCで発売。愛車をカスタマイズし、超常現象が発生する隔離ゾーンを調査
  5. 5
    『SDガンダム外伝 聖機兵物語』のカードを手のひらサイズで再現。ミニミニカードダス第3弾のオンライン予約がスタート