クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
カメレオンのYookaとコウモリのLayleeのコンビが、ハチの世界を救うために大冒険。ハチと力を合わせたり、さまざまな効果のある“トニック”を使って敵を蹴散らしていく。
発売日
2019年10月08日
価格
2995円 [税抜]
ジャンル
アクション / アドベンチャー
メーカー
Team 17
詳細を見る

Yooka-Layleeとインポッシブル迷宮(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 Switch
8

元レア社のスタッフが携わっただけあり、プレイ感覚は『スーパードンキーコング』を彷彿させる。ビジュアルやギミックなどで、ちょっと古くささを感じる部分もあるけれど、手触りのよいアクションと秀逸なレベルデザインは目を見張る。発見とひらめきで道を切り拓いていくパズル要素が多彩で、冒険感を味わえる点も◎。ゲーム開始時から開放されている、ラスボス戦へのアプローチ方法も斬新です。

週刊ファミ通1613号より

ウワーマン
ファミ通公式 Switch
8

前作とはうって変わって、『ドンキーコング』ライクな2D風アクションに変貌したのは驚き。ゴールを目指して進むシステムは古典的ですが、最初から高難度の“インポッシブル迷宮”に挑戦できる点がユニーク。グラフィックもきれいです。ステージには隠し部屋や隠し通路が多数仕込まれていて、探索のやり甲斐もあると思います。“トニック”による強化のおかげで、羽ペンの収集にも力が入りますね。

週刊ファミ通1613号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
9

前作と違って2D横スクロールがメインになったが、主人公コンビのアクションともマッチ。歯応えはなかなかのものだけど、かわいらしく陽気なキャラのやり取りや美しい景色のステージが、楽しい気持ちにさせてくれます。各チャプターへつながる“オーバーワールド”にも3Dアクションでの探索要素があるうえに、ギミックを作動させるとチャプターに影響が出て、ステージの構造が変わる仕組みも○。

週刊ファミ通1613号より

本間ウララ
ファミ通公式 Switch
7

主人公たちは『バンジョーとカズーイの大冒険』を思わせる痛快コンビ。サイドビューのステージはなかなか広く、いやらしい構造も。隠しエリアも盛り込まれていて、注意力と思いきりのよさが求められます。他方、ライリーが身代わりになるので、ワンミスまではセーフだったりと、モチベーション維持のフォローも。ワールドマップにも仕掛けが点在しており、解きながらエリアを広げていくのが楽しい。

週刊ファミ通1613号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
カメレオンのYookaとコウモリのLayleeのコンビが、ハチの世界を救うために大冒険。ハチと力を合わせたり、さまざまな効果のある“トニック”を使って敵を蹴散らしていく。
発売日
2019年10月08日
価格
2995円 [税抜]
ジャンル
アクション / アドベンチャー
メーカー
Team 17
詳細を見る

Yooka-Layleeとインポッシブル迷宮に関連

すべて見る
  1. 1
    一番くじ『ゴジラvsコング』が再販スタート。A賞はゴジラ造形の第一人者・酒井ゆうじ氏が原型、彩色を担当したゴジラのハイクオリティフィギュア
  2. 2
    『テイルズ オブ アライズ』の新アニメPVが制作中。リンウェル、ロウ、キサラ、テュオハリムの姿が描かれた先行カットを掲載!
  3. 3
    『RO』4次職は秋実装、Yggdrasillのアップデートで遊びの幅が拡充。20周年目前の運営チームインタビュー「地雷を踏み抜いてきました。今後も踏むくらいの勢いで」
  4. 4
    『原神』鍾離、タルタリヤ、甘雨、刻晴、魈をイメージしたフレグランスが登場。primaniacsオンラインショップで予約受付中
  5. 5
    『Death’s Door』死神のカラスが扉を越えて魂を狩り尽くすアクションアドベンチャー【とっておきインディー】