クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
新聞社の編集長となって多彩なニュースをチェックし、採用か不採用の選択を行い、国民の世論を動かす。くり返しプレイすることで、物語とキャラクターが追加されていく。
発売日
2019年12月12日
価格
3980円 [税抜]
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
コーラス・ワールドワイド
詳細を見る

ヘッドライナー:ノヴィニュース(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
7

プレイヤーが行うのは、記事の掲載について承認か却下かを決めるのみだが、これによって世論とともに社会の情勢が変わっていく様子を見届けるのは、好奇心が刺激される。疑念や葛藤を抱きつつ、報道する記事の取捨選択に悩むのも楽しい。くり返しプレイで多彩な結末を見る構造もいいが、扱うニュースのジャンルがそれほど多くなく、もっと変化の幅やプレイごとの広がりがあれば、さらによかった。

週刊ファミ通1618号より

戸塚伎一
ファミ通公式 Switch
8

シンプルな取捨選択の蓄積によって、見える範囲の世の中が劇的に変化していく様は、ポップなビジュアルでは取り繕えない生々しさを感じさせます。ある程度の国際情勢の知識や関心がないとピンと来ない部分もありますが、1プレイが短く、登場人物がアンロックされるやり込み要素もあるので、続けるほどに自然と理解が深まるでしょう。意図せぬ決定をしやすいUIは、“それも現実的”と思うしかない!?

週刊ファミ通1618号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
8

報道の影響で変化する情勢の行方を眺めては、よりよい社会を求めて、再び挑戦せずにはいられない。1回あたりの所要時間が短いことや、登場人物の追加といった大きな変化があるのも、再プレイ性を高めています。社会問題をテーマに、原因と影響が記号化されていますが、ふたつの正しい主張のうち一方しか選べないような葛藤も多く、実際に胃が痛くなるほど。犬やドローンとの触れ合いが慰めに。

週刊ファミ通1618号より

卵を守る雨宮
ファミ通公式 Switch
8

自分が選んだ記事でガラリと変わる、街並や身近な人間関係。毎日通う道だからこそ、その変化に自身の責任が重くのしかかる。民族対立、グローバリズム、遺伝子操作……政治的“選択”の難しさと影響を、わかりやすく遊びに落とし込んでいるのがすばらしい。緊張の日々をちょっとだけ癒してくれる、ペットの犬やドローンの存在もいいね。ただ、選んだ記事をその場で取り消しできないのは気になった。

週刊ファミ通1618号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
新聞社の編集長となって多彩なニュースをチェックし、採用か不採用の選択を行い、国民の世論を動かす。くり返しプレイすることで、物語とキャラクターが追加されていく。
発売日
2019年12月12日
価格
3980円 [税抜]
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
コーラス・ワールドワイド
詳細を見る

ヘッドライナー:ノヴィニュースに関連

すべて見る

ヘッドライナー:ノヴィニュースに関連

すべて見る
  1. 1
    『FF7 リバース』を77時間遊んだプレイレビュー。そこで感じた7つのポイントを動画とともにお届け。デートイベントでは思わず身を乗り出す展開も
  2. 2
    『ウマ娘』ついに登場のオルフェーヴルを池添謙一騎手が語る。「(三冠では)能力を引き出せれば負ける相手はいないと思っていた」
  3. 3
    『ヘブバン』初となる茅森月歌のユニゾンスタイル実装、スキル演出に月歌と和泉ユキのふたりが登場。2/22生放送まとめ【ヘブンバーンズレッド】
  4. 4
    【エルデンリングDLC】『SHADOW OF THE ERDTREE』宮崎英高ディレクターの国内メディア独占インタビュー。過去最大規模のDLCで描かれる“影の地”の物語、その詳細が明らかに!
  5. 5
    『ときメモ』30周年記念ライブが5月18日・19日に開催。藤崎詩織役の金月真美らキャストが集結。ファン必見の新“ゲーム風映像”がライブ中に登場