クロスレビュー

平均

7.8
突如として異次元から現れた凶悪なクリーチャーを相手に、人類最後の抵抗勢力の一員となって戦いをくり広げる、高難度のTPS。最大3人でのオンラインマルチプレイが可能。
詳細を見る

レムナント:フロム・ジ・アッシュ(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
8

ガンシューティングをメインにした『ダークソウル』といった印象。近接武器もあるものの、遠距離武器ならではの戦術や間合いなどが求められるプレイ感覚。さまざまな効果を持つアタッチメントを武器に付与できる“MODシステム”が特徴的で、体力回復や敵の位置がわかるMODを付ければ、アクションが苦手な人でも有利にゲームを進められるのは助かる。Co-opも遊び応えとやり込み甲斐がある作り。

週刊ファミ通1647号より

ウワーマン
ファミ通公式 PS4
8

身も蓋もない言いかたをすると、“ソウルライク”なTPSといった内容。敵の感知能力が高いため、最初はすぐ乱戦になってしまいますが、銃をぶっ放し、武器をぶん回しつつ戦うのは気持ちがいい。チェックポイントで弾薬が回復するうえ、スタミナ管理も容易で、戦いやすい点が気に入りました。何より、やられても即リトライできるのがすばらしい。難度的にも、ぜひマルチプレイで挑みたいところ。

週刊ファミ通1647号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

“ソウルライク”とシューティングを掛け合わせたような作りで高難度だが、死亡時に経験値を失うといったことがなく、気軽にトライ&エラーができる。敵の集団をさばくのはエキサイティングで、何より銃撃の手応えが気持ちよくて戦闘が楽しい。未翻訳の部分があるなど、多少気になる点もあるものの、キャンペーンモードとは異なる“ワールド”を冒険できる仕組みもいいし、協力プレイが可能なのも熱い。

週刊ファミ通1647号より

梅園ウララ
ファミ通公式 PS4
7

いわゆる“ソウルライク”なスタイルですが、ダンジョンのパターンやボスがランダム配置されるのが特徴的。銃と近接武器を使い分けながらの軽快なバトルが味わえたり、高難度ながらもデスペナルティがなかったりと、比較的カジュアルでとっつきやすいね。ただ、軽微な不具合が見られるのが惜しい。ストーリー面では専門用語の解説が欲しいところだけど、日本語ボイスが入っているのはうれしい。

週刊ファミ通1647号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8
突如として異次元から現れた凶悪なクリーチャーを相手に、人類最後の抵抗勢力の一員となって戦いをくり広げる、高難度のTPS。最大3人でのオンラインマルチプレイが可能。
詳細を見る

レムナント:フロム・ジ・アッシュに関連

すべて見る

レムナント:フロム・ジ・アッシュに関連

すべて見る
  1. 1
    ネコ型配膳ロボ“ベラボット”の公式ファンブックが4/15発売。付録のペーパークラフトであのロボを再現。サイズは割と大きい
  2. 2
    ゲームボーイライトが発売された日。GB最後のモノクロ画面モデルはバックライト付き。電池が長持ちするのがうれしかった【今日は何の日?】
  3. 3
    【今週発売のおすすめタイトル】『ビックリマン』スマホ向けRPGが4/19リリース。『デイヴ・ザ・ダイバー』PS4/PS5版や『UFOロボ グレンダイザー』なども登場【4/15~4/21】
  4. 4
    加隈亜衣、阿座上洋平が出演の短編ADV『つばめの世代』制作クラウドファンディングが5月1日より開始。アンドロイドの少女と人間による笑いと感動の物語
  5. 5
    『ソフィーのアトリエ』着替えを見られて涙目で怒るソフィーのフィギュアが登場。エビテン限定特典は描き下ろしイラスト使用のアクリルコースタースタンド