クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
研究所から逃げ出した異形の生命体を操作し、人間たちを蹂躙していくアクションゲーム。人間を捕食したり、DNA格納庫を取り込むことで、さらに進化することができる。
発売日
2020年07月23日
価格
1863円 [税抜]
ジャンル
アクション
メーカー
Devolver Digital
詳細を見る

CARRION(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 Switch
9

メトロイドヴァニア系の探索型アクション。特出しているのはプレイヤーが怪物となって人間たちを捕食していく逆ホラーな設定と、触手を張り巡らせながら縦横無尽に動きまわる操作感の心地よさ。悲鳴を上げて逃げ回る人間たちを無双状態でおびやかす爽快感は心地よく、ときには頭を使わないと倒せない相手も登場するなどバランスのよい攻防が◎。ただステージ構成が複雑なわりにマップがないのは難。

週刊ファミ通1654号より

ウワーマン
ファミ通公式 Switch
8

何と言っても異形の生物となって動き回れるのがいいですね。触手を伸ばして絡み付かせるなどの不気味な描写はすばらしいのひと言。スプラッター表現はかなりエグいですが、それもならではの見どころでしょう。ゲーム内容自体は仕掛けを解きながら進む探索アクションと、単純明快なのですが、自分が怪物だと異能を使って“レバーを引く”だけでも新鮮。ただ、マップはあってもよかったような。

週刊ファミ通1654号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

触手を持ったモンスターとなって人間を襲うという、通常のホラー作品とは逆の立場でプレイするアイデアが○。触手でつかむ動作のほか、天井や壁を伝ってスイスイ動けるのも、モンスターならではの操作感でいい。一方的に人間を蹂躙できるわけではなく、銃や火炎放射での反撃には意外と脆いため、立ち回りを考えて戦う要素もあります。マップ探索型の構造なのに、地図を確認できないのが難点。

週刊ファミ通1654号より

本間ウララ
ファミ通公式 Switch
8

触手の動きがおぞましくてすばらしい。加速感も映画で見たようなモンスターそのもの。気色悪いと思うのに、つい見入ってしまう。捕食のシステムもあり、人を選ぶ作品ですが怪物の表現は本当に見事。触手を伸ばすアクションはゴム紐を引くような感覚で、細かい操作は若干やりづらいかな。人間視点の場面が挟まれるのはいいアクセント。ただ、エリアを行き来して迷いやすいのでマップもあれば。

週刊ファミ通1654号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
研究所から逃げ出した異形の生命体を操作し、人間たちを蹂躙していくアクションゲーム。人間を捕食したり、DNA格納庫を取り込むことで、さらに進化することができる。
発売日
2020年07月23日
価格
1863円 [税抜]
ジャンル
アクション
メーカー
Devolver Digital
詳細を見る

CARRIONに関連

すべて見る
  1. 1
    一番くじ『ゴジラvsコング』が再販スタート。A賞はゴジラ造形の第一人者・酒井ゆうじ氏が原型、彩色を担当したゴジラのハイクオリティフィギュア
  2. 2
    『テイルズ オブ アライズ』の新アニメPVが制作中。リンウェル、ロウ、キサラ、テュオハリムの姿が描かれた先行カットを掲載!
  3. 3
    『RO』4次職は秋実装、Yggdrasillのアップデートで遊びの幅が拡充。20周年目前の運営チームインタビュー「地雷を踏み抜いてきました。今後も踏むくらいの勢いで」
  4. 4
    『原神』鍾離、タルタリヤ、甘雨、刻晴、魈をイメージしたフレグランスが登場。primaniacsオンラインショップで予約受付中
  5. 5
    『Death’s Door』死神のカラスが扉を越えて魂を狩り尽くすアクションアドベンチャー【とっておきインディー】