クロスレビュー

平均

9.0

ユーザー

スコア

;">
-
『モダン・ウォーフェア』シリーズ最新作ではキャンペーンモードが復活。仲間とともに、一瞬の判断が生死を分ける戦いに身を投じる。多人数向けのマルチプレイも充実。
発売日
2019年10月25日
価格
7900円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
FPS・TPS
メーカー
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
詳細を見る

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
9

現代戦を描いたキャンペーンモードは、単なる銃撃戦だけではなく、多彩なアクションや仕掛けが詰め込まれ、盛り上げ上手な完成度。光や影の描写、効果音なども凝っていて、臨場感はハンパない。マルチプレイは大小さまざまなモードが用意されてバラエティーに富み、他機種とのクロスプレイが可能なのも魅力。過去作と比べてスピード感が落ち着き、慎重な立ち回りが求められる対戦になった印象。

週刊ファミ通1615号より

ウワーマン
ファミ通公式 PS4
9

やはりキャンペーンモードで遊べるのはうれしいです。任務とシネマティックがシームレスでつながるのは、まさに息もつかせぬ展開。舞台と主人公をつぎつぎに変えていく見せかたも○。PvPは本作でも充実していますが、なかでも2対2のガンファイトがよかった。小さなマップだから非常にテンポがよく、読み合いも楽しいです。めちゃくちゃ高難度に感じますが、協力プレイもかなり燃えますね。

週刊ファミ通1615号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
9

キャンペーンモードの復活がうれしい。凄惨なテロの現場など、痛ましいシーンもあるが、戦場の生々しい描写によってもたらされる緊迫感や迫力が圧倒的で、思わず引き込まれる。マルチプレイは、『ブラックオプス』シリーズのようなスピード感のある戦闘とは異なるので好みは分かれそうだけど、2対2の“GUNFIGHT”から大規模戦まで、趣の異なる対戦ルールがあるほか、協力モードもあるのがグッド。

週刊ファミ通1615号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
9

何と言ってもキャンペーンモードがドラマチック。現代らしいテロや紛争の物語が、さまざまな人物の視点で描かれていて惹きつけられるし、彼らの背景をもっと知りたくなる。戦争ものでは避けられていた子どもが登場するのも衝撃的。ロケーションやミッションも多彩なうえに、グラフィックも細部まで抜かりない。マルチ対戦を含め、定番でまとまっている印象だけど、細部にも遊びやすさを感じます。

週刊ファミ通1615号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

9.0

ユーザー

スコア

;">
-
『モダン・ウォーフェア』シリーズ最新作ではキャンペーンモードが復活。仲間とともに、一瞬の判断が生死を分ける戦いに身を投じる。多人数向けのマルチプレイも充実。
発売日
2019年10月25日
価格
7900円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
FPS・TPS
メーカー
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
詳細を見る

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェアに関連

すべて見る

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェアに関連

すべて見る
  1. 1
    任天堂旧本社の社屋を利用したホテル“丸福樓”が4月に開業決定。本日(1/20)より宿泊予約を開始。既存棟は当時の建築様式や内装を活かした空間に
  2. 2
    漫画『ジョジョの奇妙な冒険 クレイジー・Dの悪霊的失恋』の第1話が公開中。ホル・ホースと東方仗助、ふたりのスタンド使いが邂逅するスピンオフ作品
  3. 3
    【ウマ娘】サクラチヨノオーはサクラ軍団の悲願を達成したダービー馬だった。現役時代の活躍やゲームの元ネタを紹介
  4. 4
    『MOTHER』モデルの“G-SHOCK”が本日(1/20)11時より抽選販売開始。文字盤に『MOTHER』のロゴと“SMAAAASH!!”のドット文字がプリント
  5. 5
    『TERA』が4月20日をもってサービス終了。スク水アバターブームを牽引した(?)MMORPGが11年近い歴史に幕