クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
宇宙の辺境にあるコロニー“ハルシオン”を舞台に、仲間とともにコロニーを支配する企業の陰謀を暴く。プレイヤーの行動によって、特性や仲間の物語、エンディングが変化。
発売日
2019年10月25日
価格
6800円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクションRPG / FPS・TPS
メーカー
テイクツー・インタラクティブ・ジャパン
詳細を見る

The Outer Worlds(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
9

『Fallout: New Vegas』を手掛けた会社の作品ということもあり、同作を思わせるプレイ感。それでも、チュートリアルを含めたプレイヤーの誘導がうまいうえに、ユーザーインターフェースがわかりやすく、『Fallout』よりは比較的カジュアルな印象。目新しい要素はさほど感じられなかったものの、用意された多彩な選択肢によって無限に近い物語が楽しめるゲーム性はさすが。やり込み甲斐十分。

週刊ファミ通1613号より

ウワーマン
ファミ通公式 PS4
8

基本システムはオープンワールドゲームの王道といった形式ながら、会話のバリエーションがすさまじく豊富。育成の幅が広く、自分の欠点を認めるとボーナスポイントが得られる仕組みが独創的です。NPCを連れての探索は抜群に楽しく、最高難度では飲食や睡眠も絡んでくるのがおもしろい。ただ、洗練はされているもののド直球なぶん、この手のゲームを遊び込んでいると、新鮮さは希薄ですね。

週刊ファミ通1613号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
9

SFの世界観にどっぷり浸れるグラフィックに気分が高まる。皮肉の多い会話は小難しさも感じるけど、選択に応じた広がりが実感できるので、悩み甲斐があります。銃撃ばかりでなく、近接武器による攻撃もしっかり作られているほか、頼りになる仲間の存在もグッド。戦いかたから物語の展開まで、プレイヤー次第といった作りは魅力で、『Fallout』シリーズが好きな人は安心して楽しめるかと。

週刊ファミ通1613号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
8

宇宙船のキャプテンとなって星々を巡る旅にワクワク。各惑星で仲間にしたクルーたちが、戦闘にも参加してくれるのが心強い。彼らが、主人公とクエスト依頼人の会話に混ざってくる場面は驚いたけれど、より自然で身近に感じられます。クエストは、いわゆるお使い的な内容が続きがちかな。会話の選択肢の多さや、読み物などに見られるブラックユーモアに、『Fallout』シリーズの遺伝子を感じますね。

週刊ファミ通1613号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
宇宙の辺境にあるコロニー“ハルシオン”を舞台に、仲間とともにコロニーを支配する企業の陰謀を暴く。プレイヤーの行動によって、特性や仲間の物語、エンディングが変化。
発売日
2019年10月25日
価格
6800円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクションRPG / FPS・TPS
メーカー
テイクツー・インタラクティブ・ジャパン
詳細を見る

The Outer Worldsに関連

すべて見る

The Outer Worldsに関連

すべて見る
  1. 1
    Switch、PS4『黄昏ニ眠ル街』が4月28日に発売決定。世界に隠された"大地の源"を求めて東洋の街を探索する3Dアドベンチャー
  2. 2
    『サムライブリンガー』がPS4、Switch、Steamにて2022年春発売決定。八岐大蛇の討伐を目指す和風ローグライトアクション
  3. 3
    『デス・ストランディング』を特集したNHK番組“ゲームゲノム”拡張版が1月24日0時35分より放送。本田翼、星野源、小島秀夫監督の未公開トークに注目
  4. 4
    【『グノーシア』はいいぞ】Steam版が配信開始となったいま、まさに遊ぶべきこれだけの理由。ゲームが抱える業に落とし前をつけたマストプレイの1作
  5. 5
    『炎姫(ほむらひめ)』がSteamにて2023年リリース決定。台湾のインディーゲームデベロッパーが手掛けるアニメ調の3Dアクション