日本全国がすごろくの盤面になったボードゲーム。サイコロを振って、止まったマスで物件を購入したり、モンスターを仲間にしたりしながら資金を増やし、ゴールを目指す。
発売日
2018年11月29日
価格
5700円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
ボードゲーム
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
関連サイト
https://br.bn-ent.net/
詳細を見る

ビリオンロードのレビュー・評価・感想

ローリング内沢
ファミ通公式 Switch
8

よくも悪くも某すごろくゲーム風。プレイ感覚も似たような印象だが、プレイヤーの仲間となるモンスター“ハタラキ種”のシステムは、戦略を広げる要素として目新しく感じた。どのタイミングで、どのハタラキ種を連れていくかの取捨選択が戦況を左右することもあり、これまでにない戦術が要求される。全体的に演出面は派手で、見た目もよいけれど、煩雑な感じや、視認性が気になる部分も。

週刊ファミ通1564号より

乱舞吉田
ファミ通公式 Switch
8

すごろくタイプのボードゲームとしては王道の作り。多彩な能力を持ったモンスターを仲間にして、編成を楽しめるところが、本作最大の特徴であり魅力。土居孝幸氏デザインによるキャラやイベント絵は親しみやすいし、UIまわりもよくできています。マップのグラフィックは、かわいらしくてにぎやかだけど、情報量が多すぎの印象も。マスの視認性がもう少しよければ、さらに遊びやすくなったかな。

週刊ファミ通1564号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

ボードゲームの定番的な要素を揃え、手堅い内容をベースにしつつも、多彩なモンスターの存在がアクセントに。状況や対戦相手に合わせて、どのモンスターを連れ歩くかといった駆け引きが生じたりするのが○。登場キャラもいい味を出していて、プロフィールやセリフなどにもクスッとさせられる。日本列島を舞台にしたマップは、ややゴチャゴチャ感もあるが、各地域の特色を再現していてにぎやか。

週刊ファミ通1564号より

本間ウララ
ファミ通公式 Switch
8

各地で物件を買って資産を増やす、定番ボードゲームのスタイルだけど、モンスターを連れ歩くというのがミソ。種族や能力が多彩で、状況に合わせて編成する戦略性もある。レイドボス的な種族の出現もいいスパイスに。終盤にかけて、便利な種族や凶悪なおジャマモンスターが出やすくなったり、特殊な島が解放されたりと、絶妙なバランスが勝負を盛り上げる。エンディングはもっと派手でもいいかな。

週刊ファミ通1564号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

日本全国がすごろくの盤面になったボードゲーム。サイコロを振って、止まったマスで物件を購入したり、モンスターを仲間にしたりしながら資金を増やし、ゴールを目指す。
発売日
2018年11月29日
価格
5700円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
ボードゲーム
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
関連サイト
https://br.bn-ent.net/
詳細を見る

ビリオンロードに関連

すべて見る

ビリオンロードに関連

すべて見る
  1. 1
    『あつ森』5月中に捕まえておきたいムシ&サカナを紹介【あつまれ どうぶつの森】
  2. 2
    『ダイの大冒険』の家庭用ゲームが発表。ジャンルはアクションRPG。対応機種は未定【インフィニティ ストラッシュ ドラゴンクエスト ダイの大冒険】
  3. 3
    『マインクラフト ダンジョンズ』本日(5月26日)配信開始! 『マイクラ』ユニバースで楽しむアクションアドベンチャー
  4. 4
    『マインクラフト ダンジョンズ』プレイレビュー。ひとり用でもマルチプレイでも楽しめる良質なハック&スラッシュ入門!
  5. 5
    『アズールレーン クロスウェーブ』Switch版が9月17日に発売決定! “フォトモード”機能も強化
特設・企画