クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
リーダーの頭上に仲間を積み上げるという、一風変わったパーティーを編成し、街を拠点にダンジョンを冒険する。職業の異なる仲間を、戦況に応じてどう編成するかがカギ。
発売日
2018年11月29日
価格
6980円 [税抜]
ジャンル
アクションRPG
メーカー
日本一ソフトウェア
詳細を見る

ラピス・リ・アビス(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 Switch
7

多彩な攻撃方法による派手なグラフィック演出は見た目に心地いい。とくにフィーバーモードの爽快さは格別で、上手にアクションゲームの醍醐味につながっている。しかし、攻防の駆け引きよりも攻撃の爽快感に重きを置いており、さらにどのキャラを使ってもプレイ感覚はそれほど変わらない印象で、遊ぶほどに作業感を覚えてしまった。同じようなステージ展開が続くのも、その理由のひとつかな。

週刊ファミ通1564号より

乱舞吉田
ファミ通公式 Switch
8

モチッとしたデフォルメキャラがキュート。キャラを積み上げるアイデアは、同社の『ディスガイア5』でも見られましたが、別の使いかたになっているのが○。テンポよく、ハック&スラッシュを楽しめるところがナイスです。とくに、自身が無敵になるフィーバーモードは爽快のひと言。その反面、大量の敵とジェム、ド派手なエフェクトによって画面が埋め尽くされ、状況を把握しにくいと感じることも。

週刊ファミ通1564号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

キャラがかわいらしく、操作キャラの上に仲間の頭を積み上げて戦う姿もおもしろい。見た目のインパクトだけでなく、キャラの切り換えや“アシストオーダー”で、つぎに呼び出されるキャラがひと目でわかるのがいい。“フィーバーモード”は、演出がド派手で気分が高揚するが、何が起きているかわかりにくいという一面も。軽快なアクションとスピード感のあるダンジョン探索により、気軽に遊べます。

週刊ファミ通1564号より

本間ウララ
ファミ通公式 Switch
8

制限時間もあり、ダンジョンに潜っているのは5分ほどなのに、スピーディーで軽快なアクションのおかげか、体感時間はもう少し長く感じられ、探索に没頭していたことに気づかされる。とくに、ジャラジャラと画面いっぱいにジェムが出るフィーバータイムは夢中に。クリアー後に鍵を消費して宝箱を選ぶシステムは、運試しの一面もあってドキドキ。拠点施設の解放は、もっと早い段階でもよかったかも。

週刊ファミ通1564号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
リーダーの頭上に仲間を積み上げるという、一風変わったパーティーを編成し、街を拠点にダンジョンを冒険する。職業の異なる仲間を、戦況に応じてどう編成するかがカギ。
発売日
2018年11月29日
価格
6980円 [税抜]
ジャンル
アクションRPG
メーカー
日本一ソフトウェア
詳細を見る

ラピス・リ・アビスに関連

すべて見る

ラピス・リ・アビスに関連

すべて見る
  1. 1
    映画『スーパーマリオ』日本語版の声優は? マリオは宮野真守、クッパは三宅健太。吹替版のトレーラーも公開
  2. 2
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  5. 5
    映画『スーパーマリオ』第2弾トレーラー公開でドンキーコングの登場が決定。ピーチ姫やマリオカート、たぬきマリオの姿も
特設・企画