クロスレビュー

平均

9.0

ユーザー

スコア

;">
-
崩壊の危機に瀕したワシントンD.C.を救うため、精鋭組織ディビジョンのエージェントとなって敵組織と交戦。フレンドと協力、ときに敵対しながら、活路を切り拓いていく。
発売日
2019年03月15日
価格
8400円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
FPS・TPS
メーカー
ユービーアイソフト
詳細を見る

ディビジョン2(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
9

前作の正統進化。本作はとくにマッチングシステムが優秀で、ボタンひとつで援軍要請ができ、すぐに誰かが駆けつけてくれる手軽さが◎。複数人で連携しながら敵と戦う共闘感は心地よく、ハクスラならではのくり返しプレイもやり込み甲斐がある。ただ、協力プレイに特化した難度なのか、敵が強すぎてソロプレイだとすぐにやられるきびしさも。操作まわりがちょっともっさりしているのも気になった。

週刊ファミ通1583号より

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
9

前作でよかった部分がさらに強化され、改善してほしいと思っていた部分は修正されるなど、完成度の高いTPSに仕上がっています。キャンペーンをクリアーしても終わりではなく、むしろチュートリアル終了のようなもので、新たに専門分野などの要素が解放されるなど、遊び応えはかなりのもの。発売後も、1年間は無料でさまざまな追加DLCが配信されるロードマップが発表されているのもうれしい。

週刊ファミ通1583号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
9

前作から大きな変化はないが、ミッションを遂行しながらキャラの強化やアイテム収集をする流れは相変わらずおもしろい。より強い装備品を獲得したり、武器に付ける“MOD”をクラフトしたりするのが楽しみになり、没頭できる。荒んだワシントンD.C.の空気感も○。敵の強さがきびしく感じる部分はあるけど、マッチングがスムーズで、野良プレイでも気軽にほかのプレイヤーと共闘可能なのはグッド。

週刊ファミ通1583号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
9

広大なワシントンD.C.の作り込みが秀逸で、名所から路地まで見応えあり。天候の変化もいいね。ミッションは豊富だが、前作からの延長線上といった印象で、ストーリーは少し物足りないかな。ダークゾーンは、相変わらず奪って奪われての攻防がスリリング。ただ、汚染アイテムやローグ化のルールが異なっており、少し戸惑うことも。回り込みも楽々できるカバーアクションなど、操作性はすこぶるよし。

週刊ファミ通1583号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

9.0

ユーザー

スコア

;">
-
崩壊の危機に瀕したワシントンD.C.を救うため、精鋭組織ディビジョンのエージェントとなって敵組織と交戦。フレンドと協力、ときに敵対しながら、活路を切り拓いていく。
発売日
2019年03月15日
価格
8400円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
FPS・TPS
メーカー
ユービーアイソフト
詳細を見る

ディビジョン2に関連

すべて見る

ディビジョン2に関連

すべて見る
  1. 1
    【FGO】2部7章ナウイミクトラン後編攻略まとめ【ストーリーネタバレ注意】
  2. 2
    『ホグワーツ・レガシー』いよいよ発売! 実機プレイで判明したゲームシステムの詳細など、1800年代の魔法界をより楽しめるポイントを解説する18ページの大特集【先出し週刊ファミ通】
  3. 3
    『FF10』新作歌舞伎、ユウナ役・中村米吉による“異界送り”のスペシャル映像が公開。振付・尾上菊之丞や音楽監督・新内多賀太夫らのコメントも到着
  4. 4
    『Apex Legends Mobile』のサービス終了が発表。日本時間の5月2日午前8時をもってシャットダウンへ
  5. 5
    【Steamセール】『PC Building Simulator』512円、『マブラヴ』1236円、『零 ~濡鴉ノ巫女~』3960円、ディスガイア バンドルッス8250円など