クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
絶海の孤島レムリアに眠る秘宝を求め、さまざまな職業の冒険者たちが広大な迷宮を大冒険。これまでのシリーズのエッセンスがクロスオーバーする、集大成とも言える作品。
発売日
2018年08月02日
価格
6480円 [税抜]
対応機種
3DS
ジャンル
RPG
メーカー
アトラス
関連サイト
http://sq-atlus.jp/sqx/
詳細を見る

世界樹の迷宮X(クロス)(3DS)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 3DS
9

歴代シリーズのキャラクターやシステムがクロスオーバーした作品ということだけあり、かなりのボリューム感。過去作同様、探索→収集→強化のくり返しが心地よく、F.O.Eを始めとする迷宮内のイベントも多彩で、プレイヤーを飽きさせない。安定した内容で、正直驚きは少ないものの、ファンアイテムとしての完成度は高い。初心者には覚えることは多いけれど、全体的にテンポがいいし、誘導も上手。

週刊ファミ通1547号より

乱舞吉田
ファミ通公式 3DS
9

シリーズ作で人気の高かった職業やシステムを集結させたほか、迷宮のボリュームも過去最大と、まさに集大成。タッチペンを使ってマップを作り上げていく本作ならではの楽しさは、もちろん健在。低難度の“ピクニック”も選択できるので、キャラデザインは好きだけれど、3Dダンジョン探索RPGに慣れていないという人も遊びやすい。革新的な要素こそ少ないものの、総合的な完成度の高い作品です。

週刊ファミ通1547号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 3DS
8

過去作からピックアップされた職業が登場し、シリーズを通して遊んできた人にとっては、夢の組み合わせのようなパーティーを編成できるのがナイス。新職業や新システムなどが少なめの印象は受けるかもしれないけど、シリーズのいいとこ取りのようなシステムは安定したおもしろさがあります。ワールドマップが搭載され、ダンジョン以外の探索場所も存在するのは、冒険の雰囲気が感じられていいね。

週刊ファミ通1547号より

本間ウララ
ファミ通公式 3DS
8

冒険気分を味わえる『世界樹の迷宮』のベースはそのままに、システムや職業、ダンジョンなどシリーズ作品の魅力を集約。ボスとの連戦になったりと、序盤のダンジョンから歯応えがあるが、導入などは相変わらず丁寧。便利な機能や、細かく設定できるコンフィグもありがたい。新職業のヒーローは、攻撃と同時に回復もできたりと使い勝手がいい。パーティー編成をあれこれ試す楽しみがあります。

週刊ファミ通1547号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
絶海の孤島レムリアに眠る秘宝を求め、さまざまな職業の冒険者たちが広大な迷宮を大冒険。これまでのシリーズのエッセンスがクロスオーバーする、集大成とも言える作品。
発売日
2018年08月02日
価格
6480円 [税抜]
対応機種
3DS
ジャンル
RPG
メーカー
アトラス
関連サイト
http://sq-atlus.jp/sqx/
詳細を見る

世界樹の迷宮X(クロス)に関連

すべて見る

世界樹の迷宮X(クロス)に関連

すべて見る
  1. 1
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  2. 2
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『フロントミッション』リメイク版の発売元がスクエニではない理由。「原作の雰囲気が保たれたタイトルになると期待し、リメイク権を許諾した」
  5. 5
    【ポケモンSV攻略】準伝説ポケモンの捕獲方法、杭の場所【スカーレット・バイオレット】
特設・企画