『世界樹の迷宮V』と『世界樹の迷宮X』のキャラクターアートを中心にしたアートブックがいよいよ本日発売! 日向悠二氏による秘蔵イラストやスケッチなどを、のべ1400点以上収録。また小森氏、日向氏、古代氏といった製作スタッフのほか、“世界樹WEBラジオ”でおなじみの声優、川原慶久さんと村瀬歩さんの対談も掲載しました。384ページの圧倒的なボリュームの中から注目のコンテンツを紹介します。

“観て楽しむ”アートミュージアムの章

 『世界樹の迷宮V』と『世界樹の迷宮X』の章は、日向氏のキャラクターアートとスケッチ、美麗な背景画を中心にした、いわば“観て楽しむ観覧室”。日向氏による作品の解説もあり、読めば思わず“ニヤリ”としてしまうコメントもあります。P18~19には、本書のために描きおろされた“種族”のスケッチ画を掲載。あくまでデザインとしての設定とはいうものの、ゲームには登場しなかった資料的価値の高さも魅力になっています。

日向氏によれば、「ホルンをはじめ爬虫類人レプティリアン・宇宙生物イーバ・ガス状生物オークもアルカディアに存在するものとして種族デザインのバランスはとられています」とのこと。

“読んで楽しむ”エクストラの章

 エクストラの章は、シリーズを育んできた小森氏、日向氏、古代氏の3名のインタビューを掲載。シリーズの締めくくりとして、各作品への想いや、製作に携わった楽しさや苦労したことなどを知ることができます。またアンケートで募った『世界樹』ファンからの質問は、インタビューに深みをもたらしてくれています。

アンケートの集計結果を元に、小森氏と日向氏のコメントを収録。そこでふたりから絶賛を浴びたのは、もうひとりのアートディレクターである笹津氏だった!?
古代氏のインタビューは、『世界樹の迷宮』をレコーディングしたご自身のスタジオにて収録。そこもご注目!

声優、川原慶久さんと村瀬歩さんの特別対談

 インタビューの締めくくりとして、声優の川原慶久さんと村瀬歩さんの対談を特別に掲載しました! 『世界樹』ファンを自称して憚らないおふたりに、限りないファン目線で『世界樹』への愛を語り合っていただきました。

当初「1時間で」という予定をはるかにオーバーした、川原さんと村瀬さんの対談。“世界樹WEBラジオ”の特別出張版、という噂も……。

巻末特別資料 週刊ファミ通掲載記事全集

 巻末には、過去に週刊ファミ通に掲載した『世界樹の迷宮』シリーズの記事を集めた、いわば“『世界樹の迷宮』資料室”となっています。2006年7月14日に、初めて週刊ファミ通に掲載された記事は、現在ではなかなか目にすることができない貴重なページです。数々のシリーズの歴史を知り、作品の歩みを振り返ることができます。

これが週刊ファミ通に掲載された、『世界樹の迷宮』のデビュー記事。ゲームの紹介記事に、懐かしさがあふれる。

『世界樹の迷宮 アートミュージアム』は本日発売!

 ▼エビテンでのご注文はこちら
世界樹の迷宮 アートミュージアム The characters of "SQV" and "SQX"

世界樹の迷宮 アートミュージアム The characters of "SQV" and "SQX" ebtenDXパック

タペストリー
クリアブックカバー
A4クリアファイルビジュアル

▼amazonでのご注文はこちら
世界樹の迷宮 アートミュージアム The characters of "SQV" and "SQX"