クロスレビュー

平均

8.0
2016年発売の本編のファンディスク。エンディングの後日談や、恋人どうしとなってからの物語を収録。ゲーム中に得たポイントを使い、特別なアイテムが入手できる。
発売日
2018年03月22日
価格
6300円 [税抜]
対応機種
PS Vita
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
リジェット
詳細を見る

ダンス ウィズ デビルス マイ キャロル(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS Vita
8

本編の後日談を始め、新たな事件や、全員が登場するドタバタ劇などが楽しめる、ファンディスクとしてのツボを押えた作り。1話が短時間で読めて、好きなペースで楽しめるのがうれしい。コインを集めて、メインのキャラごとに40種類ずつ用意されたボイスと交換できるのも、ファン向けの要素としてナイス。本編同様、ゲームの起動時に、ランダムでキャラのカードをゲットできる仕組みもいいですね。

週刊ファミ通1528号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS Vita
8

全体のボリューム感はそれほどではないが、ショートストーリーを読み進めることで新たなエピソードがオープンする作りは、区切りよく少しずつ楽しめるのと、読了していく達成感もあっていいね。基本的には甘めのムードが漂いつつも、ハッピーな後日談だけではなく、“ヒトルート”と“アクマルート”の各エンドのその後も描かれていて、バリエーション豊かな物語を取り揃えているところがナイスです。

週刊ファミ通1528号より

菅谷あゆむ
ファミ通公式 PS Vita
8

エピソードの量が豊富。どの話も、恋人になった後の物語だけあり、甘く、ときにコミカルで、主人公への深い愛情がビシビシと伝わってきます。本編がシリアスだっただけに、幸せだ〜! シナリオの長さがほどよく、シチュエーションもおもしろい。エピソードに加えてコレクション要素など、ファン心理を巧みにくすぐる仕掛けが満載。意表を突いて流れるダミーヘッドマイクでの音声にもドキドキ。

週刊ファミ通1528号より

梅園ウララ
ファミ通公式 PS Vita
8

エピソードがオムニバス形式のようになっていて、好きなキャラクターのお話を選んでサクサク読み進める仕組みに。章選択画面でも題名が確認できるとよかったな。通常選択肢の結果は獲得コイン枚数の違いだけなので、気軽に選べるのがいい。従来の“ヒトかアクマか?”選択肢も出現。ダミーヘッドマイク収録による、立体的なボイス演出の破壊力はバツグンです。おまけボイスの中にはユニークなものも。

週刊ファミ通1528号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0
2016年発売の本編のファンディスク。エンディングの後日談や、恋人どうしとなってからの物語を収録。ゲーム中に得たポイントを使い、特別なアイテムが入手できる。
発売日
2018年03月22日
価格
6300円 [税抜]
対応機種
PS Vita
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
リジェット
詳細を見る
  1. 1
    『ポケモンフレンダ』が7月より順次稼動開始。『ポケモンメザスタ』の後継機で、ツイン筐体はそのままにアクション性をより高めるタッチパネルを搭載
  2. 2
    懐かしのPCゲーム『エアホッケー@GAMEPACK』のブラウザ版が無料公開。新たな対戦相手やランキング機能などを追加して復活
  3. 3
    『たまごっち』サンリオ&ハローキティとのコラボ商品が予約開始。最新機種『Tamagotchi Uni』。『Tamagotchi nano』は2色展開
  4. 4
    アニメ『鬼滅の刃』柱稽古編(4期)が5月12日より放送開始、初回は1時間スペシャル。刀鍛冶の里編の特別総集版も5月4日・5日に放送決定
  5. 5
    『宝石の国』が次回で完結。2012年から12年間続いた宝石たちの物語、『月刊アフタヌーン』4月発売号掲載の第108話が最終話に