クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
アジアの文化や風習などを取り入れた、台湾発のホラーアドベンチャー。少年と少女の出会いを機に一変した世界を舞台に、冥府の存在が跋扈する学校を探索し、謎を解く。
発売日
2018年03月01日
価格
1200円 [税抜]
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
Playism
詳細を見る

返校 -Detention-(Switch)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 Switch
7

『トワイライトシンドローム』を思わせる探索型のホラーアドベンチャーだが、1960年代の台湾の文化や思想が作品に織り込まれていて、日本製のゲームにはない独特の雰囲気が感じられるのがいいですね。謎の多い朽ちた学校という舞台や、息を潜めて通り過ぎるのを待つなどして対処することになる、倒せない霊の存在が、じわりとした怖さをプレイヤーに与えています。謎解きの難度はやや高めの印象。

週刊ファミ通1527号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

イラスト調のグラフィックで、ものすごく怖いというほどではないが、恐怖感をじわりと煽る演出が巧み。サウンド面などで、とくにそれが光る。プレイ的には、探索やちょっとした謎解きがメインとシンプルだけど、息を止めて霊をやり過ごす動作は緊張感があっていい。ホラー体験だけではなく、次第に見えてくる切ない物語も魅力で、当時の台湾の歴史的背景を知れば、本作への理解がより深まりそう。

週刊ファミ通1527号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
9

重苦しく悲哀に満ちたシナリオが胸に迫ります。おどろおどろしい学校の怪異を調べ、幽霊をやり過ごしたりするうちに、作品世界へと深く引きずり込まれていく作りが巧妙。謎解きの一部が時間をキーとしているのも、真相やテーマを示唆する仕掛けに。あと少し解説が充実していれば理解の助けになると思う一方、説明過多を避けつつエンターテインメントとして仕上げたところにセンスを感じます。

週刊ファミ通1527号より

卵を守る雨宮
ファミ通公式 Switch
8

台湾と日本の学校文化の、似ている部分が既視感を、同時に日本に存在しないものが違和感をもたらし、怖さを増幅。色彩を抑えたグラフィック、雨音や魔物のラップ音など、巧みな演出も不安をかき立てる。アイテムを拾い、行く手を阻む謎を解くというオーソドックスな探索スタイルだが、夜の学校という状況と、息を止めての移動など、要所で挿入されるアクション要素が、緊張感を途切れさせない。

週刊ファミ通1527号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
アジアの文化や風習などを取り入れた、台湾発のホラーアドベンチャー。少年と少女の出会いを機に一変した世界を舞台に、冥府の存在が跋扈する学校を探索し、謎を解く。
発売日
2018年03月01日
価格
1200円 [税抜]
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
Playism
詳細を見る

返校 -Detention-に関連

すべて見る

返校 -Detention-に関連

すべて見る
  1. 1
    “ニンテンドーダイレクト 2.9”まとめ。『レイトン』新作、『バテンカイトス』リマスター、『サンバでアミーゴ』が発表
  2. 2
    Nintendo Switch Onlineにゲームボーイ&ゲームボーイアドバンスソフトが追加。『スーパーマリオランド2』『星のカービィ』などが登場【Nintendo Direct】
  3. 3
    『スプラトゥーン3』DLCエキスパンションパスで『1』のハイカラシティが登場。タコの8号が主人公のサイドオーダーも【Nintendo Direct】
  4. 4
    『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』新映像公開。再びハイラルの地上も舞台に。コレクターズエディションとリンクのamiiboの発売も決定【Nintendo Direct】
  5. 5
    『桃鉄』新作『桃太郎電鉄ワールド ~地球は希望でまわってる!~』が2023年発売! 今度の舞台は世界に【Nintendo Direct】
特設・企画