クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
異世界に迷い込んだ個性豊かな4人のキャラクターたちを操作し、魔法や穴掘りなどそれぞれの特技を組み合わせて、不思議な遺跡に仕掛けられた謎を解き明かしていく。
発売日
2018年01月18日
価格
1388円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
アクション / RPG / アドベンチャー
メーカー
フライハイワークス
詳細を見る

World to the West(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 Switch
8

ひとつの大きなマップに4キャラぶんの物語が詰め込まれ、それぞれの冒険や思惑が交差するゲーム展開が秀逸。各種アクションやギミックがよく練り込まれ、発見とひらめきの心地よさが味わえる。軽妙なセリフ回しなど、手を変え品を変えてプレイヤーを飽きさせない各種演出もいい。攻防の駆け引きを始め、謎が解けたときの爽快感、先が知りたくなるストーリーなど、全体的にバランスのよさが光る。

週刊ファミ通1522号より

乱舞吉田
ファミ通公式 Switch
8

操作キャラを変更しつつ、個々の特技を活かして道を切り拓いていくのだが、4人の仲間がユニークで、その特技も個性的。アクションアドベンチャーとしてよくできています。歯応えのある、やや高めの難度なので、ライトなプレイヤー層よりも、ゲーム慣れしている人に向いているかな。UIにクセがある点や、エリア切り換え時のロードが長めなところは少し気になったけど、価格以上に楽しめる良作。

週刊ファミ通1522号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

昔の『ゼルダ』シリーズのような謎解きをしながら先を目指す方式でありつつ、4人のキャラそれぞれでできることが違うのがミソ。同じエリアでも、おのおのが異なる特技やギミックを活用し、別の道のりを進むところに、マップの巧みさを感じる。4人が違う目的を持ち、交錯しながらも次第に集まっていく物語の展開もいいね。複数のキャラで、同じような進路を移動させる場面があるのは、やや面倒かな。

週刊ファミ通1522号より

本間ウララ
ファミ通公式 Switch
8

キャラを切り換えての謎解きが秀逸。同じエリアでも、人物によって進むルートが異なるので飽きさせない。目標地点がその都度変わるけど、どこから探索するのも自由というのがいいね。ファストトラベルもできて便利。お話の見せかたも技ありで、4人がなかなか集合せず、それぞれの事情で動く中で協力したり離れたりと、先が気になる展開。キャラのセリフにも味があって、ニヤリとしてしまう。

週刊ファミ通1522号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
異世界に迷い込んだ個性豊かな4人のキャラクターたちを操作し、魔法や穴掘りなどそれぞれの特技を組み合わせて、不思議な遺跡に仕掛けられた謎を解き明かしていく。
発売日
2018年01月18日
価格
1388円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
アクション / RPG / アドベンチャー
メーカー
フライハイワークス
詳細を見る

World to the Westに関連

すべて見る

World to the Westに関連

すべて見る
  1. 1
    『FF7 リバース』パッケージ版のディスク表面の誤表記についてアナウンス。“Play Disc”と“Data Disc”の表記が逆に。商品の対応については検討中
  2. 2
    『エクスアストリス』10時間プレイレビュー。1500円とは思えないほど世界観・戦闘のすべてが濃厚。“白夜”と“極夜”に分かたれた惑星での生活の虜に
  3. 3
    『リコリコ』“千束の銃”が東京マルイから3月14日に発売。スパイク付きのストライクフェイスなどを忠実に再現
  4. 4
    『ぼっち・ざ・ろっく!』ローソンコラボが3月5日より実施。描き下ろしイラスト使用のクリアファイルやステッカー、限定パッケージのお菓子が登場
  5. 5
    『ストリートファイター』×ポッキーのオリジナルゲームに狩野英孝モデルの新キャラ・EIKOが参戦。必殺技はエイコーゴーとローズセレモニー
特設・企画