クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
シリーズ10周年を迎えた最新作は、『VitaminX』から7年後の世界が舞台。私立聖帝学園の理事長代理に就く主人公が、大人になった“B6”たちと、深く熱い愛を育んでいく。
発売日
2018年02月22日
価格
6300円 [税抜]
対応機種
PS Vita
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
ディースリー・パブリッシャー
詳細を見る

VitaminX Destination(ビタミンX デスティネーション)(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS Vita
8

絵柄、キャラ、物語のノリなど、どれもクセが強めで好みが分かれそうだが、この尖った個性こそが大きな魅力となっている。いつでもツッコミかスルーができる“アクションシステム”はおもしろいけど、文章をきちんと読んでいないと、おかしな発言を見落としてしまうので、気が抜けない一面も。でも、おバカなやり取りは愉快。このシステムのチュートリアルがもう少し丁寧だったら、なおよかった。

週刊ファミ通1524号より

菅谷あゆむ
ファミ通公式 PS Vita
8

オープニング曲を聴いただけで滾りました。B6のハチャメチャな個性と作品独自のテンポ感は健在で、10年が経っても色褪せません。ゲーム序盤から、B6のメンバーは主人公に好意を抱いており、エンディングにたどり着くまでずっと甘い展開。波乱の中でときおり見せる紳士な姿にグッときます。物語の盛り上げかたとまとめかたもさすが。回想シーンが多いので、昔を懐かしみながらプレイできました。

週刊ファミ通1524号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS Vita
8

シリーズの集大成とも言える作品で、大人の男性へと成長を遂げたB6メンバーが魅力的。彼らの頼もしくなった姿と、変わらないところの両方が見られるのもいいですね。当時の思い出話だったり、『VitaminZ』でのエピソードもチラホラ出てくるので、遊んだ人はニヤリとするのでは。おなじみのスルーorツッコミシステムも健在ですが、ゲーム中での解説があればよかったな。おまけの再収録はありがたい。

週刊ファミ通1524号より

大吉よる
ファミ通公式 PS Vita
8

年下男子がかわいくてカッコイイ!! 学生時代はおバカでかわいい印象だったキャラクターたちですが、大人になった彼らは、その名残りがありつつも、心身ともにイケメンに成長しています。異性として素直にときめかされるシーンも多く、オススメしやすい作品です。エンディングにも関係してくるアクションシステムは、テキストを注意深く見ていないと見逃してしまうため、集中力と慣れが必要かな。

週刊ファミ通1524号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
シリーズ10周年を迎えた最新作は、『VitaminX』から7年後の世界が舞台。私立聖帝学園の理事長代理に就く主人公が、大人になった“B6”たちと、深く熱い愛を育んでいく。
発売日
2018年02月22日
価格
6300円 [税抜]
対応機種
PS Vita
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
ディースリー・パブリッシャー
詳細を見る

VitaminX Destination(ビタミンX デスティネーション)に関連

すべて見る

VitaminX Destination(ビタミンX デスティネーション)に関連

すべて見る

VitaminX Destination(ビタミンX デスティネーション)に関連

すべて見る
  1. 1
    映画『スーパーマリオ』日本語版の声優は? マリオは宮野真守、クッパは三宅健太。吹替版のトレーラーも公開
  2. 2
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  5. 5
    映画『スーパーマリオ』第2弾トレーラー公開でドンキーコングの登場が決定。ピーチ姫やマリオカート、たぬきマリオの姿も
特設・企画