クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
前作『Life is Strange』の前日譚。16歳の少女クロエとなって、現代社会が抱える問題や等身大の悩みに直面していく。途中の選択によって、物語の内容が変化する。
詳細を見る

Life is Strange: Before the Storm(ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム)(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
7

プレイヤーの選択によって物語の展開が変化するドキドキ感はあるけど、前作で特徴的だった“時間を巻き戻す”というシステム(パズル要素)が失われたぶん、“読んでいるだけ感”が少々強くなった印象も。ストーリーは前作を意識した内容に仕上がっており、ファンアイテムとしては最適だが、初見だと多少のわかりにくさも。相手の言葉尻を捉えて反論するバックトークは論破の気持ちよさが味わえる。

週刊ファミ通1539号より

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
8

女子高生の等身大を丁寧に描くストーリーや、映画やテレビドラマに近い絵作りといった、前作で好評だったポイントは健在。プレイを重ねるほどに、キャラたちに魅力を感じ、愛着が湧いてくる。クロエが相手に悪態をついて場の流れを変える“バックトーク”が、前作でのマックスの“時間巻き戻し”の代わるものとして、いいアクセントに。マックスの登場するボーナスシナリオも、ファンにはうれしいポイント。

週刊ファミ通1539号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

前作のような、時間を巻き戻すといったギミックがなく、前作と比べて物語の衝撃は薄め。だが、前作の主人公のマックスと再会する前のクロエと、レイチェルのエピソードは興味深く、ほろ苦さもある青春を感じさせるムードがいい。展開は、ゆったりしたところもあるかな。売り言葉に買い言葉でトークバトルをするという、クロエの性格が表れているシステムは、ユニークでおもしろみがある。

週刊ファミ通1539号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
8

前日譚のため、前作を未経験でもすんなり入り込める。クロエのやんちゃぶりはなかなか強烈だが、彼女をそうさせた葛藤や苦しみがしっかり描かれていて、グッとくるものがある。レイチェルとの関わりがロードムービーのように綴られていたり、途中で心情に寄り添う楽曲が流れるのもいいね。情報を武器に、相手を言い負かすバックトークは、アドベンチャーでは定番ではあるがクロエらしいシステム。

週刊ファミ通1539号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
前作『Life is Strange』の前日譚。16歳の少女クロエとなって、現代社会が抱える問題や等身大の悩みに直面していく。途中の選択によって、物語の内容が変化する。
詳細を見る

Life is Strange: Before the Storm(ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム)に関連

すべて見る

Life is Strange: Before the Storm(ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム)に関連

すべて見る
  1. 1
    映画『スーパーマリオ』日本語版の声優は? マリオは宮野真守、クッパは三宅健太。吹替版のトレーラーも公開
  2. 2
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  5. 5
    映画『スーパーマリオ』第2弾トレーラー公開でドンキーコングの登場が決定。ピーチ姫やマリオカート、たぬきマリオの姿も
特設・企画