クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
最新のレギュレーションを搭載したシリーズ最新作は、レーサーへの道を追体験する“キャリアモード”に新要素を多数追加。最大で20人までのオンラインマルチプレイが可能。
発売日
2017年09月14日
価格
7980円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
レース
メーカー
ユービーアイソフト
詳細を見る

F1 2017(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
8

“キャリアモード”は前作から引き続き健在。ピットクルーとのコミュニケーションからライバルとの対決まで、臨場感のある各種演出がすばらしく、レーサー人生を気軽に味わえるのが◎。過去に活躍した伝説のマシンの登場は、ファンにはうれしい要素で、現行のマシンと競い合うなど、“IF”の世界が楽しめる。アシスト機能も充実しているが、それでも専門用語や情報量が多く、やや煩雑に感じる面も。

週刊ファミ通1501号より

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
8

最新レギュレーションへの対応はもちろん、『F12013』以来となる“クラシックモード”の復活がうれしい。“キャリアモード”は、仲間とのコミュニケーション描写により、チーム一丸となって勝利を目指している様が実感できるのがよかった。RPGのスキルツリーのように、“リソース・ポイント”を使ってマシンをアップグレードするシステムも○。あとは、ロード時間がもう少し短いと、さらによかった。

週刊ファミ通1501号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

フリー走行の時点から、複数のプラクティスプログラムに挑むといった目的があるのがナイス。ただひたすら走りを追及するレース部分だけでなく、マシン開発の観点や、長期的な目線で見た戦略要素があるなど、ゲーム性を高めつつ、F1というスポーツの醍醐味を多角的に表現しているところが好印象。シリーズの進化の方向性がややコアになっている感もあるが、F1ファンにはうれしい作りではないかと。

週刊ファミ通1501号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
8

収録モードなどは前作から大きく変化しているわけではないけれど、さまざまな調整が加えられている。“キャリアモード”では、マシン開発により踏み込んでいけるようになっていて、スキルツリーのように並ぶ開発メニューが新鮮。エンジンなどを強化するリソースを手に入れるためにお題に挑んだりと、目標がつねに近くにあるのもいいね。往年の名車に乗って、現代のマシンと走り比べるのも楽しい。

週刊ファミ通1501号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
最新のレギュレーションを搭載したシリーズ最新作は、レーサーへの道を追体験する“キャリアモード”に新要素を多数追加。最大で20人までのオンラインマルチプレイが可能。
発売日
2017年09月14日
価格
7980円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
レース
メーカー
ユービーアイソフト
詳細を見る
  1. 1
    映画『スーパーマリオ』日本語版の声優は? マリオは宮野真守、クッパは三宅健太。吹替版のトレーラーも公開
  2. 2
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  3. 3
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  4. 4
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  5. 5
    映画『スーパーマリオ』第2弾トレーラー公開でドンキーコングの登場が決定。ピーチ姫やマリオカート、たぬきマリオの姿も
特設・企画