ユービーアイソフトは、発売中のプレイステーション4、Xbox One用ソフト『F1 2017』について、パッチ1.9の配信を開始した。

 ユービーアイソフトは、発売中のプレイステーション4、Xbox One用ソフト『F1 2017』について、パッチ1.9の配信を開始した。今回のパッチでは、フォトモードの追加や観戦機能の強化など、多岐にわたるアップデートが行われている。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

 ユービーアイソフト株式会社(東京都渋谷区/代表取締役社長スティーヴ・ミラー)は、コードマスターズ制作の新作レーシングゲーム『F1 2017』のパッチ1.9が配信した事を発表いたします。

 パッチ1.9では、ユーザーからのリクエストが多かったマシンやドライバーのデザインを最新版にアップデートした他、シリーズ初搭載のフォトモードや新たな観戦モード「TVスタイル」の導入など多岐にわたります。「TVスタイル」では、テレビで見ているかのように画面がカスタマイズされた観戦モードで、画面の左側に順位やそのほかの情報が映し出されます。映し出される情報は下記となります。

  • 1位とのタイム差
  • 前後方の車とのタイム差
  • 奪った/失ったポジション
  • ファステストラップタイム
  • 現状のタイヤのコンパウンド
  • ピットの中
  • ピットに入った回数

 また、表示される情報を制限する事もできます。

パッチ1.9の主な内容

  • 新たな観戦モード用UIの導入
  • LANモードをPS4版に導入
  • カスタムマルチプレイヤーモードにグリッドエディターを追加.
  • フォトモードをPS4とXBOX ONE版に追加
  • ドライバーと車の外観のアップデート
  • マシンのパフォーマンスレベルのアップデート

※パッチノート

 また、キャリアモードのファーストレースウィークエンドがプレイできる体験モードが近日中に実装されます。この体験モードには、オーストラリアのメルボルンセッションのすべてと、初めてのクラシックインビテーショナルイベントが含まれています。ほかのゲームモードもプレイが可能になります。体験モードのステータスなどは製品版に引き継がれます。