クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
主人公たちが開発したプログラムにより、現実世界がゲーム設定に書き換えられる現象を阻止するべく、ゲーム会社“ジャッジメント7”の個性的な面々が謎の究明に挑む。
発売日
2017年11月09日
価格
6800円 [税抜]
対応機種
PS Vita
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
レッド・エンタテインメント
関連サイト
http://oreowa.jp/index.html
詳細を見る

俺達の世界わ終っている。(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS Vita
8

主人公が所属する“ジャッジメント7”のメンバーがいずれも超個性派で、彼らがくり広げていくドタバタ劇がおもしろく、まるでライトノベルを読んでいるような感覚で楽しめる。本作の魅力は、その部分に集約されていると思います。システム面では、通常のもののほかに、主人公の感情が高ぶったときに選択肢が画面を流れてくる“S.O.S.システム”が特徴で、それが進行の好アクセントになっています。

週刊ファミ通1509号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS Vita
8

“ジャッジメント7”のメンバーが、それぞれキャラが立っており、ドタバタしたやり取りは見ていて楽しい。コメディタッチをベースに進行するけど、緊張感のあるシーンとの緩急もついて、物語に引き込まれます。通常のもの以外に、選択肢が画面の右から左へ流れていき、素早い決断が求められる“S.O.S.システム”があるのも、いいメリハリに。画面上の変化が多くて、見た目の演出にも凝っているね。

週刊ファミ通1509号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS Vita
8

不思議な世界に迷い込む場面が何でもアリの展開で、おもしろい。チームの面々のやり取りも愉快で、どこか居心地がいい。浅草が舞台というのも、情緒があっていいね。少しずつ事の真相に迫りながらも、個々の人物が掘り下げられていて、物語の読み応えは十分。選択肢が配信動画の弾幕コメントのように流れていくシステムは、即断するか、最後まで粘るかのせめぎ合いが絶妙。CGの枚数もなかなかです。

週刊ファミ通1509号より

ジャイアント黒田
ファミ通公式 PS Vita
8

“変態”や“中二”といったキーワードが設定されたメインキャラたちは、クセモノ揃いで魅力的。現実と“新世界”と呼ばれる閉鎖空間が交錯するストーリーも、多くの謎が散りばめられていて引き込まれた。女の子たちとのイベントも用意され、ちょっとした恋愛気分が味わえるのもいい。選択肢が画面を流れていくシステムは、緊張感を与えてくれる反面、選択肢の数が多いとあわただしく感じることも。

週刊ファミ通1509号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
主人公たちが開発したプログラムにより、現実世界がゲーム設定に書き換えられる現象を阻止するべく、ゲーム会社“ジャッジメント7”の個性的な面々が謎の究明に挑む。
発売日
2017年11月09日
価格
6800円 [税抜]
対応機種
PS Vita
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
レッド・エンタテインメント
関連サイト
http://oreowa.jp/index.html
詳細を見る

俺達の世界わ終っている。に関連

すべて見る
  1. 1
    『FF7 リバース』パッケージ版のディスク表面の誤表記についてアナウンス。“Play Disc”と“Data Disc”の表記が逆に。商品の対応については検討中
  2. 2
    『リコリコ』“千束の銃”が東京マルイから3月14日に発売。スパイク付きのストライクフェイスなどを忠実に再現
  3. 3
    『ぼっち・ざ・ろっく!』ローソンコラボが3月5日より実施。描き下ろしイラスト使用のクリアファイルやステッカー、限定パッケージのお菓子が登場
  4. 4
    『エクスアストリス』10時間プレイレビュー。1500円とは思えないほど世界観・戦闘のすべてが濃厚。“白夜”と“極夜”に分かたれた惑星での生活の虜に
  5. 5
    『ストリートファイター』×ポッキーのオリジナルゲームに狩野英孝モデルの新キャラ・EIKOが参戦。必殺技はエイコーゴーとローズセレモニー
特設・企画