クロスレビュー

平均

8.0
うめき声や叫び声が響く、不気味で薄暗い世界を舞台に、全方位から突然襲い掛かるおぞましい異形の怪物たちを倒し、世界が厄災に包まれた原因に迫っていくホラーゲーム。
発売日
2017年02月23日
価格
1850円 [税抜]
対応機種
PS4
ジャンル
アクション / シューティング
メーカー
Phosphor Games
詳細を見る

The Brookhaven Experiment(PS4)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
8

自分はその場に立ったままで、四方八方から迫るゾンビを撃退するというシンプルなゲームデザインだが、VRとの相性が抜群。懐中電灯で照らさないと周囲が見えず、360度どこからゾンビが来るかがわからないシチュエーションが激怖! 主人公が移動しないので、VR酔いしにくい点も好印象。PS Moveモーションコントローラのトラッキングがややブレやすい感もありましたが、没入感を高めてくれます。

週刊ファミ通1474号より

ブンブン丸
ファミ通公式 PS4
8

暗闇から現れるゾンビは非常に怖く、けっこうな恐怖を味わえる。銃を狙って撃つ動作が必要なため、最初は戸惑い、そこにゾンビが迫って来て、さらなるパニックを誘発するという感じだけど、この一連の流れがいいですな。ただ、操作に慣れてきてしまうと、ゾンビを倒すのが若干パターン化されてしまい、マンネリを感じることも。とはいえ、この価格でここまで遊べるなら十分かなと思います。

週刊ファミ通1474号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

定点から移動せず、敵を迎え撃つタイプのシューティングだが、暗闇の中で前後左右から敵が迫って来るのでスリリング。ライトで照らしながら狙いをつけ、優先順位を考えながら、近づいてくる敵を撃退するのは忙しさがあり、手に汗握る戦闘に、思わず熱中。ただ、全体的に難度が高いので、もっとやさしいモードがあれば。移動がないため酔いにくく、比較的長い時間でも遊んでいられるのはいい。

週刊ファミ通1474号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
8

その場で身体の向きを絶えず変え、周囲から襲い来る敵を相手にする設計は、PS VRやPS Moveモーションコントローラと好相性で、新鮮味もあります。ボタンひとつで180°向き直れるのも便利。音と明かりを頼りにゾンビを探すうちに、背後から別の個体が迫っていたりして、思わず叫んでしまうほど。展開はやや単調ですが、退屈しているヒマはなし。1ウェーブの所要時間が適切で、疲れにくかったです。

週刊ファミ通1474号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0
うめき声や叫び声が響く、不気味で薄暗い世界を舞台に、全方位から突然襲い掛かるおぞましい異形の怪物たちを倒し、世界が厄災に包まれた原因に迫っていくホラーゲーム。
発売日
2017年02月23日
価格
1850円 [税抜]
対応機種
PS4
ジャンル
アクション / シューティング
メーカー
Phosphor Games
詳細を見る

The Brookhaven Experimentに関連

すべて見る

The Brookhaven Experimentに関連

すべて見る
  1. 1
    『宝石の国』が次回で完結。2012年から12年間続いた宝石たちの物語、『月刊アフタヌーン』4月発売号掲載の第108話が最終話に
  2. 2
    懐かしのPCゲーム『エアホッケー@GAMEPACK』のブラウザ版が無料公開。新たな対戦相手やランキング機能などを追加して復活
  3. 3
    『ポケモンフレンダ』が7月より順次稼動開始。『ポケモンメザスタ』の後継機で、ツイン筐体はそのままにアクション性をより高めるタッチパネルを搭載
  4. 4
    『フォールアウト76』強そうなレベル500プレイヤーが近づいても怖がらないで。公式の初心者ガイドから分かるアパラチアでのおもてなし
  5. 5
    骨は拾ってやる――『ソウル・コヴェナント』体験プレイ漫画。“死の追体験”を中心とした、VRならではのゲームデザイン。漫画家・酔coが神とのバトルに挑んだ