クロスレビュー

平均

10

6ユーザー

スコア

;">
6.3
広大な世界を、プレイヤーなりのスタイルで自由に冒険していく、シリーズ最新作。さまざまなアイテムを使っての謎解きやダンジョン攻略など、骨太な攻略要素も満載。
発売日
2017年03月03日
価格
6980円 [税抜]
ジャンル
アクション
メーカー
任天堂
詳細を見る

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ブンブン丸
ファミ通公式 Switch
10

フィールドの広大なスケール感や装備品の数々など、オープンワールドとしてのエッセンスをいろいろ取り込みつつも、バトルや謎解きなどの根幹の部分はシリーズの持つ魅力に溢れていて、ハイブリッドな『ゼルダ』に仕上がっている。アニメーションタッチの独特のグラフィック表現も非常に味があり、キャラや物語にグイグイと引き込まれてしまう。できれば大画面でじっくりと楽しみたいですな。

週刊ファミ通1474号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
10

淡いタッチで描かれる幻想的な世界が、とても魅力的。広大で高低差のあるフィールドは、探索の喜びに満ちていて、隅々まで見て回りたくなるほど。戦闘にしろ、移動にしろ、多彩なアプローチが可能で、自分で考えたやりかたで目的を達成できる自由度の高さがおもしろく、みずからの足で冒険している感覚を強く味わえる。“シーカーストーン”の機能を使った謎解きや、バトルへの応用なども楽しめます。

週刊ファミ通1474号より

戸塚伎一
ファミ通公式 Switch
10

物語設定を始め、所持アイテムや特殊能力を駆使してのギミック突破といった部分で、シリーズ作品らしさを押さえつつ、“敵や動物が本当にここで生きている感じ”を、AIと演出の両面で見事に表現しています。邪道なプレイを単に容認するだけでなく、対応するささやかなイベントも用意していたりと、“自分だけの冒険”をしている感覚をあの手この手で盛り上げてくれるこの世界に、驚きしかありません!!

週刊ファミ通1474号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
10

シリーズ特有の、謎解きの楽しさなどを芯としつつ、時代に合った新解釈での『ゼルダの伝説』、といったゲームデザインが秀逸。正解へのアプローチが幾通りもあり、思いつくままに行動しても徒労に終わらず、さまざまな驚きを体験できる手厚さに感服。安心して、好き勝手に冒険できます。ニンテンドースイッチやWii Uらしさこそ、とくに伝わってきませんが、新ハードのローンチにふさわしい傑作。

週刊ファミ通1474号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

NO NAME
Switch 2023-11-26 13:43:45投稿
6

良かった点
ビジュアルの綺麗さ
キャラクターが魅力的

悪かった点
本作はアクションRPGではなくアクションアドベンチャーです
回避がめちゃくちゃめんどくさくてゲームにならない
レベルシステムないのにあきらかに相手の敵との戦力差がある
アビリティスキルシステムが搭載してない
いけるとこといけないとこが結局きまってる
馬システムが呼び出してもでてこない仕様

総評
個人的な感想です
今作面白いといわれてるほどおすすめできません
オープンワールドの自由度と謎解き要素がかみ合わってなくて内容の薄さを引き延ばしている感じ
ストーリーも決してよいものでなく失われた世界を探検していくものぽい
厄災ですでにキャラが死んでいたりがっがり要素もある
FF15でいわれていたオープンワールドではなくオープンフィールドの中だだっ広いとこ歩かされるゲー
ゼルダ発売前のホライゾンのほうが明らかに内容的にも格上
馬システムもRDRのパクリ 塔アンロックシステムはアサシンクリードのまねだけど謎解き要素でめんどくさい
クエストも自然に入ってくるないようでもないし発売時期的にみても新しい要素はかなり少なめ

このゲーム相当やばいと思ったのはオープンワールド勢と旧来ファンの両方どりしたことで
旧来のゼルダファンはアクションゲー得意なすごいゲーマが多いのに対し
オープンワールド勢が求めいるのは敵を倒したことによるアビリティとか手に入る武器装備を求めているので
そのずれでゲーム自体の難易度がすごい敷居が高くなる
逆に旧来のファンはオープンワールドのような自由すぎるゲームは苦手なパターン多い?

やっぱりいわれてたほどゼルダはすごくなかったのという個人的疑問あります

ゼルダ発売後に原神やら幻塔やクラフトピアが出るくらい影響力のあったゲームなのは確かです

ゲーム評論家
Switch 2022-06-10 16:00:36投稿
2

良かった点
攻略手順が自由なのは良いですね

悪かった点
リンクの服が緑じゃなかったりゼルダの顔や髪型が違うなど色々と違和感があります
今までのようなダンジョンで新しい武器を手に入れてそれを使って進んでボスを倒す、
というような流れが楽しめないのは残念でした
武器の耐久度があったりハートの器がないのもゼルダらしくありませんでした

総評
ゼルダっぽさがないのが気になりました

モグモグ
Switch 2022-06-03 19:36:33投稿
2

良かった点
空を滑空できるのは良い

悪かった点
マップが無駄に広く移動が大変で、その割には町が少なく
似たような景色や遺跡ばかりなのはつまらないと感じた。
また、武器が壊れるのは邪魔で、攻撃アクションは種類が少なく
レベルがなく敵を倒す意味があまりないのは駄目だと思った。

総評
ゼルダの当たり前を見直したということだが、これなら見直さず
今まで通りのゼルダにして欲しかったと思った。

キャス
Switch 2018-02-10 20:28:41投稿
8

良かった点
下記以外の全て。仕事から帰る→充電が切れるまでゼルダをやる→寝る。この繰り返し。当分この生活が続きそう。

悪かった点
ジャイロの強制。これだけは絶対に必要なかった。開発者の自己満足で自由な世界の中で不自由を強いる必要は全くなかった。しかもそこまで精密な反応をする訳ではないので余計にそう感じる。

総評
それ以外が素晴らしいので尚更悪いところが気になってしまう。どうです?素晴らしい機能でしょ?と押し付けられている感じ。

ayanka141
Switch 2018-02-10 18:01:49投稿
10

良かった点
とにかく広いマップも無駄がない。
何通りでもあるプレイ方法とクリア方法に悩むことが楽しかったです。
エキスパンションパス限定ですが、マスターバイク零式の爽快感が良かったです。

悪かった点
携帯モードでの電車プレイではジャイロが効きすぎてジャイロでの操作が必要な一部の祠では難易度が高すぎることも。
最初は耐久力がある武器防具に躊躇しました。

総評
購入時にエキスパンションパスをすぐに導入しての評価となりますが、とにかくボリュームが多く、かつ没頭できました。(全900あるコログは200程度しか回収しませんでしたが、125時間プレイしました)
最初はいきなり広大なマップに放り出されますが、発見が楽しくのんびりプレイできました。
最終的にはクリアして終わりたくない気持ちでプレイを終了しました。
ゼルダは全作安心して遊べますね♪

Speck0
Switch 2017-05-20 11:57:31投稿
10

良かった点
ゲーム性はゼルダの伝説です、解説の必要はないでしょう
目立った真新しさはありませんが決して外さない伝家の宝刀

世界初の3Dオープンフィールドと名高い『ゼルダの伝説 時のオカリナ』のハイラル平原をベースに
その100年後を描いた作品

やってみてとにかく凄いと感じたのは
世界中のオープンワールドゲームの中で歴代で3番目に広いフィールドというふざけた広さでマップを全て解放するだけでも一苦労です

しかもただ広いだけではなくフィールドに非常に高低差があり
さらにゲーム内のほぼ全ての壁を登ることが可能です(こういうゲームは多分今までにないです)
高いところに上ったり、そこをパラセールで滑空する事によって生まれる世界の空間の広さは圧巻です

さらに驚異的な物理演算で岩を転がしたり、武器を適当に捨ててもちゃんと物が落ち、バグがない
全体的に異常なバグの少なさです
完成度が非常に高い

隠し要素も十分あり、やりこみ要素も厄災ガノンを倒すのにこんなに強くなる必要ないだろうというほどあります

そしてなにより忘れてはならないのが
このゲームが“ニンテンドースイッチのゲームだ”と言うことです
このとんでもない規模のゲームを持ち運んで外で気軽にプレイすることができる・・・
そんな新常識

この『ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド』というゲームそのものがスイッチの性能の高さを表しており
このゲームをスイッチのロンチで出してきた事は流石と言わざるを得ません
さすが任天堂

悪かった点
ほとんどありません
任天堂らしい完成されたデザインです

・リンクのデザインがダサい
ダサいです
なんでカッコいいリンクからわざわざ変えたのかよくわからない
トゥーン調にするんでももうちょっとやりようあったと思う

・なぜオカリナをなくしてしまったんでしょう?
なぜいつからかオカリナを持たせるのをやめてしまったのでしょうか?
私はずっと待ち望んでいますよ

・料理のCGもあればよかった
やっぱり空を食べてるのは変です

総評
Nintendo Switchというゲーム機を売らなければならない
売るには当然発売日がもっとも肝心で
任天堂のこの先数年の社運がかかってると言っても過言ではない

その発売日に任天堂が出してきたのがこの『ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド』

その他は性能デモ系タイトル1.2 Switch以外はすでにPS4で出ているマルチタイトルとリメイクタイトルでだけで実質本体売り上げに直結するタイトルはこの一本のみ

にもかかわらず
ユーザーの心を一撃で射止めてくるその嗅覚とバランス力は流石と言わざるを得ない
素晴らしいゲーム

クロスレビュー

平均

10

6ユーザー

スコア

;">
6.3
広大な世界を、プレイヤーなりのスタイルで自由に冒険していく、シリーズ最新作。さまざまなアイテムを使っての謎解きやダンジョン攻略など、骨太な攻略要素も満載。
発売日
2017年03月03日
価格
6980円 [税抜]
ジャンル
アクション
メーカー
任天堂
詳細を見る

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドに関連

すべて見る

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドに関連

すべて見る
  1. 1
    “カービィカフェ”の新しいグランドメニューが3月1日より提供開始。ローストビーフ丼はカービィのかわいいランチボックス付き
  2. 2
    『アイマス』シリーズ6つ目となる新ブランドの発表会が3月5日に開催決定。ティザー映像も公開
  3. 3
    『アークナイツ』開発のHypergryphの新作『エクスアストリス』が明日(2/27)リリース。買い切り型のスマートフォン用ゲーム
  4. 4
    【最大70%OFF】Kindle新生活セール開催中。『アイアムアヒーロー』などがお買い得。『ドラゴン桜』は1巻11円、『ぬきたし』は1巻1円に!
  5. 5
    『龍が如く8』ツッコミどころ満載かと思ったら、春日の熱き言動と桐生の人生に泣かされる。サブ要素まで体験し尽さないと損な理由