ロケットを動かすのに必要なエネルギーを集めるため、タッチペンを使ってさまざまな種類のピクミンを操作し、仕掛けを解き明かしていく、横スクロールアクション。
発売日
2017年07月13日
価格
4980円 [税抜]
対応機種
3DS
ジャンル
アクション
メーカー
任天堂
詳細を見る

Hey! ピクミンのレビュー・評価・感想

ローリング内沢
ファミ通公式 3DS
9

横スクロールアクションになったが、シリーズ特有の、ピクミンたちを集めて指示を出し、道を切り開くというおもしろさは変わらず。タッチペンでの直感的な操作も相まって、手を動かす爽快さが味わえる。上下2画面を活かした各種演出やギミックはよく練られており、ときにはシューティングゲーム的な醍醐味もあるのは驚き。ピクミンたちの動きやリアクションは非常によくて、見た目もにぎやか。

週刊ファミ通1492号より

乱舞吉田
ファミ通公式 3DS
8

見下ろし視点から横スクロールのアクションに変更になりましたが、『ピクミン』ならではの魅力やおもしろさは本作でも健在。オリマーの指示に、けなげに従うピクミンたちの仕草が、相変わらずキュートです。進行ルートが明確なので、シリーズ過去作と比べて、ライトユーザーがより遊びやすい作りになっています。隠されたルートやお宝を探す楽しみもあるので、幅広い層のプレイヤーが楽しめるかと。

週刊ファミ通1492号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 3DS
8

シリーズの特徴を受け継ぎつつ、シンプルめの横スクロールアクションで、操作も簡単になるなど、より幅広い層が気軽に遊べる仕様に。タッチ操作でピクミンを投げる方向を決めるのはわかりやすく、ポンポンと連続して投げるのが何気に爽快。お宝をどうやって回収するかに頭を使わされるのはおもしろく、ピクミンを1匹も減らさないでのクリアーや、お宝の全回収などを目指すと、歯応えも増します。

週刊ファミ通1492号より

本間ウララ
ファミ通公式 3DS
8

健気に働いてくれる姿はもちろん、各ステージにピクミンの生態が見られるひとコマがあって、愛おしくなる。上下の画面にまたがって描かれるステージは、広がりが感じられるし、お宝の隠し場所も絶妙。タッチ操作でピクミンを狙い通りに投げられるので、突然の敵にも対処しやすく、犠牲を減らせるのはありがたい。見つけたお宝につけられたヘンテコな名前や、図鑑のコメントを見るのも楽しいね。

週刊ファミ通1492号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

ロケットを動かすのに必要なエネルギーを集めるため、タッチペンを使ってさまざまな種類のピクミンを操作し、仕掛けを解き明かしていく、横スクロールアクション。
発売日
2017年07月13日
価格
4980円 [税抜]
対応機種
3DS
ジャンル
アクション
メーカー
任天堂
詳細を見る

Hey! ピクミンに関連

すべて見る

Hey! ピクミンに関連

すべて見る
  1. 1
    【FGO】結末投票の公式中間ランキングが発表!鳴鳳荘イベントで人気を集めた考察は?
  2. 2
    ニクい演出の数々にプロデューサーたちは大歓喜!! 『アイマス ミリオンライブ!』6thライブツアー“神戸Princess STATION”2日目リポート
  3. 3
    成り上がるのは誰? PS4『龍が如く最新作』助演女優オーディションの2次審査が開催
  4. 4
    脱衣麻雀『スーパーリアル麻雀P6』Switch版の画面写真を独占先行公開。ミニゲームの写真も!
  5. 5
    『アイマス ミリシタ』にジュリアの楽曲『流星群』が追加。ギタープレイのモーションアクターは“あの人”