クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
“白の世界”の主人公・愛日梨と、“黒の世界”の主人公にして女王・ルナのダブル主人公。“アリス”という特別な血を持つふたりが、ふたつの世界を舞台に、運命に翻弄されていく。
発売日
2017年06月08日
価格
6300円 [税抜]
対応機種
PS Vita
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
アイディアファクトリー
詳細を見る

白と黒のアリス(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS Vita
8

ふたりの主人公と、白と黒の世界を舞台にした物語に興味をそそられる。ファンタジックな雰囲気の中にダークな部分もあって、趣きの異なる複数のエンディングが見られるのが○。主人公が攻略対象の男性を吸血するというシチュエーションは新鮮味があるし、その反応の描写が濃厚なのもグッド。好感度の設定も可能なチャプター選択機能や、つぎの選択肢までのスキップなどがあり、周回プレイも快適。

週刊ファミ通1487号より

菅谷あゆむ
ファミ通公式 PS Vita
8

白と黒の世界で設定と主人公が異なるため、多彩な角度から楽しめる作品。個性的な攻略対象は、それぞれ物語がまったく違い、キャラクターどうしの掛け合いやイラストの差分も多いので、物語に没入しやすい。彼視点の物語の多さも◎。ただ、題材が『不思議の国のアリス』という奇妙な世界ゆえか、展開が唐突で一方的に感じられる点も。設定や素材がいいだけに、もっと活かして丁寧に描いてほしかった。

週刊ファミ通1487号より

戸塚伎一
ファミ通公式 PS Vita
7

彩色が美しいグラフィックの魅力が、ちょっとした画面演出によって引き立てられ、仕掛け絵本を読んでいるかのようなプレイ感覚を味わえます。サブストーリーやバッドエンドなど、メルヘンと不穏さが表裏一体となった物語世界のムードをより楽しむための要素が、多数用意されているのもいいですね。個々のルートできれいにまとまっているぶん、全体を通しては、よくも悪くもあっさりした印象です。

週刊ファミ通1487号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS Vita
8

選んだ主人公により、舞台や人間関係、さらには感情の動きまで、異なる体験ができるのがステキ。オーソドックスな作りながら、主人公によって結末が大きく変わり、グッドエンドの“グッド”の意味合いまで違ってくるマルチエンディングにはゲーム性を感じました。主人公の行動や血の設定など、ちょっと説明不足に思える部分もありますが、“アリス”というテーマについて回る狂気はよく感じ取れます。

週刊ファミ通1487号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
“白の世界”の主人公・愛日梨と、“黒の世界”の主人公にして女王・ルナのダブル主人公。“アリス”という特別な血を持つふたりが、ふたつの世界を舞台に、運命に翻弄されていく。
発売日
2017年06月08日
価格
6300円 [税抜]
対応機種
PS Vita
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
アイディアファクトリー
詳細を見る

白と黒のアリスに関連

すべて見る
  1. 1
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  2. 2
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『フロントミッション』リメイク版の発売元がスクエニではない理由。「原作の雰囲気が保たれたタイトルになると期待し、リメイク権を許諾した」
  5. 5
    【ポケモンSV攻略】準伝説ポケモンの捕獲方法、杭の場所【スカーレット・バイオレット】
特設・企画