クロスレビュー

平均

9.3

ユーザー

スコア

;">
-
シリーズ最新作ではコントロール性がさらに追究され、思い通りの臨場感溢れるサッカーを堪能できる。各モードにも新要素が多数追加。オンラインでのマルチプレイに対応。
発売日
2016年09月15日
価格
7600円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
スポーツ
メーカー
KONAMI
詳細を見る

ウイニングイレブン 2017(PS4)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
9

質の高いグラフィックや選手のリアルな動き、充実したモードがもたらす遊び応えといったシリーズの魅力は、本作でも健在。プレミアムパートナー契約の締結で、FC バルセロナの選手が激似になったほか、選手の態勢や向きでパスの質が変化、ゴールキーパーのモーションが多数追加されるなど、進化ポイントが満載なのも○。発売当日から、ネット接続による最新選手データ更新に対応したのもうれしい。

週刊ファミ通1449号より

ブンブン丸
ファミ通公式 PS4
10

フライスルーパスやスライディング、ゴールキーパーなど、前作であまり印象のよくなかった部分が改善された感じ。とくに、AIの動きがかなり変わり、攻撃の形の幅がかなり広がりそう。収録されたクラブのうちのいくつかが、架空のものなのはちょっと残念だけど、それを差し引いても魅力的ですな。サッカーゲームで、対戦するということに重きを置くのなら、かなりの仕上がりだと思います。

週刊ファミ通1449号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
9

攻撃時と守備時、それぞれの場面に合わせてチーム全体の戦術を設定できる“コンセプトアレンジ”を切り換え、選手の動きに変化を出せるほか、“攻守レベル”を調節してそれぞれのバランスを変えることで、より自分が思い描いた作戦でプレイしやすくなっているのがいい。AIが賢く、試合の流れに対応してくるため、ワンパターンの戦法が通用しにくいのもナイス。ゴールキーパーの存在感もアップしている。

週刊ファミ通1449号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
9

本作でも、日本代表チームで遊べるのがうれしい。グラフィックの質感がさらに向上し、選手のそっくり度も増した印象。操作はシンプルかつ直感的で、シリーズ未体験の人とでも、すぐ対戦を楽しめそうな遊びやすさ。ゴールキーパーは、セカンドボールなどに対する反応が確かによくなった感じ。現実のデータが毎週反映される点は、今回のレビュー期間中には確認できませんでしたが、楽しみな要素です。

週刊ファミ通1449号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

9.3

ユーザー

スコア

;">
-
シリーズ最新作ではコントロール性がさらに追究され、思い通りの臨場感溢れるサッカーを堪能できる。各モードにも新要素が多数追加。オンラインでのマルチプレイに対応。
発売日
2016年09月15日
価格
7600円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
スポーツ
メーカー
KONAMI
詳細を見る

ウイニングイレブン 2017に関連

すべて見る

ウイニングイレブン 2017に関連

すべて見る
  1. 1
    『小林さんちのメイドラゴン 』がSwitch/PS4向けに初のゲーム化! まさかの本格シューティングとして2022年春発売【先出し週刊ファミ通】
  2. 2
    一番くじ『鬼滅の刃 ~刃を振るい心を燃やせ~』が10月23日発売。炭治郎、禰豆子、煉獄、魘夢、猗窩座のフィギュアがラインアップ
  3. 3
    ゲーム『ウマ娘』ガチャでハロウィン衣装のライスシャワー&スーパークリークが登場。サポートカードはSSRタマモクロス、SSRゼンノロブロイが初登場
  4. 4
    USJ“スーパーニンテンドーワールド”に『ドンキーコング』エリアの拡張が決定。2024年開業予定
  5. 5
    『リレイヤー』新作ロボットシミュレーションRPGの発売日が2022年2月17日に決定。ヘイトなどバトルシステムの詳細も公開【先出し週刊ファミ通】
特設・企画