クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
『DARK FATE』のその後を描くシリーズ最新作。逆巻家の兄弟たちが受け継いだ強大な力を発端に、人間界で起こる殺人事件と、新たに登場したヴァンパイア、キノの謎に迫る。
発売日
2017年02月16日
価格
6300円 [税抜]
対応機種
PS Vita
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
アイディアファクトリー
詳細を見る

ディアボリックラヴァーズ ロストエデン(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS Vita
8

“攻略対象キャラが全員ドS”という、シリーズの特徴は健在。この手のノリが好きな人にはたまらない内容となっている。各キャラが、俺様ドS、粘着系ドS、暴愛系ドS、鬼畜系ドSといったように細分化されているところがユニーク。ほかの作品と比べると、攻略対象キャラが13人と多くてボリューム満点。家族を選んでから個別ルートに入るために、お目当てのキャラの話が楽しみやすい構成もよかった。

週刊ファミ通1471号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS Vita
8

人気声優が演じる攻略対象キャラの数がさらに増えて、さらにゴージャスに。これまでのシリーズ作品のようにシチュエーションを楽しめつつも、シナリオに比重を置いた作りで、物語に進展が見られるのも興味深い。複数あるエンディングの中には、切ないものや痛ましい結末もあるが、そういった展開にも心惹かれます。スチルの特定部分をタッチすると、特別なボイスが聞ける仕様も、相変わらずいい。

週刊ファミ通1471号より

菅谷あゆむ
ファミ通公式 PS Vita
9

カールハインツの力の継承とキノの登場によって、物語にさらに厚みが増し、大波乱の展開。キャラクターどうしの掛け合いも多く、引き込まれる内容です。ドS全開の吸血シーンも相変わらず超濃厚で、息多めの声優陣の演技には腰が砕ける覚悟が必要。いつも通り安定した作りではありますが、モリモリの要素をギュッと詰め込んだためか、駆け足で都合よく展開していく印象。次回作への布石という感じも。

週刊ファミ通1471号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS Vita
8

キノに加え、新たな勢力や魔界の事情が判明し、物語のスケールが大きくなっています。ルートによっては強引な結末もあるけど、バッドエンドが切ないぶん、ハッピーエンドにはホッとするね。キノの、誰彼かまわず煽っていく若さとワガママなところが、次第にかわいらしく思えてきたり。ドSっぷりも、シリーズの原点に回帰したようで新鮮。従来のキャラが協力する場面も、ファンにはうれしい要素。

週刊ファミ通1471号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
『DARK FATE』のその後を描くシリーズ最新作。逆巻家の兄弟たちが受け継いだ強大な力を発端に、人間界で起こる殺人事件と、新たに登場したヴァンパイア、キノの謎に迫る。
発売日
2017年02月16日
価格
6300円 [税抜]
対応機種
PS Vita
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
アイディアファクトリー
詳細を見る

ディアボリックラヴァーズ ロストエデンに関連

すべて見る
  1. 1
    一番くじ『ゴジラvsコング』が再販スタート。A賞はゴジラ造形の第一人者・酒井ゆうじ氏が原型、彩色を担当したゴジラのハイクオリティフィギュア
  2. 2
    『テイルズ オブ アライズ』の新アニメPVが制作中。リンウェル、ロウ、キサラ、テュオハリムの姿が描かれた先行カットを掲載!
  3. 3
    『RO』4次職は秋実装、Yggdrasillのアップデートで遊びの幅が拡充。20周年目前の運営チームインタビュー「地雷を踏み抜いてきました。今後も踏むくらいの勢いで」
  4. 4
    『原神』鍾離、タルタリヤ、甘雨、刻晴、魈をイメージしたフレグランスが登場。primaniacsオンラインショップで予約受付中
  5. 5
    『Death’s Door』死神のカラスが扉を越えて魂を狩り尽くすアクションアドベンチャー【とっておきインディー】