クロスレビュー

平均

8.0
『戦場のヴァルキュリア』シリーズのイズムを継承する作品。帝国からの独立と解放を掲げ、祖国を勝利に導いた若者たち。じつは私怨に駆られた復讐者だった彼らの物語を描く。
発売日
2017年01月19日
価格
7990円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
RPG
メーカー
セガ
詳細を見る

蒼き革命のヴァルキュリア(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
7

PS4版に比べて、PS Vita版はけっこう差があるものの、独特のグラフィック演出は目でも楽しめる。バトルは、アクションとRPGの中間のようなシステムだが、どっちつかずの印象も。敵味方を問わず、兵士の感情を揺さぶれたり、兵科(特性)の異なるキャラを切り換えて攻撃するといった戦術が味わえる反面、意外と力押しで敵を倒せる場面も多く、さまざまなギミックを活かしきれていない感もあった。

週刊ファミ通1467号より

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
8

新たなシリーズということで、『戦場のヴァルキュリア』とは異なるアプローチが随所に感じられる意欲作。なかでも、戦況によって、リアルタイムで味方が優勢になったり敵が弱体化するバトルシステムを始め、ミッションの結果で変化する街の活気、夜の戦場に出現するヴァルキュリアの恐怖演出など、本作ならではの魅力が光る。やり込み要素が豊富なので、プレイを重ねるほど、おもしろさが増します。

週刊ファミ通1467号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
9

歴史を紐解くように進められる展開は興味深く、魅力あるキャラが戦時下でくり広げる人間ドラマに引き込まれる。イベントシーンが長く、もう少しテンポがよければと思う部分はあるが、物語は見応えあり。戦闘システムは、アクションの爽快さと、じっくり考えながら戦うコマンドバトルが融合して、双方のよさが感じられる作り。戦闘においての、“感情”がもたらす影響も、戦略性と臨場感を増している。

週刊ファミ通1467号より

梅園ウララ
ファミ通公式 PS4
8

歴史を紐解いていくストーリー演出がステキ。衝撃の展開や、仲間たちとのイベントにも引き込まれます。ただ、若干カットシーンが続きがちな印象。バトルは、アクションとコマンドRPGの融合でありながら、戦いかた次第で戦況が変化するシミュレーション要素もあるのがおもしろい。夜に出現する、圧倒的な強さのヴァルキュリアの恐怖もいいスパイス。PS4版は、紙の風合いの描画が味わえるのも魅力。

週刊ファミ通1467号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0
『戦場のヴァルキュリア』シリーズのイズムを継承する作品。帝国からの独立と解放を掲げ、祖国を勝利に導いた若者たち。じつは私怨に駆られた復讐者だった彼らの物語を描く。
発売日
2017年01月19日
価格
7990円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
RPG
メーカー
セガ
詳細を見る

蒼き革命のヴァルキュリアに関連

すべて見る

蒼き革命のヴァルキュリアに関連

すべて見る
  1. 1
    映画『GAME KING 高橋名人VS毛利名人 激突!大決戦』が公開された日。高橋名人は連打でスイカを破壊し、毛利名人は屋上でトランプタワーを組み立てる【今日は何の日?】