腕利きの傭兵として、いけにえの宿命を背負った少女セツナとともに、儀式が行われる“最果ての地”を目指す。RPGが隆盛を極めた1990年代のテイストを追求した作品。
発売日
2016年02月18日
価格
4800円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
RPG
メーカー
スクウェア・エニックス
詳細を見る

いけにえと雪のセツナのレビュー・評価・感想

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
8

開発コンセプトとして掲げられている“1990年代の古きよき時代のRPG”を、まさに具現化した作品。雪原をメインとした味わい深いグラフィック、切なさを感じさせるストーリー、ピアノの音色によるBGMなどが、本作ならではの素敵な雰囲気を醸し出している。“ATB(アクティブタイムバトル)”を核に、“刹那システム”や“シンギュラリティ発動”などで味付けされたバトルも、安定したおもしろさがあります。

週刊ファミ通1419号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

古きよきRPGを思わせる作りなので、目新しさはあまり感じないが、切ない雰囲気のストーリーは先が気になるし、テンポよく進行するのも好印象。世界観にマッチしたBGMも、じつに魅力的。『クロノ・トリガー』をベースにしたバトルシステムはとっつきやすく、“法石”によるカスタマイズ要素と、それを考えながら活用する“刹那システム”の戦略性もいい。手に取りやすい、控えめな価格設定もありがたい。

週刊ファミ通1419号より

戸塚伎一
ファミ通公式 PS4
8

ピアノの独奏のBGMに象徴されるゲーム世界は、表面的な静けさの中に熱い感情の流れが感じられる、オトナなムードが満点。フィールド構造や戦闘バランスもさほど難しくなく、ストーリー重視で肩の力を抜いてプレイできるところも、ある意味で成人向けといえます。戦闘のテンポはややゆっくりめですが、“刹那システム”や“シンギュラリティ発動”などの要素によって、飽きさせない作りになっています。

週刊ファミ通1419号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
8

雪の風景と、ピアノ曲による独特の静けさが心に残る作品。きびしい吹雪、静かに降り続く夜、一面の白がまぶしい朝など、表情を変える銀世界が印象的。禁忌に目をつむる善良な人々、純粋ないけにえの少女、正体不明の主人公が織り成す物語にも興味を引かれます。頻繁な読み込みなど、町での行動が若干面倒な感触。昔ながらの設計といま風の要素は好バランスな反面、特色が薄れているのが惜しい。

週刊ファミ通1419号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

neterude
PS4 2016-02-25 11:40:04投稿
9

良かった点
 音楽がまず良い。 音楽のイメージ通りのゲームだと思います。 私みたいなライトゲーマーでもクリアできた点が好印象。 ストーリーも切なかったけど楽しめました。 RPGのエンディングを見たのは久し振りだったので感慨深い想いです。

悪かった点
 ゲームの肝心な部分のセツナシステムが使いづらいのが残念。 セーブポイントが多ければ嬉しかったなと思う。

総評
 気軽にプレイできるRPGが少なくなった中、20時間位でクリアできて、なおかつ難しくない。 実はこれはとっても大切な事で、RPG初心者やライトゲーマーが楽しめるRPGが今本当に少ない。 「RPGはやりたいけど、難しいからやらない」「時間がないからやらない」等、難しいゲームばかりではゲーム産業は衰退していく一方だと思う。 手軽だけど楽しい感動するRPGを待ってる人達がいる事を忘れないでほしい。

トットテルリ
PS4 2016-02-20 14:02:47投稿
9

良かった点
【クリアまでテンポ良く楽しめるちょうどいいボリューム】
クリア時間はざっくり20時間くらいだろうか?(ゲーム内にプレイ時間表記がないため体感です)
30時間、40時間もかかるRPGに比べたら短く感じるも、ボリュームはそこまで少ないとは感じなかった。

むしろ『○○時間も遊べます!』というゲームにありがちな時間稼ぎ要素だったり、最低突破レベルのためのレベル上げ必須な難易度でもないのでクリアまで一切飽きずに楽しめる!

仕事や勉強に忙しい方にこそプレイして欲しい!



【戦闘はATBと連携をベースにちょっとした味付け】
戦闘はATBでクロノトリガーにあった2人もしくは3人で特殊なスキルを使う連携をベースに、ちょっとした要素である刹那システムとシンギュラリティというものがある。


刹那システムは戦闘中の蓄積されるゲージがキャラ毎にあり、攻撃やスキルなどのコマンド選択時に刹那を発動させると、追加ダメージや特殊効果が発生する。

これにより雑魚戦はサクサク倒せるし、ボス戦は戦略をもって戦うことが出来るのが楽しい。


シンギュラリティはランダムで戦闘中に発生するボーナスタイム。SPが発生しやすくなるとかクリティカルが発動しやすくなるなど。

シンギュラリティも任意で発動できる特別なアイテムやスキルがあるのかは不明だが、現状でも味付け程度と考えればこれくらいでアリ。



【図鑑が豊富】
図鑑で様々な情報が見れ、世界観など細かい部分が見れて楽しい。
他にも敵の情報や落とすアイテム、上記のスキルや刹那システムを使った場合の効果なども見れるので重宝する。



【開発室がある】
これを作ってくれたこだわりがすごい好み★
ここだけドット絵にしてたりと地味に細かい配慮で嬉しい。

悪かった点
【クロノトリガーを宣伝に使ったためにハードルが上がってる】
ワールドマップ、ATB、連携、技名くらいで留めておいてプレイヤーから『クロノトリガー意識しすぎでしょ!?』くらいのツッコミにしておけばいいものを、宣伝に堂々とクロノトリガーを出したせいで変にハードルが上がったりしてた気がする。

せっかく良作なのだから、もう少し大事にして欲しい。



【ワールドマップがない】
普段の移動くらいはいいのだが飛空艇に乗ってからはワールドマップがないのは不便。
ゲーム内に用意されてなければ普通は説明書などにも書かれているのだが、昨今の説明書と一緒でボタン配置くらいしか説明書の記載がない。



【料理レシピはもう少しわかりやすくして欲しい】
レシピ貰えるのが、必要な素材を持っている状態でNPCに話しかけた場合に発生するので、誰がとかどの素材が……とかは常に不明。
ここはレシピだけ貰って、素材さえ道中で集めれば各町の酒場で貰える……という形にして欲しい。

総評
PS4版にてプレイ。
とにかくRPGが好きな人なら是非ともプレイして欲しい良作です★

テンポ良く進めるシステムと切ないストーリー、戦いやすいバトルシステムとちょうどいい戦闘難易度。


ワールドマップの歩き移動の遅さや宿屋がない部分だったり、ダンジョンに若干使い回し感があったりと『んー、悪いところというレベルではないけど……』と気になる部分はあるものの、新作のRPGとして考えれば些細なこと。


むしろ変に不自由なところないよね?と懸念はしてたものの、細かい部分はちゃんと遊びやすくなっているところは好印象でした。

例えば良いところにわざわざあげるほどではないと省いていましたが、パーティメンバーが3人以上になった際の控えメンバーへの経験値は一応半分くらい入る仕組みだったり。

レベルアップによるHPMPの全回復だったり。

パーティから主人公とヒロインも自由に外せる自由度だったり。

パーティも、一時的にメンバーが離れたりと他のメンバーも使うようなシナリオ上の仕組みだったり(ここは個人的にもっともっと欲しかったですが。ここからここの区間は、このメンバーで強制!みたいな)。


こういう細かい部分も、昔のゲームだと遊びにくくなってたりしますからね。特に控えメンバーに全く経験値行かない仕様だと育成が面倒なので、そこだけは本当助かりました(笑)



個人的には据え置きでテレビに繋げて楽しめるRPGを新作でほっこり楽しめたということが1番感慨深いですね。
90年代のRPGを好きな大人の方だけでなく、システムも奇をてらったようなものではないので、今の10代の子達にも是非とも触って欲しいなと感じる作品でした!


PS4でこの低価格。変にムービーを入れて開発期間が長くなるよりも、これくらいの規模のものを年に1本くらいのペースで出して欲しいくらいです★


可能であれば今回のいけにえと雪のセツナの続編でなくとも、このATBと刹那システムを取り入れた作品をまたプレイしてみたいです!

腕利きの傭兵として、いけにえの宿命を背負った少女セツナとともに、儀式が行われる“最果ての地”を目指す。RPGが隆盛を極めた1990年代のテイストを追求した作品。
発売日
2016年02月18日
価格
4800円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
RPG
メーカー
スクウェア・エニックス
詳細を見る

いけにえと雪のセツナに関連

すべて見る

いけにえと雪のセツナに関連

すべて見る
  1. 1
    【FGO】本日7/20よりサバフェス一番くじ発売! ラストワン賞は謎のヒロインXXちょこのっこフィギュア
  2. 2
    【FGOフェス】描き下ろしサーヴァントは全39騎! 公式グッズ情報が大量解禁
  3. 3
    【Fate】TYPE-MOON Racingアルトリアら3騎の新イラスト公開。ねんどろいど化も決定
  4. 4
    『オーバーウォッチ』と『PUBG』の元プロゲーマー・Vaderがバンダイナムコオンラインの開発スタッフに。プロの視点はゲーム作りに役立つのか?
  5. 5
    『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』の2対2対戦モード“Gunfight”の映像が公開。同装備でスタートして相手を倒すラウンド制マッチ