クロスレビュー

平均

8.0
セガの往年の名作に新要素を加え、3D立体視化にも対応させたシリーズの第2弾。7タイトルが収録されているほか、ボーナスとしてマスターシステム版のタイトルも収録。
詳細を見る

セガ3D復刻アーカイブス2(3DS)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 3DS
8

ダウンロード版としてリリースされている作品をまとめてパッケージ化。新規タイトルとして『パワードリフト』と『ぷよぷよ通』が追加されているのはお得感がある。3D立体視への対応のみならず、作品によっては新要素も追加されるなど、単なるノスタルジーの心地よさだけではなく、新鮮さも味わえる。“セガ愛”に満ちたクレジット画面の演出は、ファンにはうれしいデキ。遊びやすさを意識した作りもいい。

週刊ファミ通1411号より

乱舞吉田
ファミ通公式 3DS
8

アクションにレース、シューティング、パズルと、収録タイトルがバラエティーに富んでいる。ベタな移植に留まらず、3D立体視への対応や難易度“ベリーイージー”の追加といった改良や改善がなされているところに、レトロゲームへのこだわりと愛が感じられる。セガファンにとって、満足度の高い内容だと思う。ボーナス収録のマスターシステム版『メイズウォーカー』は、マニアが喜ぶ渋いセレクトですね。

週刊ファミ通1411号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 3DS
8

各タイトルは、3D立体視への対応で臨場感が増しており、『パワードリフト』などはコースがより立体的に感じられて、かなりの迫力。オリジナル版にはない要素が追加されていたり、より簡単な難易度が用意されるなど、単なる移植にとどまっていない配慮がうれしい。ムービング筐体の、動きだけではなく駆動音までオンにできるというこだわりの仕様は、当時遊んでいた人には懐かしさも感じられて○。

週刊ファミ通1411号より

梅園ウララ
ファミ通公式 3DS
8

収録された、アーケードや据え置きゲーム機の名作は、なかなか濃いラインアップ。それを携帯機で手軽に、気分で切り換えつつ遊べるのは、なんとも贅沢。原作の再現だけでなく、下画面で便利なレーダーが見られたり、当時をしのばせる演出がある小技もいい。設定画面は細かいけれど、見やすくて好印象。作品によっては通信プレイにも対応というのがいいね。前作との連動も、所有者にはうれしい。

週刊ファミ通1411号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0
セガの往年の名作に新要素を加え、3D立体視化にも対応させたシリーズの第2弾。7タイトルが収録されているほか、ボーナスとしてマスターシステム版のタイトルも収録。
詳細を見る

セガ3D復刻アーカイブス2に関連

すべて見る

セガ3D復刻アーカイブス2に関連

すべて見る
  1. 1
    【ドラクエの日2023】発表まとめ。『DQM』新作や『ダイの大冒険』アクションRPG続報、ロトの兜飾り予約開始ほか【ドラゴンクエスト37周年】
  2. 2
    リアルタイムストラテジー『セトラーズ:新たな仲間たち』Switch、PS4、Xbox One版が発売。PCを含むすべてのプラットフォームでクロスプレイに対応
  3. 3
    Switch版『エースコンバット7』舞台となる世界や主要キャラの情報が公開。懲罰部隊に配属された主人公・トリガーを取り巻く環境などを紹介
  4. 4
    懐かしのPCゲーム『エアホッケー@GAMEPACK』のブラウザ版が無料公開。新たな対戦相手やランキング機能などを追加して復活
  5. 5
    【ドラクエの日 記念特別企画】過去の“ドラゴンクエストの日”に発表されたアレコレをプレイバック! 2022年5月27日はいったい何が起こる!?