クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
現在アーケードで稼働中の、『ポケモン』初の対戦アクションを移植。Wii U版で初登場となる、ミュウツーやダークミュウツーなども参戦。オンラインバトルにも対応。
発売日
2016年03月18日
価格
7200円 [税抜]
ジャンル
アクション
メーカー
ポケモン
詳細を見る

ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT(Wii U)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 Wii U
9

昨今の対戦格闘ゲームのような入りにくさがなく、手軽なアクションゲームとしての完成度は高い。コンボがシンプルで、上中下段の概念がないなど、物足りなく感じる人もいるかもしれないが、3すくみや間合いによる駆け引きという点での戦略性は高い。ポケモンの数がもう少し多いとうれしかったのと、ひとり用の“フェルムリーグ”が淡々と対戦するだけなのは寂しい。ネット対戦はテンポがよくて快適。

週刊ファミ通1426号より

乱舞吉田
ファミ通公式 Wii U
8

ポケモンたちが『鉄拳』のシステムで闘う内容と思われがちだが、さにあらず。通常、つかみ、ブロックの3すくみや、3Dと2Dのフェイズを切り換えながらのバトルなど、ほかの対戦格闘ゲームとは一線を画すシステムが新鮮でおもしろい。オススメのコンボが表示され、それを実際に試せる“コンボ道場”も便利。サポートポケモンの種類が多いのはいいが、操作可能なポケモンがもっと多いとうれしかったな。

週刊ファミ通1426号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Wii U
9

遠距離戦の“フィールドフェイズ”と近距離戦の“デュエルフェイズ”で、動きや出せる技が変わり、それぞれの違いがわかりやすいし、両者が切り換わりながら展開するバトルは新鮮味がある。チュートリアルが充実していて、基本システムから実戦的なテクニックまでが丁寧に解説されるうえに、複雑な操作もないので間口は広い。3すくみの攻撃の駆け引きや、各ポケモンの技がそれぞれ個性的なのも○。

週刊ファミ通1426号より

本間ウララ
ファミ通公式 Wii U
8

まず、ポケモンたちの多彩なアクションに驚き。フリー移動できる遠距離戦、格ゲー的な横視点の接近戦と、“フェイズ”が自然に切り替わるのが画期的です。コマンドは簡単で遊びやすいのに、攻撃の相性や切り札の使いどころなどを考えると、奥が深い。チュートリアルも、戦いかたのコツまで教えてくれて丁寧至極。“リーグモード”はかなり厚みがあるけれど、もっと細かくお話が挟まれてもよかったかな。

週刊ファミ通1426号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
現在アーケードで稼働中の、『ポケモン』初の対戦アクションを移植。Wii U版で初登場となる、ミュウツーやダークミュウツーなども参戦。オンラインバトルにも対応。
発売日
2016年03月18日
価格
7200円 [税抜]
ジャンル
アクション
メーカー
ポケモン
詳細を見る

ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENTに関連

すべて見る

ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENTに関連

すべて見る
  1. 1
    『FF7 リバース』を77時間遊んだプレイレビュー。そこで感じた7つのポイントを動画とともにお届け。デートイベントでは思わず身を乗り出す展開も
  2. 2
    『ウマ娘』ついに登場のオルフェーヴルを池添謙一騎手が語る。「(三冠では)能力を引き出せれば負ける相手はいないと思っていた」
  3. 3
    【エルデンリングDLC】『SHADOW OF THE ERDTREE』宮崎英高ディレクターの国内メディア独占インタビュー。過去最大規模のDLCで描かれる“影の地”の物語、その詳細が明らかに!
  4. 4
    【Amazon】PS5+ソフトセットがお得なセールが開催。『FF7 リバース』『龍が如く8』『鉄拳8』などが対象に
  5. 5
    『真・女神転生V Vengeance』アトラスの開発者に最速インタビュー。前作のシナリオはそのままに、“もうひとつの可能性”を形にした追加メインシナリオの意図などを訊いた【先出し週刊ファミ通】