クロスレビュー

平均

9.0

1ユーザー

スコア

;">
8.0
シリーズ最新作は、リンクルやスタルキッドなどの新キャラクターのほか、新たなストーリー、パートナーとなる妖精を育てる“マイフェアリー”など要素を多数追加している。
発売日
2016年01月21日
価格
5800円 [税抜]
対応機種
3DS 他の機種を見る
ジャンル
アクション
メーカー
コーエーテクモゲームス
詳細を見る

ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ(3DS)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 3DS
9

Wii U版同様、本来はまったくテイストの異なる『無双』と『ゼルダ』の2作品の融合がお見事です。『無双』ならではのワラワラ感も、「3DSでここまでできるものなのか!」と驚かされるほどの再現度で◎。Wii U版のDLCに加えて、オリジナルストーリーや新キャラなどの追加要素が豊富で、さらにボリュームが増しているのもうれしいポイント。新要素の“マイフェアリー”も、やり込み甲斐があっていい。

週刊ファミ通1415号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 3DS
9

Wii U版に、新たなキャラやストーリーだけでなく、新システムも加わってだいぶボリュームアップした、お得な内容。戦闘中にプレイヤーキャラが変更可能になったことで、バトルの展開がテンポアップしているのがいい。敵のワラワラ感もなかなかの再現度で、戦闘は爽快。“マイフェアリー”の育成や、アドベンチャーモードの新マップ追加など、やり込める要素も増えているので、長く遊べます。

週刊ファミ通1415号より

戸塚伎一
ファミ通公式 3DS
10

基本的なゲームバランスは、進行ルートや操作キャラの切り換えをしっかり行わないとあっさり敗れてしまう、ややハードなもの。ですが、戦闘アクションの小気味よさと、多岐にわたる成長およびコレクション要素により、リトライが苦になりません。要素が多すぎると感じる人もいるかもしれませんが、単純に爽快アクションとしても、あるいは壮大なやり込みゲーとしても楽しめる融通加減が魅力です。

週刊ファミ通1415号より

くしだナム子
ファミ通公式 3DS
8

3DSで、ここまで『無双』的な表現ができるとは驚き。そして、『ゼルダの伝説』の外伝とも二次創作とも受け取れ、かつ公式感もある仕上がりがユニーク。『無双』ファンも『ゼルダ』ファンも一見の価値ありです。Wii U版と共通の部分も多いので、初めてプレイする人にとくにオススメ。新要素の“マイフェアリー”は、育成や収集要素が楽しく、アドベンチャーモードを遊ぶモチベーションが上がりました。

週刊ファミ通1415号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

しゅくりむ
3DS 2016-05-08 22:29:48投稿
8

良かった点
携帯ゲーム機New3DSとはいえ、これでもかというくらい多くの敵が表示されます。
わらわら沸いてくる敵を、多くのキャラクターと豊富なアクションで、必殺技や魔力解放、3DS版新要素のフェアリーによるフェアリーマジックで一網打尽にするのは気持ちがいいです。
ウイークポイントを含め、特定のアイテムで敵の弱点を突いていく部分もあり、そこがゼルダらしくてなかなかいいです。
本編ともいえるレジェンドモードのストーリーもシリーズが上手く纏められていて面白いです。
ステージも、様々なミッションをキャラクターを切り替えながら攻略していくのが楽しいです。判断が上手くいきサクサク進んでクリアできると達成感がすごいです。
失敗しても、次は行動を変えてみたり考える要素もあるのがいいね。
アドベンチャーモードはアイテムを入手し、探索し、それらを使いクリア評価でエリアを解放していくというやりこみ量抜群なモード。上手くなくてもLvをあげればなんとかなったりと救済もあり。かなり長く遊べます。
WiiU版では有料だったDLC要素が最初から入ってるのも◎
でも、すぐに使えずストーリークリアでも使えない。アドベンチャーモードを進めないと使えないという少し手間のかかる仕様もいい(WiiU版所持者としてはすぐ使えちゃったらちょっと悔しい笑)
さらに新キャラの新ストーリーまである豪華っぷり。
画面も3DSとしてはとても良く、曲の使いどころも良くて気分が高まります。

悪かった点
序盤でボムチュウが動かなくなりゲームが進行しなくなるバグがあるのは困りもの。

総評
ゼルダが大好きなんだなぁというのが伝わるくらいゼルダらしくも無双アクションとしてよく出来ています。
ゲームも辞め時がわからなくなるくらい集中しちゃうけど、1ステージが15~30分くらいなので合間合間に遊ぶこともできちゃいます。
ゼルダの名前に恥じないゼルダ」らしい世界観、気持ちのいい無双アクション、豊富なやりこみ要素、WiiU版ほぼ移植に追加要素満載とと~ってもお値打ちな1本。
「ゲームとして98点です!!」

が、今回はゼルダ無双ハイラルオールスターズトレジャーBOXとしての評価を。
まず、懐中時計がでかいです。写真見てわかってたハズなのに何故か一般的なサイズだと勘違いしていました。一般的サイズだろうなという部分と先入観による勘違い、
まいりました。持ち歩きにくいです。ゲーム中ではリンクルがでかいの持ち歩いてますね笑。リンクルは似合うから羨ましい。いつかはどうにか持ち歩きます。
オカリナは綺麗です。ネット評価のような塗装剥がれや傷はありませんでした。
あたりはずれあるのかな?
妖精ぬいぐるみはもう少しセリフにバリエーション欲しかったなぁ。
楽譜は紙一枚。。しかも間違い付き。。チェック甘すぎます。それに、せめて、小さくてもいいから本にするか巻物風にしてほしかった。
そして外箱。単色プリントとは、、ひどいです。
プレミアムBOXはあんなにプレミアム感あって綺麗なのに、トレジャーBOXはただ高いだけのシンプルな箱、搬送用の保護ケースかと思いました。高級感0です。
総評として、ソフト+グッズのお値段としてはちょーっと高いかな。

ゲームはゼルダ愛溢れる最高級品、グッズはイマイチやっつけ感あるお値段最高級品。次はグッズにもゼルダ愛をお願いします。

個人的に。一般的なサイズで蓋付きコンパス時計出たら買います。作ってくれないかな。

クロスレビュー

平均

9.0

1ユーザー

スコア

;">
8.0
シリーズ最新作は、リンクルやスタルキッドなどの新キャラクターのほか、新たなストーリー、パートナーとなる妖精を育てる“マイフェアリー”など要素を多数追加している。
発売日
2016年01月21日
価格
5800円 [税抜]
対応機種
3DS 他の機種を見る
ジャンル
アクション
メーカー
コーエーテクモゲームス
詳細を見る

ゼルダ無双 ハイラルオールスターズに関連

すべて見る

ゼルダ無双 ハイラルオールスターズに関連

すべて見る
  1. 1
    映画『スーパーマリオ』日本語版の声優は? マリオは宮野真守、クッパは三宅健太。吹替版のトレーラーも公開
  2. 2
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  3. 3
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  4. 4
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  5. 5
    映画『スーパーマリオ』第2弾トレーラー公開でドンキーコングの登場が決定。ピーチ姫やマリオカート、たぬきマリオの姿も
特設・企画