クロスレビュー

平均

8.0

1ユーザー

スコア

;">
7.0
怪盗に奪われた“常闇のブラ”を取り戻すために、主人公のゼノクスがモン娘たちと大冒険を展開。バトルやスクラッチ、着替えなどのシステムが過激にパワーアップしている。
発売日
2015年09月25日
価格
6800円 [税抜]
ジャンル
RPG
メーカー
コンパイルハート
詳細を見る

限界凸起 モエロクリスタル(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS Vita
8

“ためる”に“だす”、“いれる”、“48手”などなど、かなりギリギリの線を狙った作品。下ネタの度が過ぎると感じる部分もあるが、RPGとしての作りがしっかりしているのがポイント。80体ものモンスター娘のビジュアルはクオリティーが高く、やり込み要素もあるし、スクラッチなどPS Vitaならではの機能も活用。遊び手を選ぶとは思うが、この手のゲームが好きな人にはたまらない内容と仕上がり。

週刊ファミ通1398号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS Vita
8

戦闘では“いれる”のコマンドが増えて、キャラの行動順を入れ換えられるようになったほか、下着を上下別々にコーディネートできるなど、戦略性がアップ。ダンジョンの探索や戦闘の演出を高速化でき、サクサク進められるのがうれしい。直球すぎる下ネタは、人によって好みが分かれそうだが、際どいシューティングパートの追加など、突き抜けていて潔い。随所に細かい改良点が見られる点もグッド。

週刊ファミ通1398号より

戸塚伎一
ファミ通公式 PS Vita
8

大まかなノリは前作を踏襲しつつ、設定面の悪ふざけ度合いが大幅アップ。その一方で各種ペナルティーが軽減されたり、屋外プレイに配慮したアシスト機能が導入されたりと、しっかり遊びやすくなっています。迷宮探索RPGとしてのやり込みと、80体のモンスター娘たちへの愛を両立するには、相応の根気が必要。くり返し作業の単調さを萌え系バリエーションの豊富さで相殺できる人向けともいえます。

週刊ファミ通1398号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS Vita
8

続編だからとやたらに新要素を詰め込むのではなく、システムの調整で“モン娘”を仲間にしやすくした点など、完成度を高める方向でのパワーアップに好感。タッチはもちろん、心を覗いたり会話したりと、“モン娘”との交流方法が豊富なのもいい。敵と属性との関連が、直感的にわかりにくいのは惜しいけど、“モン娘”を大勢動員できる戦闘は楽しいです。自動マッピングで達成感の得られる探検も◎。

週刊ファミ通1398号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

ガル詩人
PS Vita 2015-10-18 06:37:52投稿
7

良かった点
新キャラ達が非常に可愛い


一度踏んだ床なら指定して自動で進んでくれるオートパイロットが非常に便利。
戦闘が快適でストレスがたまらないし、主人公の能力で好きなキャラの行動タイミングを移動させられるのが楽しい。

下着を上下違う組み合わせが出来るようになった。

モンスター娘を仲間にするときのスクラッチが非常に楽になった。
そして仲間になるモンスター娘の数が多い。

悪かった点
ストーリーの都合上終盤に仲間になるキャラの出番が薄い。
オートパイロット時と通常時の移動速度を分けたかった。
下着を上下組み合わせたところでそこまで戦闘面で役に立つシステムではなかった。
また特に攻撃・防御・魔法の3種を切り分けられるわけでは無い為、下着を変更しても個性が薄いし、PT編成の自由度もそこまで広くない。
※これは前作も感じたことだった。

無名のモンスター娘キャラは前作と同じ見た目なのが残念。
勧誘時の会話もワンパターンで飛ばしがち。

どのみち外で遊べないゲームなのでVitaTVに対応して欲しかった。

総評
前作とあまり変更点は見当たらないというか、新要素が微妙でスルーしても難易度普通なら問題なくクリアできる内容ばかりで印象に残っていない感じでした。
好きな衣装で、好きなタイプの能力を使えるようにしてくれれば非常に満足なんですが、
どうしても見た目とスキルとステータスの組み合わせが不自由で残念、これは前作も感じていたのでなおさらですね。

キャラ数は多いけど役に立たないキャラが多く、純粋なATKやDEFが最初から倍近く差がでているキャラの格差が目立ちました…。
普通の難易度なら気にしなくていいですけど、難易度を上げた場合は愛でカバーするのはきつそうです。

開幕強キャラの全体攻撃ぶっぱでほぼ敵が壊滅するのは気持ち良いですが、
それが出来ないキャラ達がまったく救えない。

装備の強化がよかったんですが、娘印システムがいまいちよくわかりませんでした。

新キャラは全員可愛くてそこだけは満足です。

クロスレビュー

平均

8.0

1ユーザー

スコア

;">
7.0
怪盗に奪われた“常闇のブラ”を取り戻すために、主人公のゼノクスがモン娘たちと大冒険を展開。バトルやスクラッチ、着替えなどのシステムが過激にパワーアップしている。
発売日
2015年09月25日
価格
6800円 [税抜]
ジャンル
RPG
メーカー
コンパイルハート
詳細を見る

限界凸起 モエロクリスタルに関連

すべて見る

限界凸起 モエロクリスタルに関連

すべて見る
  1. 1
    映画『スーパーマリオ』日本語版の声優は? マリオは宮野真守、クッパは三宅健太。吹替版のトレーラーも公開
  2. 2
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  5. 5
    映画『スーパーマリオ』第2弾トレーラー公開でドンキーコングの登場が決定。ピーチ姫やマリオカート、たぬきマリオの姿も
特設・企画