クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
ドSなヴァンパイアたちとの刺激的な恋愛を描いたシリーズ最新作は、魔界のパレードを舞台に彼と過ごす甘いひとときを描く。ミニゲームはもちろん、ご褒美要素も満載。
発売日
2016年02月25日
価格
6300円 [税抜]
対応機種
PS Vita
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
アイディアファクトリー
詳細を見る

ディアボリックラヴァーズ ルナティックパレード(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS Vita
8

甘いシナリオが楽しめるうえに、サブシナリオでは、各キャラどうしの掛け合いが、すべての組み合わせで2通りずつ網羅されていて、多彩なやり取りを見られるのがうれしい。ミニゲームは簡素だが、ランク以外に難易度によってもご褒美ボイスが変わるのが○。“看病シナリオ”のシチュエーションはユニークでおもしろく、タッチで服を脱がせたり、反応が聞けるのは、シンプルだけど効果的な演出。

週刊ファミ通1420号より

菅谷あゆむ
ファミ通公式 PS Vita
8

前作の『ヴァンデッドカーニバル』と同様に、ひとりを深く掘り下げるというよりも、キャラどうしのやり取りで意外な一面を知って楽しむ、という作品。とはいえ、『ダークフェイト』で絆が深まった状態から始まるので、甘さは格別。愛されている感じがひしひしと伝わってきます。ただ、少し突拍子もない展開に感じる部分も。クリアー後のおまけ要素やシステム面は充実。内容盛り盛りで、お腹いっぱいです。

週刊ファミ通1420号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS Vita
8

メインシナリオは、各ルートともサクッと遊べるほどよい長さだけど、ほかの兄弟とのお話を含めると、かなりのボリューム。やや強引な流れもありますが、それも魔界ならではかな。甘いシーンもたっぷりで、本筋作品と違って身構えにプレイできます。そのぶん、ドS要素はおまけの“看病モード”に注がれている印象で、彼らの気だるいボイスは破壊力抜群。ミニゲームはなかなかやり応えがあります。

週刊ファミ通1420号より

大吉よる
ファミ通公式 PS Vita
8

バラエティーディスクならではのラブラブっぷりです! メインストーリーは、よくよく考えるとシリアスですが、そこは深く突っ込まずにデートを楽しんだもの勝ち。“恋人”として大切にしてくれる兄弟たちにキュンときます。個人的にオススメなのが、メインの合間に見られるサブシナリオ。他ルートでの推しキャラの反応が新鮮で楽しい! それだけに、いつでも読み返せる機能が欲しかったですね。

週刊ファミ通1420号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
ドSなヴァンパイアたちとの刺激的な恋愛を描いたシリーズ最新作は、魔界のパレードを舞台に彼と過ごす甘いひとときを描く。ミニゲームはもちろん、ご褒美要素も満載。
発売日
2016年02月25日
価格
6300円 [税抜]
対応機種
PS Vita
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
アイディアファクトリー
詳細を見る

ディアボリックラヴァーズ ルナティックパレードに関連

すべて見る

ディアボリックラヴァーズ ルナティックパレードに関連

すべて見る
  1. 1
    実写版『ゴールデンカムイ』ドラマシリーズが発表。『北海道刺青囚人争奪編』がWOWOWで今秋配信
  2. 2
    PS2が発売された日。1億5500万台以上と据え置きゲーム機でトップの売上を誇り、DVDの普及にも大きく貢献したハード【今日は何の日?】
  3. 3
    『遊戯王 マスターデュエル』新パックの内容が公開。“レッド・デーモンズ”の強化カードや、海外テーマ“ティスティナ”が登場
  4. 4
    『ちいかわ』×くら寿司コラボが3月8日から実施。お寿司になったちいかわたちのキーホルダーが“ビッくらポン!”で当たる
  5. 5
    『サンドランド』つぎの舞台は“森林”世界。“フォレストランド”を表現した鳥山明氏描き下ろしイラストとコメントが到着